お水取り こもりの僧は11人 

東大寺
二月堂のご本尊は
十一面観音

お水取りは
11人のこもりの僧

さてなぜ11でしょう?

陰陽五行と言いますが

水・火・木・金・土  の5気に

           それぞれ

1・2・3・4・5  の数字が

対応しています。

これが
【生数】

土気は他の陰陽を司るので
生数に5を足した

6・7・8・9・10
これが【成数】

陰陽五行説ではよく
【生数】と【成数】を合わせます。

1+2+3+4+5  =15
6+7+8+9+10  =40

15+40=55

5つの気は宇宙の構成要素なので
宇宙の数は55で表されます。
『源氏物語』が54帖から成るのは
宇宙の真理に1つだけ足りないだけ
(架空)のお話という意味だそうです。

単なるお話であって
現実ではないけれど
それは現実にほんの少し
足りないだけだという

式部の主張です。

故・吉野裕子先生から習いました。

PTSDとポニョやルパンを
一緒くたに研究する理由も

ここにあります。

では【生数】+【成数】で
11になるのは
どの気でしょうか

3+8 =11

3は木気ですね。

春の活き活きした
活気は【木気】です。

だから春が来るんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です