10日ネットカフェで学生自殺 硫化水素検出で一時避難

新聞には
ありましたか?

10日の出来事なんですが
今グーグルで見つけました。

PTSD研究家翠雨の日記
午後4時50分ごろ
大阪市北区芝田の複合ビル
「D・D HOUSE」
地下1階にある
インターネットカフェの
シャワー室で

近畿大2年の男子学生(24)が
首をつっていました。
微量の硫化水素が検出されたため
店内の客や従業員ら
約140人が避難し
周辺は一時
騒然となりました。

父親あてのメモが残されていて
内容などから自殺と
みられています。

硫化水素は
少し前の流行ですね。
しかもネットカフェは
別の事件との組み合わせ
を連想させます。

自傷と他害は
方向は反対ですが
根っこの問題は
同じですからね。

政府の自殺対策以後
流れが
また
変化してきたように
感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です