ネズミ捕りにアリエッティ捕獲を依頼する時代サルと間違えて人間射殺

昨日
和歌山県の山中で
猟友会の男が
サルの駆除のために撃った
散弾銃の弾が
誤って
65歳の男性の顔などに当たり
死亡しました。
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティたちも
ゴシップ好きの
お手伝いさんに依頼された
ネズミ捕り業者に
駆除されかかりました叫び
銃所持の資格があっても
自覚がないと
かえってアブナイですね。
どの資格にも
言えてます。
資格のあり方が
問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です