大阪でもキトラ四神シンポに650人 ~集合的無意識とユング心理学の解離

明日香が再び
注目されていますが

昨日は
大阪でも
古墳をめぐって議論が
交わされ

明日香村に復元された
大極殿に四神を描いた
上村淳之さんは
「四神・十二支と
花鳥風月の世界」と題して
特別公演しました。

古墳はお墓
死と再生

日本人の無意識にインプットされた
リセットの法則はここに
あります。

キリスト教のなかに
それを求めようとするところに

心理療法の悲劇が
あります。

カモ・アヒルは
生まれた直後に見たものを
親と思い込み

修正が利きません。

高松塚古墳を見て
倒れた河合隼雄の栄光と限界を
しっかり直視しなければ

刷り込まれた間違いの
脱マインドコントロールは
おこらないでしょう。

崖っぷちの臨床心理学です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です