『千と千尋の神隠し』離人症から始まるPTSD


気力が衰え
対人関係が希薄になり
身体が透明になってゆき
恐怖心を覚えます。
離人感ですね。
これを強く経験した人は
発狂しそうになります。
しかし
なんとか持ちこたえ

 ―よく見ること
観察し
言語化していると
自己治癒力が
作動し始めます。
千尋には
失立という
ヒステリー症状が出ますが
 ―離人症が中核で
 いろんな症状に移行する。
ハクは
そなたの
内なる
風と水の名において
解き放て
」というような
暗示をかけて
あくまで
自己治癒力が
作動するような援助をします。


こういう
専門家はダメです。

人を豚箱送りにしているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です