一般公開開始の高松塚古墳壁画とPTSD

奈良県明日香村の
高松塚古墳壁画
(8世紀初め)の
修理施設で

5回目となる壁画の一般公開
(文化庁など主催)が
始まりました。

河合隼雄は
この壁画を見て
倒れ
還らぬ人となりました。

壁画と死者のあいだに
一体
何があった
のか

想像力をめぐらすことで
臨床力を取り戻さなければ

国民に受け入れられる
臨床心理学への再生は
ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です