袴田さん車椅子を恐れるPTSD般化連鎖反応

釈放された
袴田巌(78)さんは
「闘いに勝ったな。
長い闘いだった」と話すも
 ―現実感が戻ってきている。
長期間の拘束による
妄想も残り
 ―会話しているうちに
  妄想は消える。
車いすに乗せられそうになると
「また拘束されるのか」と
恐れる様子も見せるそうです。
トラウマがあると
普通では全く違う状況でも
拘束という
概念において
トラウマの再来になってしまうのが
PTSD克服中の
ややこしいところです。
死刑囚という状況は
非人間的だということが
 ―死の恐怖が日常
 
よくわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です