菊乃家〆丸氏死去 ちんどん屋はなぜちんどん屋なのか?

PTSD研究家翠雨の日記

菊乃家〆丸氏が
16日急性心不全のために
自宅で
亡くなったそうです。

92歳でした。

枝雀落語を聞いていたら

ちんどん屋さんに
惹かれて
ついていくうちに
迷子になってしまう

話があり

なんか自分のことの
ようで
(いろんな表現
観ているうちに
心がつい
遊んでしまうので)

興味深い
存在でした。

と・こ・ろ・でニコニコ

なぜ
ちんどんやと言うか
知ってますか?

やはり
陰陽五行説を
当てはめたもの
なんですよ。

PTSD研究家翠雨の日記

ちんは鉦(かね)の音
鉦は金気
方角では西

どんは太鼓の音
太鼓は木気
方角では東

鉦と太鼓が
ベースで
「とーざい(東西)
とーざい(東西)」

と呼び込みますねニコニコ

こんな当てはめは
ごくごく一例

京都のお寺の
鐘の音
だって

お寺のある方角と
四神(キトラ古墳にありますね)
を一致させて決めたり
していたそうですよ!

陰陽五行なんて
聞いたことなくても
(教科書にひっそり
書かれていますから)

日本人の無意識には
陰陽五行説が
流れています。

仏教とも平気で
習合しているんですよ。

でも
心理療法では
そこまで扱えないから

見た目で
【発達障害】とか
【人格障害】と
素人判断して

クライエントさんを
内面から理解することを
避けるのです。

専門家が無意識まで
観てるハズなのに
素人判断と変わりないからドクロ

絶望して
窮地に追い込まれるという
二次被害は
甚大

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です