依存症」カテゴリーアーカイブ

沢尻エリカさんMDMA使用の原因は古典的なPTSD解離性摂食障害

「MDMAエリカ」の画像検索結果

MDMA等

覚せい剤以外何でも使用してきたという

沢尻エリカさんですが

アルジェリア系フランス人の母親が

ふくよかな体型で

『自分も母と同じように太りやすい体質』と思い込み

いつまでも痩せて美しいままでいたいという

強烈な願望を感じていたのだそうです。

「ゴールデンケー...」の画像検索結果

拒食症が流行った頃は

「母親のようになりたくない」という

「成熟拒否」が原因と考えられていました。

その後

食べ過ぎるのも食べないのも

摂食障害のコインの裏表

ヒステリー(PTSD)症状の1つであり

原因も様々ということがわかりました。

「PTSD予防」の画像検索結果

DV被害者であった母親等

母親イメージからくるものが多そうではありますが

沢尻エリカさんの場合は

お父さんが失踪したり早死したりしたので

外国人のお母さんは

日本で苦労されながら

レストラン経営

最近の問題は

心療内科等で薬が処方され

合法麻薬

拗れる人が増えたことです。

沢尻さんは

根本は古典的ながら

違法新薬の自己治療をし続けたのです。

みかけはどうであれ

PTSDと見抜き

ツボをおさえた心理療法をするのが救済の要です。

「PTSD予防」の画像検索結果

竹取物語などが

その理解を助ける一助となることでしょう。

「かぐや姫PTS...」の画像検索結果

英精神医学専門誌『MDMAはPTSDの症状改善に有用』

昨年

MDMAが

PTSDの症状の改善に有用であるかのようなことを書いた

研究論文が

英国精神医学専門誌ランセット・サイキアトリー

発表されたのでしたね。

強い高揚感で

うつ気分が吹き飛ぶことが確認されただけで

副作用とか

本当に心理療法に役立つのかは

今後の課題とされていたのですが

「ヒステリー」の画像検索結果

流行に敏感な解離人格たちは

自己処方の自己実験をしてしまっているのでしょう。

「エリカさま」の画像検索結果

効きすぎると

尊大になってしまうこともあるのかな。

10年以上

大麻やLSD,コカインも使っているから

分析は厄介…

対人関係能力は

発達障害を起こしたままになりますね。

『天使の卵』『ヘルタースケルター』とPTSD

沢尻エリカさんもPTSDと判明しましたが

どんな役を演じていたのかなと

調べてみますと…

『天使の卵』では

 

「天使の卵 沢尻」の画像検索結果

未治療PTSDで

患者の長男と恋愛関係になり

数年後に亡くなってしまう

精神科医の妹を演じ

 

『ヘルタースケルター』では

「ヘルタースケル...」の画像検索結果

全身整形で美貌を手に入れた主人公が

トップスターに登りつめながらも

薬物依存による精神錯乱で

人格が崩壊してゆく過程を

演じました。

 

薬物疑惑の現実と重なるので

話題となり

周囲がやめるよう説得しても

「やめられない。これが私のライフスタイル」

語っていたそうです。

 

素面では生きられなくなっていて

 

余裕がなくなると

「別に」の画像検索結果

キレる(解離)様子も確認されていましたね。

 

現実で生きるためには

合法麻薬(処方薬)の置き換えか

サイコセラピーかということになるでしょう。

沢尻エリカさんとMDMAのPTSD理論

前記事のMDMAは

メチレンジオキシメタンフェタミンという

(methylenedioxymethamphetamine)

アンフェタミンと類似した化学構造を持つ化合物です。

「アンフェタミン」の画像検索結果

覚せい剤の売人も

「痩せるよ💕」と言ったりするそうですが

1912に元型のようなものが出来た頃は

食欲抑制効果が確認されたようです。

その後

改良(?)され

1967には

やたらと人懐っこくなって

無意識にある感情への接近を容易にし

幻覚を見たりすることがわかり

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

心理療法家のように

傾聴して時間をかけなくても

治療が促進される!ということで

上から目線の3分診療なんのその!

流行していたPTSDに対し

MDMAを併用した心理療法の臨床試験がアメリカ合衆国で進行

2017年にはアメリカで画期的治療法に指定され

FDAは承認審査を迅速化しますが

いざ始めてみると

上手くいかず

街で娯楽に使用されるようになりました。

そして今は犯罪にも使用されます。

その頃流行していた

人格障害と呼ばれるような

反抗的なタイプだったPTSDの人が

治療に協力的となり

抑圧されていたものが

せっかくvisionとなって浮かび上がっても

それをどう扱うかという極意が

わからないのでモッタイナイことになりました。

沢尻さんが

愛の薬などと呼ばれるように共感作用があり

幻覚を見ることに加えて

休みなく熱狂的に踊ったりするのが特徴の

ポカリ補給すればよいのですが

解離しているから

死亡したりする。

MDMAを好むのは

日本に生まれ育ったからでしょうか。

「アメノウズメ」の画像検索結果

クライマックスのあとに

アマテラスが蘇る。

大河ドラマで

「麒麟が来る」の画像検索結果

麒麟が来るはずだったのに

四神のあとに控える

最後の智慧の神さま

残念なことです。

沢尻エリカさん逮捕 ~MDMA使用もPTSDの依存症から

麻薬取締法違反の容疑で

「MDMA」の画像検索結果

MDMA所持

逮捕されたそうです。

随分前から疑惑があったようですが

依存症はPTSDで

何もしなければ

自然治癒も起こらないので

時間の問題ということでしょう。

「沢尻エリカ」の画像検索結果「依存症」の画像検索結果

合成麻薬なら

処方薬と限りなく近いですね。

断薬をめざす当事者がまた一人増えました。

教えて★マーシー先生 条件反射制御法のPTSD性覚醒剤依存症への期待

田代まさしさんの逮捕について

マスメディアの報道の仕方が

過剰だとか

控えるべきだという専門家もいるようです。

 

 

第一人者と言われる医師は

治らないシステムをつくっているから

永遠の患者に信奉されている。

薬物報道のガイドラインのたたき台を作って

今年(2017年)1月に公表したそうです。

なぜガイドラインの改正をそこまで強く望むのか

建前は

田代さんのような人を救うため

分析してみました。

 

報道によって

治療中の患者さんが

再使用してしまう確率が高まり

その都度

せっかく積み上げてきた回復への道が

何年も前の状態に戻ってしまうとのことですが

 

数分のニュースをタイムリーに見ているものでしょうか。

依存症患者=テレビっ子 ?

 

確かに

覚醒剤事件の再現映像の定番だった

黒い紙の上に岩塩を挽いたものが

上から降り積もるシーンは

「岩塩 覚醒剤」の画像検索結果

フラッシュバックを起こすからとの

ダルクの依頼で消えたそうです。

 

しかし

最先端の

認知行動療法を受けている患者さんが

「条件反応制御法...」の画像検索結果

「条件反応制御法...」の画像検索結果

意志を訓練し

「条件反応制御法...」の画像検索結果

おもちゃの注射器まで使って

空振り体験を繰り返し

幻想を治す。

それだけで元の木阿弥になってしまうとは

奇妙なことです。

治療効果の虚しさの露呈といった方がよいでしょうか。

 

 

田代まさしさんは

NHKと違って

「教えてマーシー」の画像検索結果

残している啓蒙YouTubeのなかで

「ブラックマーシ...」の画像検索結果

このことについても見解を示しています。

 

刑期を終えたとき

ダルクが迎えに来てくれて

出所祝いと称して

「しゃぶしゃぶ」や「あぶったお肉」をごちそうになったとき

それは…ダメでしょ💦と思ったけれども

当事者はダジャレにも反応するのです。

PTSDの無意識原理ですね。

敢えて反応しない決意をさせるためだと

理解したと語っていて

認知行動療法的な手法が既に取り入れられていることを

教えてくれています。

 

温室のような場所で

真綿に包むような接し方をしているわけではなく

「教えてマーシー」の画像検索結果

強い意志が要になることも

否定しているわけではないのです。

 

認知行動療法では

自分とは関係のない芸能人の逮捕なのに

迷わず「マネ」てしまうという

超外向性(ヒステリー性格)

あるいは

「マネ」た言い訳をする

否認の病が

未治療のままで

 

おそらくは

少しの意志と

向精神薬の置き換えで棚上げされ

合法麻薬か違法麻薬かの違い。

置き換えはつらかったとマーシー先生も語る。

見かけ上は回復しているかのように見せているだけなのです。

 

薬物報道改正ガイドラインが

どこでどなたのために必要なのか

わかっていただけましたか?

教えて★マーシー先生「PTSDと覚醒剤の関係」

逮捕は残念ですが

当事者として

いろんなことを教えてくれた田代まさしさんの

番組の影像削除は

さらに残念です。

しかし

覚醒剤使用に至る原因となったおいたち

Wikipedia等にあり

削除賛成の人たちは

原因を探るなとか

(うつ病キャンペーンの風邪のたとえのように)

誰でもこうなるとか

意志では無理と喧伝

そこから実際に使用する引き金となった

プレッシャー等については

YouTubeに残っています。

「ブラックマーシ...」の画像検索結果

売れっ子となり

連日のように

違う面白いネタを生み出すプレッシャーに苛まれ

そんな緊張感あふれる追いつめられた日常が

いつまで続くのかという状況で

「うつネズミ 実...」の画像検索結果

製薬会社での

うつ病ネズミのつくりかた

鬱気味になり

子どもだと

エテ公🐒スクールカウンセラーが

心療内科を紹介しますね。

そんなときにクスリを勧める人が現れたのだそうです。

最初に救ってくれたので

おかしいとわかってからも

「親と思い込むア...」の画像検索結果

親だと思ってついてゆく場合も…。

最初の刑務所でなされた

向精神薬置き換え後の断薬がつらかったのに

コカインよりやめにくいのは

これだったかな…

「ベゲタミンA」の画像検索結果

2回目も

眠剤依存症に陥ったそうです。

コミュニケーションが取れない人が多くて

(加害者型PTSDが多い)

ストレスも高く

9時就寝に適応するのも至難の業

眠剤拒否は

覚醒剤拒否くらいむずかしかったということですね。

刑務は単純であるうえに

よそ見禁止という

(児相やDVシェルターと同じで無駄な規則が多い)

つらく長い時間なので、

工場でもミシンがけ等

集中できるものがしたかったのですが

眠剤を呑んでいる人は

手も縫ってしまう可能性があるので

クスリで

現実検討能力低下

させてもらえないということも

教えてくれています。

作業所に通う人たちの参考にもなる話ではないでしょうか。

とてもわかりやすいので

治癒に至った当事者として

語られる日も楽しみにしています。

麻薬運搬で愛知元市議(76)に無期懲役の中国PTSD依存症対策

中国

広東省

広州市で

麻薬運搬罪に問われ

2014年8月に死刑を含む求刑をされた

愛知県稲沢市の元市議(76)の判決公判で

広州市の

中級人民法院(地裁)は

無期懲役を言い渡しました。

大麻ではありますが

密輸で逮捕された

スノーボードオリンピック元日本代表

国母和宏(31)さんは

日本代表・国母と

象徴的な布置

こういう厳しい判決にはならないですね。

「阿片戦争」の画像検索結果「阿片窟」の画像検索結果

日本は

嘘と薬が好きなのかもしれません。

「ADHD嘘 製...」の画像検索結果

また

確かに冤罪だと恐ろしい話ですが

警察がなかなか動かずに

すぐ不起訴になって

PTSD加害者が増長し

いじめがはびこるのも

「東須磨」の画像検索結果

困った現象です。

ダルクやめた 田代まさしさん逮捕でPTSD当事者グループ参加について再考

逮捕された田代まさしさんですが

2014年の

仮釈放後

民間のリハビリ施設ダルクに入所

職員としても働いていましたが

昨年辞め

「マーシー先生」の画像検索結果

行動療法では

使用しない日が続いているという事実しか確認できない。

否認の病で

本人は

治っていると思いたいので

治ったことにしてしまいがち

マーシー先生として

「マーシー先生」の画像検索結果

活躍していました。

当事者として

精神的孤立から軽い気持ちで薬物をはじめがちなことや

社会が病気からの快復を支援する必要性を訴えた。

しかし

5月には

東京・荻窪駅の改札で

「ポケットに財布がない」と大声で叫ぶ姿が

目撃されていて

治癒してはいなかったのです。

うつ病タイプにしても同じですが

治癒に近づく時が1つの魔境で

とてもデリケートな時期です。

講演で

ついつい笑いを交えようとする心性などが

ヒステリーの超外向性

周囲に呑み込まれてしまい

自分がなくなる…。

実は結構危険なのかもしれません。

PTSDにはいろんな依存症がありますが

向精神薬(合法麻薬)・アルコール・違法麻薬

DV・ストーカー等

それぞれにやめるための支援グループがある。

当事者グループに参加する時の

参考になれば幸いです。

ストレス発散?ゴムパチンコ依存症のPTSD解離医師逮捕

東京・文京区で

強力なゴム銃を使い

「スリングショッ...」の画像検索結果

「スリングショット」と呼ぶのだそうです。

他人の家に向かって

繰り返し金属の玉を撃ち込んでいた

医師の男(59)が

逮捕されました。

「ゴムを解き放って

玉を撃つことが快感だった」

「興奮し

連続して撃ち込んでしまった」とのことで

2018年9月ごろから

周辺で同様の被害が相次いでいるそうです。

PTSDの依存症ですね。

「マーシー先生」の画像検索結果

「東須磨」の画像検索結果

いろんな依存症があります。

「パチンコ どら...」の画像検索結果

子どものころにしっかり遊んで

取り扱いを学んでおかないと

ストレスの高い大人になったときに危険

「大人の発達障害」の画像検索結果

誤診されると

なお厄介です。