関電値上げで悪化するPTSD生保者の生活

朝日新聞は
PTSDは嫌いだけど
「うつ」は言いたいので
 ―願わくは「うつ病」
関電の値上げの話も
メンヘラ事例仕立てですニコニコ
1月まで
事務職として働いていた
40代の男性は
同僚の嫌がらせで
うつ状態になり
退職し
医師に適応障害と
診断されました。
 ―今日の一面は
 雅子さまが
 11年ぶりに
 海外公務された話ですから。
生活保護を受けていますが
月8万円なので
「数百円の値上げでも
苦しい」
ストレス障害ですから
 ―職場でのトラウマが引き金
悪化が心配ですが
主治医に言えば
薬が増えるだけでしょう。
雅子さまのように
頑張ることはできないと
思います。
そもそも
双方とも
適応障害じゃないし!
 ―元気なうつ病があれば
 長引く適応障害もあるという
 詭弁かな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です