生田美玲さん殺害犯(47)「偽名」に「投影」のPTSD解離人格

自宅アパートで
騒音騒動を起こしたのは自分なのに
警告に来た
警察官らに
「あんた
うちの部屋を
どっかんどっかんたたいたこと
何回もあるやろうが」
「言いがかりやろ。
言いがかりやろうが」と
威圧的な態度で詰め寄ったりしたのは
どう考えても
【投影】ですね。
 ―ストーカーにもよく見られる言動
また
逮捕前には
急に
偽名を使って
教会を訪れていました。
 ―実に似合わない場所
多重人格的に
たくさんの名前を使ったり
なりすましたりしますが
牧師が
「罪とか不義に対して
必ず裁きが訪れるというメッセージ」を向けると
「落ち着かない様子で
顔をこちらに向けることも
できないぐらい」になった
そうです。
 ―会食も残す。
罪の意識はかすかにあるのですが
恐ろしくて
心的防衛機制がかかり
都合の悪いことは
聴こえず
記憶されず
ごまかし行動に走った結果
自分で自分の首を絞めるようになったのでしょう。
遺体と診察券が一緒に入った
ゴミ袋から
一般の人たちは
犯人ではないのでは?と
思うそうですが
それほど混乱しているということでしょう。
自分では止められないから
誰か捕まえてほしいという
気持ちもあるでしょうしね。
 ―宅間守もそう語って
 死刑を望んだ。
逮捕前は
ストレス障害のPTSD解離人格にとって
耐えがたいストレスであることがわかります。
ストーカー殺人事件も
そうですね。

0 thoughts on “生田美玲さん殺害犯(47)「偽名」に「投影」のPTSD解離人格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です