知らずにモラハラ後だましだまし生きる精神科医療?!

瑛太さんの
お父さんのお葬式で
 ―密葬でしたから
女性誌の記者が
喪服を着て
弔問客になりすまし
潜入したものの
盗撮がバレて
つまみ出され
ピースチョキしたとかあせる
こういう
モラハラPTSDいるよねって
思ったら
 ―PTSDに関して
 もっと貪欲に
 取材して欲しいものです。
 正業で無気力になるのが
 PTSDの特徴です。
下に紹介されてましたダウン
PTSD研究家翠雨の日記
薬に依存させ
思考能力を奪い
死に至らしめる
今の恐ろしい
診療スタイルは
悪気なく流行したのでしょう。
 ―鈍感さは致命的ですが。
 自分や身内でも
 同じことしてますから。
 (悪徳食品会社だと
  自宅用と分けてたり
 したのが発覚したでしょ?)
 
「おかしいじゃないか!」の声には
「新型うつ病ですから」と
インテリぶり
最近はこれですね。
PTSD研究家翠雨の日記
詐欺師は
自分でも
演じている意識が
途中からなくなるそうですが
 
 ―たいていは解離性人格
この人の場合は?

知らずにモラハラ後だましだまし生きる精神科医療?!」への8件のフィードバック

  1. あ*

    モラハラとか言っても解決しませんね。

    今日は、以下の記事にコメントを投稿したら蒸発したようです。
    https://ameblo.jp/m110-ameba/entry-12316527231.html
    コメントタイトル:
    「共生の作法」(© 井上達夫)でいきましょう。

    コメント内容:
    あれ? その行動、私の元夫と酷似していますが、
    まぶしいときは、ゴーグルをつけてもらっては如何でしょう?

    本人の主観的な「眩しさ」は、
    当人の心身状況に依存して、時々刻々、変化します。
    主観的な「眩しさ」なら、「気のせいだろ、我慢しろ」と言えば大丈夫なのかというと、本当に眩しいので、
    「気のせいだろ、我慢しろ」と言うと、
    セルフネグレクト強要を受容させることになりますので、
    (1)当人が「眩しい」ときはゴーグルを使ってもらう。
    (2)他の人には暗すぎるときは、他の人が懐中電灯や間接照明を使って、不便が起きないようにする。
    など「共生の作法」(© 井上達夫)でいきましょう。

    どうも、お邪魔しました。
    ===コメント内容おわり===

    被爆二世PTSDである佐村河内守さんの難聴と同じで、
    「敏感さ」「鈍感さ」は「陰陽混合」です。
    私の元配偶者も、聴覚が敏感で「声がうるさい」というときもあれば、
    音楽をやるのに耳が聞こえないときもあり、
    光についても「眩しい」「暗くて見えない」両方があって、
    眩しいときはサングラスでしたよ。

    あの人たちは、どうしてもアスペルガー症国群をでっち上げたいようですね。
    「妄想性障害の周囲を信じさせる力」(© kyupin)を発揮して。
    http://bit.ly/ParanoidDelusions
    という短縮形を作りました。複数、存在するので、複数形です。

    返信
    1. wpmaster

      モラ夫同遺伝子説?!の予定調和で完結したコメント欄みたいですね。
      一見バラバラな現象について、1つのものとして捉えてゆこうというところはこちらと同じですが、不治の病だと思いこんでいるので、よりよくしてゆこうとは考えないようです。
      これも、「妄想性障害の周囲を信じさせる力」の犠牲者ですね。

      返信
      1. あ*

        コメレスいただいたので、私からも再度、お返事しました。

        https://ameblo.jp/m110-ameba/entry-12316527231.html
        >山田さん

        お宅の常識は、
        お宅の構成メンバー=家族の間で構成していくものです。
        お宅の礼儀も、
        お宅の構成メンバー=家族の間で構成していくものです。
        「アスペ」は関係ありませんよ。

        「共生の作法」(© 井上達夫)で暮らす気がないなら、
        家族ではないということです。

        どうも、お邪魔しました。
        ===コメント内容おわり===

        「妄想性障害の周囲を信じさせる力」を周り中に発揮して、
        ご主人も制圧し、私の元夫も制圧した西洋白人女性心理職は、誰とも
        「共生の作法」(© 井上達夫)で暮らす気がない人の具体例です。
        制圧=心理療法と確信なさっていますね。
        誰かさんと似ています。

        返信
        1. wpmaster

          「作法」がとっかかりになってくれたようですね。
          誰かさんは、人間として本当に浅ましく下品極まりないお方です。
          恥を解離するということは恐ろしいことです。
          山田さん宅でも、あのくらいになれば、家族会議が開かれるでしょう。

          返信
  2. あ*

    『「だましだまし生きる」のも悪くない』
    という本のタイトルを誰が決めたのかは不明ですが、
    香山リカ教授は、
    精神科医かつ臨床心理士として
    これまでも人を騙して生きてきたし、
    これからも人を騙して生きていこうと思う。
    それって、楽だし、悪くない人生よ…
    という意味になっていたのですね。本怖。

    騙されたい人が多いのが困ります。
    騙されたい人が多い社会病理
    =PTSD否認ですね。

    香山リカ教授は、口先だけはPTSDという用語を使っているので、
    診断技術=“diagnostic technique” を磨いて、
    「多様化する…」詐欺を止めてくだされば良い…
    と、あちこちで書いてみましたが、
    診断技術を磨くためには、科学リテラシーがないとダメです。
    せめて、我が家の愚息程度の科学リテラシーがあれば、ミッキーくんやドナちゃんのように専門家に騙されて障害を固定されることはないのですが。しかし、犠牲にされる子どもたちに科学リテラシーがあることを期待してはダメで、
    やはり専門家を自称するからには、専門家が
    “diagnostic sciences and techniques” をベースにする
    「専門医」でなければ困ります。

    それで、
    http://bit.ly/PTSDscientia
    という短縮形を作りました。
    現象学を進めましょう。

    返信
    1. wpmaster

      ユング派じゃないので…、トラウマティック・ストレス学会員じゃないので…とおっしゃるのでしょうかね。
      でも、公認心理師は取得されるのでしょうね。
      そういう現象学をしっかり記録してゆくには、工夫も必要ですね。

      返信
      1. あ*=franoma

        第6回国際ウィメンズメンタルヘルス学会+香山リカ
        で、ネット検索
        http://bit.ly/2z6N5m1
        すると、
        第6回国際ウィメンズメンタルヘルス学会 市民公開講座開催のお知らせ …
        http://www.atomi.ac.jp/univ/news/detail/1137/
        2015/02/13 – 第6回国際ウィメンズメンタルヘルス学会 市民公開講座開催のお知らせ. 2015年2 … 講演者. 立教大学教授で精神科医・評論家の香山リカ先生の講演のほか、「女性の生涯とこころ」をテーマに、本学教員他による座談会も予定されています。

        あのときの大会長は、カモとしこ教授で、
        http://www.jstss.org/about/04/
        「被害者支援」の委員さんですね、加茂としこ先生。
        一方、香山リカ先生は、被災者のPTSD症状をバッシングするように大衆を煽る記事を日経に投稿したりする人物です。弱い者いじめをして溜飲を下げると私たち国際ウィメンのメンタルヘルスにはプラスになるのよ、おほほ…ということでしょうか。

        公認心理師には当然、おなりでしょうね、晋精会に公認されてバンザーイ!でしょうから。
        http://bit.ly/ShinseikaiT4
        という短縮形も作りました。

        返信
        1. wpmaster

          驚きましたヮ(゚д゚)ォ!
          闇雲に行っているのではなくて(やってることはデタラメですが)、しっかり根を張っておられるのですね。
          ギョーカイに疎いもので(;_;)/~~~

          入会するとかそういう話じゃないみたいです。
          ニューカイなんてカモ・カタログ登録ですから。
          リッチな㋫会の方々は、マンモス学会(臨床心理士巨大集団催眠商法被害者団体)でもユング派でもない地味ぃーな弱小学会所属で、公認心理師制度動かします♪

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です