飼い犬の恨みで元厚生事務次官宅連続襲撃のPTSD解離男(52)の死刑確定

「子どもの頃に
飼い犬のチロが
殺処分に遭ったことの
あだ討ち」で
2008年
元事務次官を襲い
2人を殺害
1人にけがを負わせました。
トラウマ記憶は
癒されるべきものであり
犯行の理由にはならないのです。

飼い犬の恨みで元厚生事務次官宅連続襲撃のPTSD解離男(52)の死刑確定」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です