腎不全からPTSDになった解離医師暴力団に頼んで臓器買う

東京都江戸川区の
クリニック院長(55)は
指定暴力団住吉会系暴力団組員(50)らに
腎臓売買を
一千万で依頼し叫び
該当者が見つかったものの
さらに一千万要求され
 ―このくらいはするでしょう。
破談となった直後
別に20代男性と養子縁組し
 ―戸籍なんて
 解離人格からしたら
 紙切れです。
 外国にはないしあせる
この男性からの提供により
生体腎移植手術を受けました。
手段を選ばない
やり口が強引ですね。
医師としての
倫理観を解離しています。
PTSD治療した方が
いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です