イスラム国処刑(PTSD解離性蛮行)にも使用される向精神薬

焼殺されたとみられる
ヨルダン軍パイロットの中尉は
殺害される前に
大量の鎮静剤を飲まされていたので
(サウジアラビアのメディアが報じた)
自分の身の回りで
何が起きているのかわからなかったので
騒ぐこともせず
感覚器官はすぐに焼き尽くされ
痛みも感じないので
静かに処刑されたように見えたのだそうです。
向精神薬で自殺する人も
同じではないでしょうか。
PTSDで解離し
(主人格は眠る)
過激派人格が殺害しかないと判断
暴走する時に
奏功しているのも
向精神薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です