笑わないPTSD男児を絵で治療?!  ~韓ドラ『風の絵師』第十四話

主人公らは
ニコリともしない男児を
見せられ

この子を笑わせる絵が描けたら
合格と言われる。

思案に暮れる師を部屋に残し
主人公は
水を汲みに井戸へ
行き、

女中さんたちに
「あの子はいつから
笑わないのですか」
と聞き

旅芸人が街にやってきて
母親と一緒に出かけた後

母親が亡くなってしまったのだが
その時からだという
情報を入手する。

主人公は
閃いたひらめき電球ように笑い
師に耳打ちした。

もうお分かりですね。

母親が亡くなったショックから
笑わなくなった
のです。

PTSDです。

少々ふざけたマンガを描いても
無駄です。

トラウマを溶かすような
絵を描く
のでしょうね。

十五話が楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です