ユングのPTSD  トラウマ事件① 12歳の出来事

83歳のユングは

12歳を
実に宿命的な年であった
と回想している。

初夏のある日
午前中の授業が終わり
同級生と一緒に帰宅しようと
待っていた時
別の少年に
ふいに突き飛ばされ
石で頭を強打
意識を失わんばかりの状態で
約半時間目がくらみ

瞬間的に
「もうお前は
学校に行かなくてよい」
という考えが
ひらめくのを感じている。

意識を半分失っただけだったが
復讐心から
少し長い時間横たわっていたら
近所に住む伯母さん2人が
見つけて
家まで送ってくれた。

それ以来
ユングは
学校からの帰り道や
両親から宿題をさせられるとき
いつも発作を起こすようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です