堺市の中学校学級崩壊原因で自殺の教諭に労災認めるならPTSDだったと認めるのが筋

堺市立中学校で
1998年
女性教諭(当時51歳)が
自殺したのは
生徒から受けた暴力や
学校の支援不足が原因だったとして
労災が認められました。

 
裁判長は
精神的ストレスが
積み重なった状態
にあった。
公務の過重性は肯定できる」
とし

学校側の
ことなかれ主義的な対応のなかで
憤りと孤立感を深めていたことも
認めました。

ストレスや
極度の怒りや
孤独感は
心理的反応ですし

正義感のある
常識的な人なら
誰でも
覚える
正常な感覚です。

うつ病と診断されて
休職中に
自殺されていますが

明らかに
PTSDでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です