でっちあげ【統合失調症】」カテゴリーアーカイブ

「紀の郷病院」PTSD患者同士の殺人事件

和歌山県

九度山町の病院で

8月23日の午後11時ごろ

60代の入院患者の女性を絞殺したとして

同じフロアで入院していた

40代男が逮捕されました。

精神病院で

どちらにも精神疾患があるそうです。

ちなみに旭川の事件では

虐め隠ぺいの総仕上げに

統合失調症とでっち上げたかったのでは⁈との疑惑が

(そういう人の自殺は止められないし

自殺に決まってるでしょ…という扱いらしい)

浮上中だそうです。

自然のなかにある

お城みたいな病院ですね。

物語でも

王家やお城で事件が勃発します。

同じフロアに入院していて顔見知りではあるけれども

厳密には存在を認知している。

親しくはない関係というのは

虐めやストーカーも同じです。

殺人に至るか否かの違いであって

脳内には金太郎あめ🍭のように似た構図があります。 ←薬で溶けないのか⁈

加害者は全員現実を見ていない。

そういう意味ではだれでもよく

すべてが無差別殺人の八つ当たり

年齢差から母子関係のこじれかと推測されますが

これが治療関係や恋愛関係など

あちこちで蒸し返される。

そういうことで相手の顔もまともに見ていないので

年齢も見かけも自由自在のフリーサイズ

ただ癖のない

おとなしいタイプの女性だったのかもしれません。

反応のなさで死亡に至るかどうか決まる。

加害者が犯行後も

立ち去ることなく

その場にいるのは

自他の区別があいまいな1つの傍証か…と

それほどでもなくて

他の防衛機制が働いた場合は解離性遁走

ふと気づきました。

自分の問題ですからね。

パンとサーカス・・・イタリアワインの歴史

この退廃の時代でも殺人を楽しんだそうです。

禁止された地獄のバイトと「小田急刺傷事件」

このような事件がなぜ起きるのか

社会がPTSDの流行を否認すると

気づくまで

エスカレートし続けるのでしたね。

日本社会心理学会

違法行為が認定されなかったストーカーさんのように

 

考えることも重要ですが

個人史研究の集積も重要です。

 

PTSDは

忘れるくらい過去の出来事が原因だが

実家がセレブ街にあり

有名私学を卒業した

イケメン(天然で整形なし)という情報だけでは

いつかの法相の

死刑囚に特有の恵まれない生い立ちには到達できない。

 

ストレス負荷により

なんとか理性を保っている人の背中を押す。

解離しやすくなるものですが

 

容疑者が働いたことのある

パン工場は“地獄のバイト先”で有名だったそうです。

 

昔の 「○○パン」

今はパンが

コンビニやマクドナルド同様

別種のリスクの1つとして注目されている。

割はいいが

頭がおかしくなるくらい辛いバイトの一種

普通はやめるし

これだけでは発症しないが

容疑者は常習万引きに移行した。

人間性を失わさせる環境は

五感のイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや六根(眼耳鼻舌身意)と六境(色声香味触法)と六識の意味 - 禅の視点 ...六根(眼耳鼻舌身意)と六境(色声香味触法)と六識の意味 - 禅の視点 ...

 

般若心経にも明記された「感覚」を

すべて感じなくすると

感覚遮断実験

統合を失調し

それでも

無意識が正気を保とうとさせるために

統合失調症のような症状さえ出現する。

こういう悪魔的な実験はダメだということですが

明文化されていないだけで

同様の環境をつくってはダメでしょう。

発達障害狩り一辺倒で

いなくても捕まえて標本にする。

いろいろな虫のマーク | かわいいフリー素材集 いらすとや

昭和の子供が「命の尊厳」を学んだ「昆虫採集セット」 - まいじつ

基礎理論を忘却した臨床心理学が

企業に忖度するシステムに置かれると

こういう予防ができないのです。

信州大学 研究推進部 産学連携ガイド

PTSDと自我肥大型妄想

吹田の交番襲撃事件の容疑者は

巡査は瀕死の重傷から蘇りました。

思えば

お巡りさんを狙うというのも

集合的無意識のなかの大きな動きの1つでした。

統合失調症を理由の減刑は認められず

計画性・行動性からして

倫理観方向以外の自我は充分機能している。

統合失調症としても偽物ですよね。

懲役12年の判決が出ました。

 

無差別殺人未遂の疑いで逮捕された

男(36)も

犯行理由は支離滅裂ながら

といっても宇宙人がぁ~とか

脳を乗っ取られたというSFではない。

電磁波等はわりと科学的根拠が見つかるらしい。

行動は用意周到で

6日

東京・世田谷区を走行中の小田急線の車内で

20歳の女子大学生を刃物で刺して殺害しようとした。

逮捕前

自分は有名になるので今のうちに

「握手しますか」と言って

気味悪がられていたそうです。

 

妄想障害あるあるですね。

 

 

妄想障害

 

T4医師(43)2人逮捕 ~ALS嘱託殺人の前に実父PTSD解離殺人

ALS嘱託殺人ビジネスの医師(43)2人が

10年前に

片方の医師の

父親も殺害していた事件ですが

診断書偽造で犯行隠ぺい

その父親は精神疾患でした。

母親(76)を含めた3人のパソコンから

火葬や死亡診断書作成などをめぐるメールのやりとりや

「周囲を不幸にする」という内容のメールが確認された。

新装版】ナチスドイツと障害者「安楽死」計画 | ヒュー・グレゴリー ...

 

自殺サイトとか

自殺募集」で物色?舞台は自殺サイトからSNSに…アパート9遺体の背景と ...

こういう事件もありましたが

マライ・メントライン@職業はドイツ人 on Twitter: "【相模原事件 ...

とうとう現役の医師も登場です。

 

我と汝とPTSD

 

理想のパートナーということでお話を1つ…

あなたもスタンプをGETしよう

 

人と良い関係を結ぶには内的関係が大事です。

 

貴族探偵』謎解きの鍵もPTSDの自我と自己 | 翠雨PTSD予防&治療研究所

 
 
 
孤高の宗教哲学者ブーバーによれば我と汝ですね。
 
我と汝・対話 (岩波文庫 青 655-1)

 

世界は人間のとる態度によって

〈われ‐なんじ〉

この全人格的な呼びかけと出会いを通じて

欠陥だらけの人間が回復し

個性化の過程を歩み始められる。

錬金術の過程

 

〈われ‐それ〉の

この途方もない支配の結果として

現代文明が危機にさらされている!

二つとなります。

 

 

心理学は「人間関係論」ですから

「間」として取り扱われたりもします。

あいだを尊重しないのは間抜けですよ。

人と人との間―精神病理学的日本論 (弘文堂選書) | 木村 敏 |本 | 通販 ...自己・あいだ・時間 ──現象学的精神病理学/木村敏|ブックパス
 
木村 敏 : あいだ (弘文堂思想選書) | Sumally (サマリー)
そもそも自分と呼ぶのでした。
分かれてる。
 
自分ということ (ちくま学芸文庫) | 木村 敏 |本 | 通販 | Amazon

筑摩書房 新編 分裂病の現象学 / 木村 敏 著

トラウマの衝撃で

あいだに亀裂が入ると

離人症から徐々に分裂病みたいになってゆきます。

 

『人生、ここにあり!(2008)』PTSD問題のファシリテーター

断薬を考える当事者の間でよく知られていた

クスリで進行を抑えるしかない精神病があるのではなく

クスリのせいで特有の状態に陥っていると知ったのは驚きでした。

セレネース(安定剤)での沈静による懲罰や

よい治療法はアメリカにはあるとの信仰も最後には消えます。

コメディ映画ですが

歴史は繰り返すもののようですから

1983ミラノの実話をもとにしたもの

ここでおさらいしておくのもよいでしょう。

「日本人でも」「日本だったら」

「(このファッションは)日本で展開する」

「ガラパゴス」とやたら日本という言葉が出てくるのは

日本語の翻訳だから⁈

イタリアでも

まだまだ人権意識が低く

PTSDは人権問題

労働者の境遇は劣悪で

半分以上解雇もフツーの横暴

労働組合の黎明期のようで

固着のパワーがある。

臨床心理学はこのパワーが無くなった抜け殻期

お話は組合と会社の団体交渉のシーンから始まります。

主人公は

労働組合のなかでも急進的な逸材で

組合の問題児

そのくらいでないと革命は起こせないという話

組合を追い出され

精神病院の組合のマネージャーに左遷されます。

精神病院に組合なんて馬鹿げていると

あきらめるのがフツーですが

「脱施設化で家族が発狂する」

「ここは労働の場ではなく施しの場」

日本では「牧畜」のようと批判されたが

登場人物の妄想表現はUFOから悪くない給料をもらっている入院生活で

『約束のネバーランド』とも重なるイメージ

「法では治せない問題」と医者

先入観なしに患者に出会い

先天的に【現象学的方法】が身についた主人公

医者がPTSDとどこか気づいているのを知り

「こころの地獄を抱えた者は治らない」

患者から傾聴した話から裏づけて確信し

いつ死んでもおかしくない危険な道路で7年間も働いていた男性

機能不全家族で妊娠し施設と精神病院に母子分離されたまま時が止まっている女性

DVから母を護るために兄を殺害し11年間セレネースで性格を捻じ曲げられた男性

ストレスに弱いのに入院後も「自殺」「人の不幸」に遭遇しやすい環境

「(僕らは)イカているかもしれないけどバカじゃない」

ビジョンをもたせ

「精神病はでっちあげ」

「事なかれ主義で薬漬けにしているだけ」だから

とりあえず「半分に減らせる」と教え

医者が「勘違い」という「やる気」をもたせる。

ストレス脆弱性に対応しながら

対人恐怖や不信感・不安感のため会議どころではない。

(フツーの心理療法が成立しない第一原因)

掲げたビジョンが机上論や絵空事ではないことを確認しながら少しずつ信頼し

承認や応答(経験がないので魔法のようにこころに効く)を経験

医者は「緊張や責任に耐えられない」と言ったが

集団貧乏ゆすりをしながら(バランスをとる)

当事者である自覚が育ってゆく。

コミュニケーション能力を磨かせ

最初は極度の自閉でも

何を言っていいのかわからないが関わりたいので

便乗して同じことを言っている人の真似をしながら

話し合いの楽しさや

勝ち負けの感情

失敗から学ぶことの大切さを学び

少しの成功報酬が動機づけとなってゆく。

途中経過は無意味に見えるが

最後に大きな意味を持って立ち上がってくる。

思い込みに過ぎない認識を改めさせ

医者の怒りを恐れる患者に

自分の怒り発作と同じですぐおさまることから

具体的に納得できるように教え

自分で判断する主体性をもたせる。

最後は理事長が医者から自閉症患者(元PTSD)になった。

みんなで自己実現してゆきます。

切手の貼り方を見て

正しく貼れる訓練をさせるのではなく

常識を教えるのでもなく

その貼り方を活かせる仕事を創造させた

借りぐらしのアリエッティ』精神科医アリエティ | 翠雨PTSD予防&治療 ...

廃材をつかって

マンダラになっていた!

主人公は

ファシリテーターの鑑と言えるかもしれませんね。

教条的に

「言いっぱなし・聞きっぱなし」等と

マニュアルを守らせるのではなく

このような結果に導く言動をする。

やっぱりだめだ…と寝込む仲間に

「わかる」

「おまえらも寝こめ」と言い

みんながベッドサイドに寄り添うシーンは秀逸だと感じました。

同じことをすればよいということではなく

例え話です。

元農水次官の長男もPTSD誤診で殺害された

東京都練馬区の自宅で

長男(44)をナイフで刺して殺害し

懲役6年の実刑判決を言い渡された

元農林水産事務次官(76)は

「もう少し息子に才能があれば・・・」と語ったそうですが

この長男も

誤診と薬害の被害者だったようです。

長男は

中学2年生の頃から母親に暴力を振るい始め

「PTSD箱庭」の画像検索結果

ここで正しく手を打っていたら

予後は全く違ったハズ

18歳~20歳の頃に

統合失調症と診断されましたが

主治医が親戚で

心理療法的ではない。

2015年11月に

主治医が変わり

アスペルガー症候群と見立てが変わりました。

面談していないので確定診断ではないが

精神科あるある💕サイババ現象

「香山リカ サイ...」の画像検索結果

「アスペルガー症...」の画像検索結果

DSMにはない診断名ですが

空気を読めないとか

他人の言っていることを被害的に捉え

コミュニケーションが一方的である他に

ゲーム依存症という見方がないので

やめさせようとする指示が入らないとの認識しかない。

覚せい剤依存に置き換えればわかる話だが…。

最近はやりの感覚過敏も指摘されています。

「HSC」の画像検索結果

家庭内暴力から始まり

指示が入らないとか

敏感であるとか

父親から聞いた

表面的な様子だけで

その時々に話題となり

流行している診断名がつけられ

処方が行われてきたのです。

医師法違反です。

「賦活症候群」の画像検索結果

「毒を撒かれた」は妄想ではなく

心理に沿った比喩表現ですし

こんなデタラメな診断と治療をする医療や

それを鵜呑みにし

「病気のせいです」と言い切る父親

「アスペルガーに生んで申し訳ない」と語る母親に対して

「お前らエリートは俺をバカにしてるだろう」というのも

よくわかります。

なぜ本人の言葉を傾聴しないのでしょう。

エテ公🐒まで参入した

「公認心理師」の画像検索結果

病院ごっこの悲劇を象徴する事件なのです。

こんなことはもうやめませんか?

『ワライカワセミに話すなよ♪』PTSD性敏感関係妄想

市内のイベント会場に出張中に

失踪していた

ワライカワセミ「アキーゴ」さんは

「ワライカワセミ...」の画像検索結果

無事

大阪市の天王寺動物園に戻されました。

PTSDの流行で

妄想気分の人も多いから

「敏感関係妄想」の画像検索結果

「ワライカワセミ...」の画像検索結果「ワライカワセミ...」の画像検索結果

ワライカワセミ被害出たかな?

全くの冤罪ですけどね。

「ワライカワセミ...」の画像検索結果

筋肉増強剤で女性化し統合失調症診断?PTSD依存症の陰陽

筋トレ愛好家に

健康被害が広まっている

男性的に強くなるはずが

女性化し気弱になる…💦

筋肉増強剤

「アナボリックステロイド」について

厚労省は

調査を始めたそうです。

「アナボリックス...」の画像検索結果

クスリを飲みながら

筋トレすると

みるみる

体重が増え

筋肉が大きくなる実感が得られるので

楽しくなり

より強力なものに手を伸ばすようになると

胸部が女性のように膨らみ

肌に亀裂が入り

精神的にも

イライラするようになり

そのうち幻覚が現れるようになって

統合失調症や強迫性障害と

診断された人もいるそうです。

怖くなって

筋肉増強剤をやめても

皮膚には亀裂の痕が残り

向精神薬の依存も同時進行すれば

仕事ができなくなったりします。

これもドーピングみたいなものでしょう。

「ドーピング」の画像検索結果

そして

「向精神薬依存」の画像検索結果

摂食障害で

自分の身体をコントロールするのと

根っこは同じ

PTSDの依存症です。

昔と違い

向精神薬が入り込み

向精神薬も

対人関係におけるドーピングです。

問題がより複雑化しています。

「依存」の画像検索結果

「公認心理師」の画像検索結果

精神科協会の傘下で

国家資格という虎の威を借りた依存症

「虎の威」の画像検索結果

気がつけば

いろんな依存症ビジネスが流行ってるんですね。

厚労省には

依存症による

依存症のための

依存症の治療という構造にも

気づいてほしいものです。

四国で看護師3人と警察官刺し逃走のPTSD解離入院患者逮捕

夕方

四国の

病院で

「松風病院」の画像検索結果

男性看護師3人と

警察官を刺し

逃走していた

入院患者の男(45)が

現行犯逮捕されました。

精神科の

ある病院みたいですね。

「アクチベーショ...」の画像検索結果

現在の

診断や治療は

もう限界なのですよ。