PTSD否認発達障害誤診の時代にも新宮市のお燈まつり


たいまつを掲げる
2000人の男性たちが
急な石段を駆け下りる様子が
火の瀧のようにも見え
龍のようにも見えるのだそうです。
漢字を見ると
龍と瀧は同根なんですね。
場所は
世界遺産である
熊野三山の1つ
熊野速玉大社の元宮です。
t02200211_0800076810933194904
集合的無意識のなかの
速玉を
(魂の動きは俊敏
それをとらえる自我の働きは
鍛えなければ鈍感で
バランスが狂えば
こころの病になる)
表現したものなのでしょう。
祖先が体感していたであろう
キリスト教では
説明できない象徴的世界がありますが
愚説
わかんない人は
発達障害が増えていると
愚説を垂れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です