殺人事件裁判員裁判PTSDは認めるが慰謝料はなし

強盗殺人事件の
裁判員を務めるなかで
被害者の遺体写真や
110番通報時の声などを聴かされ
急性ストレス障害になった
 ―不眠・嘔吐
福島の女性(64)について
福島地裁は
裁判と急性ストレス障害の
因果関係は認めましたが
裁判員は辞退できるし
補償も受けることができるとして
その負担は
合理的範囲にとどまるとして
請求を却下しました。
因果関係を認めたことだけでも
この国では
大したことです。
 ―慰謝料は
  信じられないくらい安いのが定番
問題は
女性が
心療内科通院中ではないかということです。
急性ストレス障害も
今ではPTSDに移行していますが
うつ病とかで
治療されているなら
最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です