痩せ型モデルからふっくらモデルへの回帰は心理療法に影響するか

2010年秋冬
パリ、ミラノ、NYブランドコレクションで
“ふっくら体型礼賛”ともいえる傾向が
見られたそうです目
 

90年代後半のスーパーモデル、ケイト・モスさんの出現以来
ランウェイを飾るモデルは
「痩せ型・胸なし」と
相場が決まってました。

身長が1メートル79、体重49キロで
肥満とみなされる可能性がある叫び特殊な世界でした。

心理療法でも
摂食障害と痩せ型モデルの関連について
よく議論されてきました。

肥満を美人とする国では
逆に健康を損ねながらも
胃を拡張させる涙ぐましい
努力をするのですからね。

昔ながらの女性らしさへの
回帰トレンドが
本物かどうかはわかりませんが

心理療法も
ユング心理学誕生の時点くらいに
回帰したうえで

回避していた問題に
しっかり向き合い
さらに
進化させなければならないと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です