自殺防止対策」カテゴリーアーカイブ

人気の女性ユーチューバー「うごくちゃん」PTSD解離性ストーカー被害で自殺の背景にあるもの

ゲーム実況で人気の女性ユーチューバー

チャンネル登録者数58.4万人

うごくちゃんが

昨年12月31日に亡くなっていたことを

所属の芸能事務所が

「Studio Coup」

昨日

公式サイトで報告し

所属クリエーターへの誹謗中傷コメントを控えてほしいとの

声明を出しました。

最後の動画は

自殺を予知させるものではありませんでしたが

1つ前には「生前整理」の動画があって

知的に合理的に語るが

死ぬほど追い詰められた状況にあるという感覚的な部分を

全く感じさせない行動に浮かび上がる【否認】

「病み期」には

「虚無感」が基本の哲学的問題

「自傷行為」もあったこと

大人の知識で完結させなくてはならないと思い込み

いろんな人に相談して

たくさんアドバイスをもらったが

そこに答えがなかったことについて

自分が不遜であるというような発言

ここ1年間迷惑をかけたとして反省してみたりするなどし

ゲームのなかの人物が高いところから落下して

「サイアク」という文字が出て

突如ゲームオーバーというものでした。

箱庭のなかで

あるいは傾聴を伴う心理療法のなかでの表現なら

【死と再生】が架空において行われ

【固着】によって治癒のためにうまれた

表現エネルギーも消耗するので

死ななくて済む。

女の子が

自分のことを「僕」と呼んでもよいのですが

人気動画は自虐的性的な話題ばかりで

性被害に遭った人が性転換する事例を思わせる。

最後に一瞬だけ「わたし」がまぎれこんでいました。

3-4年ユーチューバーをしていることから

もう中学卒業か高校生だよと言っていて

中学生から数えているのがわかります。

10代の女の子がこういう内容の表現をするのも

動画をアップすると

なり切ることができるので元気になるから

いろんなことに挑戦しながら

続けることで前向きになりたいと言った。

違う人格としてトラウマエピソードを

何でもない話にしつつ

同時に賞賛を得るという麻薬のような

自己処方を発見したのかもしれない。

普通ではないと思いますが

セルフネグレクト

高校生でないのなら

22歳だったらしい。

中学生の頃に問題があり

それがトラウマ元年になっていたのかもしれません。

女子高生人格が書くPTSDブログは案外多い。

当人なきあと事務所があげた動画と

ネットいじめに遭っていたらしく

ネットストーカーへのメッセージのようなもの

つまり当人は天才でストーカーが書くほど病んでいない。

凡庸なストーカーにはわからない世界を生きているのだから

うごくちゃん

うごくちゃん

「うっさい」ということ。

声明は

適切であるようにも感じましたが

ネットストーカーたちの行動は止めさせるべきだが

ネットストーカーのたまり場をつくったことは不問のまま…?

うごくちゃん

木村花さんの自殺と構造が似ていて

やらせ問題で自殺に追い込まれた。

ゲーム動画を見る年代の子どもたちが

学校でPTSD予防教育を受けていれば

この自殺は予防できた気がしてなりません。