元薬物中毒のチャーリー・シーン 予防のためにリハビリ施設に入院

昨日のニュースですが

PTSD研究家翠雨の日記

チャーリー・シーンさんです。
ドメスティック・バイオレンスで起訴されるなど、
私生活が荒れていましたが
リハビリ施設に入院したそうです。
WENNによると
元薬物中毒として知られるチャーリーは、
予防対策のために入院をしたと発表しています。

テレビドラマ
『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』は
しばらく休みだそうです。
プライバシーを
尊重してくれるよう
またこれ以上のコメントを出す予定はないと
声明を出しています。

予防入院なんて
凄いですね。
わが国では
【犯罪】に過ぎず
【自力】で治すことが求められますからね。

治療対象
という
意識は薄く、
国立のが1つと
民間のダルクくらいかな…

これは自殺予防にもなりますね。

DV被害者にとっても
大きな救いです。
DV加害者には
薬物依存のケースもありますが
わが国では
野放し状態ですからね。
狭い日本でどこに逃げても
恐怖感は尋常ではありません。

依存患者(元ですが)の
人権意識も高く
しっかりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です