虐待死を防ぐキーワード【解離】

 PTSD研究家翠雨の日記

こんなかわいい女の子のいのちが
またひとつ消えました。

報道によれば…
兵庫県三田市で長女に暴行したとして継母の寺本浩子容疑者(27)が逮捕された事件で、長女の夏美ちゃん=当時(5)=が暴行の5カ月後に頭を打ったとして救急搬送された際、病院は虐待を受けた可能性が極めて高いと判断し、三田署に通報していたことが12日、関係者の話で分かった。寺本容疑者は「娘は転んだ」と説明。夏美ちゃんは搬送の5日後に亡くなっており、県警は死亡の経緯についても詳しく調べている。
 関係者によると、夏美ちゃんは逮捕容疑となった暴行の5カ月後の昨年11月24日午後3時50分ごろ、三田市の自宅マンションで頭を強く打ったとして病院に搬送され、その5日後に急性硬膜下血腫のため死亡した。寺本容疑者は搬送の際、救急隊員に取り乱した様子で「長女はベランダで遊んでいて転んだ」と説明していたという。
 しかし、夏美ちゃんのけがは転倒事故としては明らかに不自然な上、症状も重く、搬送先の病院は「虐待の可能性が高い」として三田署に通報。虐待が疑われるケースでも、児童相談所など行政を通じてではなく、警察に直接通報するのは異例だという。同署は夏美ちゃんの死後、司法解剖を行った。
 寺本容疑者は昨年6月24日に自宅マンションで夏美ちゃんの顔をたたくなどして約1週間のけがをさせたとして、傷害容疑で11日に逮捕された。

DVも虐待も対策ばかりで
現状はますます悪くなるばかりです。

【PTSD】や【解離】という
心理学の基本中の基本の自我防衛機制を忘れた治療家ばかりだから
加害者は自分でもどうしてよいのかわからず
ただ世間の人が自分のことを批難していることだけわかる。

【バケツを持った人】と呼びます。
小学生のとき
こんな目にあったことないですか?
掃除中、あなたは
バケツに水をくんできました。
そこにやんちゃなクラスメイトがふざけながらやってきます。
『あっ危ない!』

「何やってるんですか!」

『…?』
水浸しの床と先生と私…

「でもー」
「デモじゃありません」

【虐待】の実態は殆どこんな感じです。
本当に憎くていじめているのは
思いのほか少ないと思います。

心理学の教科書には【解離】があるのに
臨床家の頭から【解離】のページが消えています。
これを【否認】と言います。
もう一度学びなおさなくてはなりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です