暴れる精神科通院の三男(28)を父親(64)が刺殺のPTSD解離負の連鎖

東京都八王子市の
会社員が
「三男の家庭内暴力に悩んでいた」とのことで
 ―自宅前で
 バイクにまたがった姿を撮影させ
 撮り方が気に入らないなどと言って
 暴行を加える等
 DV男の典型的言いがかり
7日
三男の胸に包丁を刺し
死亡させました。
何度も警察に相談し
110番通報していたそうですが
精神科に通院しているといっても
アルバイトをしており
 ―新型うつ病なんて
 存在を認められてしまった
 PTSD
家族以外には
温厚な性格に映り
 ―家族の悲鳴は聞こえますが。
「きまじめで口数が少なく
周りとあまり会話は交わさなかった」ものの
近所の掃除にも
積極的に参加していたりして
強制入院も困難だったようです。
 ―根本的解決にはなりませんが
自分がそうなったのは
家族のせいだという
恨みがきつかったようで
PTSD治療が必要なのに
それを不問にした
投薬治療を続けた悲劇でしょう。
華原朋美さんや
中島知子さんの
家族のように
精神科の限界に気づけばよかったのですが


専門家が
こういうことしか言いませんから
家族も被害者です。
 ―妻と長女は殺害時在宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です