バンコク中心街での爆発で1人死亡75人負傷 

バンコク中心部のビジネス街
シーロム地区にある都市高架鉄道「BTS」の
サラデーン駅付近などで

22日夜
少なくとも5回の爆発が起き
1人が死亡
75人が負傷
しました。

現場は
タクシン元首相派の組織
「反独裁民主戦線」(UDD)が
占拠する商業地区と
シーロム交差点をはさんで隣接する地域
です。

軍が3日前から
シーロム地区に武装兵を配置し
警備を強化したばかりでした。

PTSD研究家翠雨の日記

日本では
奇怪な事件が続発していますが

海外でも
不穏な動きがあります。

警備や罰則強化も大切ですが
PTSD啓蒙活動も
もはや無視できない段階に
きているような気がします。

暴力による解決に
暴力で対していては
その連鎖は永久に継続することでしょう。

人間らしく
こころの問題として
考えなければならないと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です