いじめPTSDで反政府過激派組織の戦闘に参加した日本人男性(26)

2013年に
シリアで
「イスラム国」とは別の
反政府過激派組織で
戦闘に参加した日本人男性は
 ―大けがを負い帰国
FNNのインタビューに答え
「小学校の時に
いじめに遭いまして。
生と死の極限状況に
身を置けば
自分が生きる意味が
違った視点から
見られるかなと」
自由シリア軍と仲良くやっている
過激派グループを紹介してもらったと
話しています。
トラウマ記憶を何とかするために
リスカしたり
ODしたり
勝てる見込みのないけんかをするなど
アブナイことばかりするのと
同じですね。

0 thoughts on “いじめPTSDで反政府過激派組織の戦闘に参加した日本人男性(26)

  1. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    箱庭したり、創造的なものに昇華できればよかったのにということですよね。
    現実は箱庭に遭遇することまずないし、凡人だし、それ以前に外部の刺激に忙しくて、衝動的に反応して生きてるだけで…と、自分もそうでしたが、そういう人をやけにバカにしてしまう自分がいて、けれど今はそういう人が居るから成り立ってた自分が多々あって…みんながみんな自己実現し出したら大変な世の中になるのかも(河合隼雄さんの本にそのように書いてた)。

    返信
  2. 翠雨PTSD予防&治療心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >RINKOさん
    それは河合氏独特の詭弁であって、仏教はみなが自己実現する世の中を想定していると思いますよ。私はそのお手伝いをしたいと日々考えています。箱庭をもっと知ってほしいとも思います。悟る前はみな凡人です。

    返信
  3. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    >翠雨PTSD予防&治療心理学研究所さん
    ほんの5日間だけでしたが、仕事を体験した場面でも、箱庭があればこの子の表現がもっと広がり、こころ豊かになるのになぁ…この子絶対はまる、あればなぁと思いました。

    返信
  4. きいろいレモン♪(晴れな人生がイイね♪)

    SECRET: 0
    PASS:
    ひとりひとり寄り添ってあげられる人間が居たらと思わずにはいられない事柄が余りにも多いですね…
    近くに居たら、話しを聴いてあげられたらと…
    コールセンターで直接は関係のない話しをしている内にお客様の子育ての疑問が自分なりに溶けたりする話しを聴いている私です…
    コールセンターは現代のお悩み相談場と化しているという側面を感じずにはいられません…

    返信
  5. きいろいレモン♪(晴れな人生がイイね♪)

    SECRET: 0
    PASS:
    コールセンターの研修では、きっとどこも顔の見えない相手の傾聴の仕方を教えていると思います…
    困った人たちの対応の仕方までやっている所あります…
    コールセンターにかけてくる人たちは、ひとりひとりそれぞれたっぷり思い入れがあります…
    その人たちの人生そのもの…
    (^-^)
    顔が見えないからこそ人生を思い遣ることが出来るのかも知れません…
    傾聴とは、耳を傾けると書いてあるから…
    o(^-^)o

    返信
  6. きいろいレモン♪(晴れな人生がイイね♪)

    SECRET: 0
    PASS:
    その若者はスラムのような場所で確か育っていて、天才的数学の才能があるのに社会の底辺で余りにも叩かれまくり過ぎて真っ直ぐに生きられなくなってしまっている…
    確かそんな内容だったと…
    君のせいじゃないんだ…
    o(^-^)o
    余りにも叩かれまくり過ぎた…

    返信
  7. きいろいレモン♪(晴れな人生がイイね♪)

    SECRET: 0
    PASS:
    長くなってきてすみません…
    o(^-^)o
    傾聴のプロは案外心理学の世界以外から育つかも知れませんね…
    サービス業や小売業や…
    生の実社会を知っています…
    (^-^)
    大学以外に、ホテルやコールセンターで研修したら打てば響くような反応ないでしょうか…
    ほんの、つぶやきです…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です