『借りぐらしのアリエッティ』が治す豊かな暮らしのPTSD陰陽五行

ジブリは
人間の本質的なもの
家族を描きたかったようです。
★主人公翔は
お屋敷に住んでいても
家庭的に恵まれていなくて
こころの傷を抱え     ←明言されてました。
身体が弱く
あたまでっかち
★アリエッティは
床下の素朴な暮らしだが
温かい家庭があり
細心の注意をはかりながら
借りてきたものを
大事に使い
 ―ちょっと宮沢賢治も入ってると
 思いますひらめき電球
 本当に感謝して
 いただきますって感じです。
工夫しながら
 ―これが消失しつつありますね。
 夢なんかも
 手に入らないと
 すぐあきらめたり
 人のせいにしたりすることに
 つながっていると思います。
(食べ物なら調理して)
工夫して豊かな暮らしです。
アリエッティの部屋は
素朴ですが
みんな住みたくなるような部屋です。
$PTSD研究家翠雨の日記
身体は大きくても
年下で頼りない翔と
 ―最初偉そーだけどひらめき電球
身体は小さくても
お姉さん的に
頭でっかちな翔に
きりりと
(しかしちょっと畏れながら
必死で)
諭すアリエッティの構図も
陰陽混合だと思います。
どちらが滅び行く種族かと
論争しますが
どちらも生き延びるんです。
 ―非暴力精神もあります。
 (PTSDのキーワード)
そこに
凄いパワーが生まれるんですよねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です