行動療法」カテゴリーアーカイブ

岡口基一裁判官トリッキーに時代のPTSD事情を風刺

仙台高等裁判所は

民事裁判を担当する

岡口基一裁判官が

昨年3月に

東京高裁から厳重注意処分を受けた。

自分のフェイスブックに

殺人事件の遺族を侮辱する内容の投稿をしたとして

殺害された

東京の女子高校生の命日に

(自分に懲戒を申し立てた)遺族について

「自分を非難するように

東京高裁などに洗脳されている」と書いた。

最高裁判所に

懲戒を申し立てていました。

2度目の申し立てを受けた

岡口裁判官は

インタ-ネット上で

「語句の選択が適切でないことが明らかであるため

判決書を載せた高裁が諸悪の根源なのに

リンクを貼った自分が悪いと

考えがすり替えられたのではと考えて

洗脳』という言葉を使ってしまった。

その後

この表現を撤回し

関係者の方々へ謝罪している」などとする

コメントを出しているそうです。

裁判所やTwitter社が

どちらもネットストーカーに甘いのに

この方にだけ厳しいという

問題はありますが

同じ間違うにしても

遺族が洗脳されたではなく

高裁が洗脳したなら

高裁もそこまでは追及できず…

法衣を脱いで

高いところから降りてくると

「裁判官」の画像検索結果

判決文を書くために抑圧している

法律と証拠だけで

白黒判断しなければならないお仕事

若干の感情機能の弱さが

言論の自由はあるし

勘違いもあるだろうけど

書かない方がいいことを

わざわざ書いてしまう⁇

露呈してしまうのでしょうか。

しかし

無意識のうちに

勘違いなら許されるのかとか

安談プロレスごっこ

人をむやみに病気扱いしてもいいのかとか

洗脳されている状態は

普通の精神状態ではありません。

「発達障害流行」の画像検索結果

風刺が利いてませんか?

「トリックスター...」の画像検索結果

善悪を離れて

現象として興味深いです。

そして

前記事同様

流行りの行動療法も無意味だと

物語られてますね。

『阿炎騒動』角界初SNS研修会ではPTSD学習ならず…💦

昨年11月の

大相撲九州場所前

小結阿炎(25=錣山)が

「小結阿炎」の画像検索結果

不適切な動画を

インスタグラムに投稿して炎上したことを受けて

角界で初めて

専門家講師による

「SNS研修」が開かれましたが

広報部長(57=元横綱大乃国)は

「SNSは

自分が安易にやってしまったことが

世間の目に触れてアッという間に拡散される。

やっている本人が不適切とは思っていないのが怖いところ。

指一本で

とんでもないことになってしまう。

人生が壊れることもある」と力説

騒動の本人は

研修会終了後

大勢の報道陣の前で

「研修の感想?

爆睡してた。

寝てたし、何も聞いてねーし」と

言い放ったそうです。

普段から軽口をたたくキャラで

冗談のつもりだったのかもしれませんが安談プロレス

心理職はプロレスごっこですから…(◎_◎;)

「学習効果」の画像検索結果

学習効果ゼロですね。

力士が悪いと言うよりは

ただ個人のSNSを禁止するような

エテ公🐒印

「公認心理師」の画像検索結果

流行りの行動療法的な方法では

どうしようもないということではないでしょうか。

陰陽五行説に則った

「陰陽五行説」の画像検索結果「土俵」の画像検索結果

PTSD原理の哲学から

「ものいい 相撲」の画像検索結果

物言いしましょう。

恐怖の新型コロコロ詐欺ウイルスに気をつけてPTSD予防

  新型コロナウイルスよりも

今後展開される

ワクチンや

治療薬投与のキャンペーンの方が

よっぽど危険!だそうです。

コロナウイルスは恐ろしいという

印象が植えつけられたので

パンデミックではなく

「パンデミック」の画像検索結果

感染しない人の方が圧倒的に多く

(政策で感染者が増えた部分も)

死因は合併症(免疫力の話)

「条件付け」の画像検索結果

梅干しを食べたことがない人は

梅干しと聞いても無反応

「インフルエンザ」と聞いただけでも

「坊主にくけりゃ...」の画像検索結果「般化」の画像検索結果

怖ろしいと感じ

予防接種を受ける人が増えるかもしれません。

見かけ上のうつ病を流行らせるのにも

感情に訴えかける

「お父さん眠れて...」の画像検索結果

親切ごかしテクニックが駆使されましたよ。

クリニックに行った人は今どうなってますか?

「オレオレ詐欺」の画像検索結果

お金だけではすみません。

いのちをまもるためのPTSD理論学習です。

留年恐怖PTSDから名城大学准教授刺傷事件

名古屋市の

名城大学で

准教授の男性を

ハサミで刺して殺害しようとした疑いで

逮捕された

理工学部3年の学生(22)は

過去に留年していて

2度目の留年を恐れ

私学で学費も高いので

両親に迷惑がかかると考えた。

単位を与えない准教授を逆恨みして

レポートを出さない学生に

単位認定できないのは当然

犯行に及んだようです。

「PTSD予防」の画像検索結果

強い恐怖を感じて

解離してしまったのでしょう。

「認知行動療法」の画像検索結果

認知の歪みを直す方法と言えば

「認知の歪みPT...」の画像検索結果「内観療法 吉本...」の画像検索結果

刑務所では

内観療法などもよく行われてきました。

事件になるまえのPTSD予防として

教育相談に取り入れてはいかがでしょう?

「認知行動療法」の画像検索結果

認知行動療法より効果的だと思いますよ。

PTSD性脳梗塞による失声「元タクシードライバーの一事例」

大阪の

新世界のガード下で歌っていた男性のお話です。

 

喉の調子が良く

歌の合間には

出会ったお客さんとの思い出話に

話を咲かせたりしていました。

 

しかし

「ここで演奏するのは、最高やで。

初めて会う人が聞いてくれるんや。

でも

たまに座って演奏していると怖いこともあるで

そ、そ、そ…」

言葉が続かなくなります。

口は動くのですが

喉から声が出ないのです。

自分でも何が自分の身に起きているのか

理解できません。

声が出ない恐怖から

立ち上がったり

必死で体を動かしたりしても

口をパクパクすることくらいしかできないのです。

落ち着こうと考え

ペットボトルのお茶を飲もうとすると

唇からボタボタお茶がこぼれ落ちます。

必死の思いで

身振り手振りで救急車を呼んでもらい

緊急入院となりました。

軽い脳梗塞と診断され

数日で退院できましたが

また発作が起きるのではないかと思うと

 歌うのは怖いとのことです。

 

お客さんと共感状態になったとき

ラポールの形成が起こり

安全弁が外れて

トラウマエピソードが飛び出したのでしょう。

 

「PTSDyobou」の画像検索結果

 

過去の記憶が

症状をつくることもあります。

そして

回避により

「PTSD 回避」の画像検索結果

歌えなくなるわけです。

 

なので

暴露法等

直接トラウマを扱うような心理療法は

「エクスポージャ...」の画像検索結果

あまり行われなくなりました。

 

沢尻エリカさんPTSD治療は有名大学病院で

麻薬取締法違反罪での起訴が決まりましたが

保釈され

都内の有名大学病院に直行されたそうですね。

ダルクは無理だし

「ダルク」の画像検索結果

アスカさんのように

最先端の「おまじない療法」を受けるのでしょうか。

「条件反射制御法」の画像検索結果

「条件反射制御法」の画像検索結果「アスカ 治療法 ...」の画像検索結果

依存症はPTSDだけど

深層心理は不問にするのが

面白いのに♪

最近の流行みたいです。

教育虐待で完成する『猿の惑星』PTSD世代間負の連鎖

愛知県名古屋市で

父親が小学6年生の息子を刺殺した事件(2016年)を機に

「教育虐待」が注目されているようです。

「結愛ちゃん」の画像検索結果

結愛ちゃん事件も教育虐待でしたね。

勉強以外にダイエットが付加されるのが今風

子どもにとって

アル中の気まぐれ暴力も怖いですが

「アルコール依存...」の画像検索結果

四六時中監視されているのは

特筆すべき複雑性PTSD発症リスクです。

「コマネチ」の画像検索結果「体操 ロシア 電...」の画像検索結果

昔の体操選手の強化方法はハードだった。

日本はそこまででもないが

覚せい剤がやめられない人が出ました。

後遺症でしょう。

主としてインテリ家族で起きるそうですが

子どもにPTSD症状が出ても

チックや

リストカット等自傷行為

学習不振や不登校

子どもをよく見て

自分で考えるのではなく

すぐに心療内科に連れてゆき精神安定剤を呑ませて

がんばりを継続させる場合もあるそうです。

命がけで勉強させられた子は

勉強なんか面白くないので

大学入学後

就職したり

立派な国家資格を取得したあとは

「公認心理師」の画像検索結果

(こういう安直なのもできたけど)

学びたくないでしょうね。

学ぼうとしても

恐怖とセットで条件づけられた

「うつ病ネズミ」の画像検索結果

壊れた頭脳では

深遠な学問など無理です。

それで

自分のように頭のいい大人になるように

教育虐待し

子どもをエテ公🐒に丸投げする優秀な(?)人が増えれば

見事な世代間負の連鎖です。

新しいT4作戦のかたちですね。

「猿の惑星」の画像検索結果

おサルさんには

もっと愛情があると思います。

「猿の親子」の画像検索結果

考えてみれば

人間が猿のぬいぐるみを着て演じているのでした…💦

現実はパロディですね。

PTSD治療構造は『利休にたずねよ 』

何事も極めようとすると

命が危うくなるわけですが

死と再生は普遍的原理

千利休も

「千利休」の画像検索結果

自殺させられました。

『利休にたずねよ』

韓国のお姫さまが出てくる部分が

史実ではないようですが

韓国ドラマあるある

茶室がカウンセリングルームの意義を持っていたことを

教えてくれます。

武士も刀を預けて

非暴力

頭を下げ身をかがめて

躙り口から入ります。

「躙り口」の画像検索結果

みな平等で

一椀のお茶の緑を囲んで

語り合います。

禅宗

つまりは陰陽五行説の哲学を体現したものですが

左の女性は

子どもの頃を思い出すと

言っています。

堅苦しくも見える型を大事にすることで

創造的退行が起こる装置なのでしょう。

教えて★マーシー先生 条件反射制御法のPTSD性覚醒剤依存症への期待

田代まさしさんの逮捕について

マスメディアの報道の仕方が

過剰だとか

控えるべきだという専門家もいるようです。

 

 

第一人者と言われる医師は

治らないシステムをつくっているから

永遠の患者に信奉されている。

薬物報道のガイドラインのたたき台を作って

今年(2017年)1月に公表したそうです。

なぜガイドラインの改正をそこまで強く望むのか

建前は

田代さんのような人を救うため

分析してみました。

 

報道によって

治療中の患者さんが

再使用してしまう確率が高まり

その都度

せっかく積み上げてきた回復への道が

何年も前の状態に戻ってしまうとのことですが

 

数分のニュースをタイムリーに見ているものでしょうか。

依存症患者=テレビっ子 ?

 

確かに

覚醒剤事件の再現映像の定番だった

黒い紙の上に岩塩を挽いたものが

上から降り積もるシーンは

「岩塩 覚醒剤」の画像検索結果

フラッシュバックを起こすからとの

ダルクの依頼で消えたそうです。

 

しかし

最先端の

認知行動療法を受けている患者さんが

「条件反応制御法...」の画像検索結果

「条件反応制御法...」の画像検索結果

意志を訓練し

「条件反応制御法...」の画像検索結果

おもちゃの注射器まで使って

空振り体験を繰り返し

幻想を治す。

それだけで元の木阿弥になってしまうとは

奇妙なことです。

治療効果の虚しさの露呈といった方がよいでしょうか。

 

 

田代まさしさんは

NHKと違って

「教えてマーシー」の画像検索結果

残している啓蒙YouTubeのなかで

「ブラックマーシ...」の画像検索結果

このことについても見解を示しています。

 

刑期を終えたとき

ダルクが迎えに来てくれて

出所祝いと称して

「しゃぶしゃぶ」や「あぶったお肉」をごちそうになったとき

それは…ダメでしょ💦と思ったけれども

当事者はダジャレにも反応するのです。

PTSDの無意識原理ですね。

敢えて反応しない決意をさせるためだと

理解したと語っていて

認知行動療法的な手法が既に取り入れられていることを

教えてくれています。

 

温室のような場所で

真綿に包むような接し方をしているわけではなく

「教えてマーシー」の画像検索結果

強い意志が要になることも

否定しているわけではないのです。

 

認知行動療法では

自分とは関係のない芸能人の逮捕なのに

迷わず「マネ」てしまうという

超外向性(ヒステリー性格)

あるいは

「マネ」た言い訳をする

否認の病が

未治療のままで

 

おそらくは

少しの意志と

向精神薬の置き換えで棚上げされ

合法麻薬か違法麻薬かの違い。

置き換えはつらかったとマーシー先生も語る。

見かけ上は回復しているかのように見せているだけなのです。

 

薬物報道改正ガイドラインが

どこでどなたのために必要なのか

わかっていただけましたか?

蚊にも学習効果がありPTSDにならない?

Yahoo!ニュースによれば

蚊でも

叩こうとした人の匂いを学習し

死にそうになった体験と

加害者である人間

(攻撃をしかけたのは自分ですが)を

結びつけて覚える。

「学習理論」の画像検索結果

避けるのだそうです。

覚えているのは

一日程度かもしれませんが

その記憶は

強力な虫よけスプレーと同等の意味がある。

「蚊は

刺されるのを防ぐのがうまい人と

そうでない人を学習できます。

もしその仕組みがわかって

逆手にとることができれば

もっと効率よく蚊を追い払えるようになるでしょう」

いじめっ子と同じですね。

「煽り運転」の画像検索結果

大人のいじめっ子(犯罪者)も

感覚的にターゲットを探していたと

指摘されています。

そして

蚊は

単純思考なので

トラウマにならず

トラウマを克服しようとも思わないから

長期的には

薬品に対する耐性はつくから

集合的無意識のようなものはありそうだけど

PTSDにはなりそうにないのかな。

「蚊」の画像検索結果

狂った蚊は見たことがない。