AKB48に熱中するのは無我の象徴だから

$PTSD研究家翠雨の日記自我(center)&自己
センターを巡っての争いは
【無我】を象徴していると
思います。
 ―その場その場で変わる。
 AKBという一貫性がないと
 解離になります。
 解離と無我は大違いです。 
AKB商法と言われるくらい
経済に汚染されているのも
この時代の象徴だからでしょう。
彼女らの責任ではなく
アイドル(偶像)は
時代のカナリアですから。
巫女みたいなものですね。
 ―ファンにも被害者がいます。
 犯罪を犯し
 加害者になってしまいました。
涙の返り咲きに感動するのも
 ―『古事記』のスサノヲ以来の感動のツボ
  元気が出る。
生きた象徴の証です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です