理研STAP会見でも『千と千尋の神隠し』PTSD解離性失読

「STAP細胞理研会見
:センター長
「STAP現象のゆうむ(有無)について・・・」と二度も言ってた」
 ―Twitter
  Sukuitohananika
 (森岡正博)

小保方さんが
神隠し状態の会見で
 ―千尋の行った
 魔境におられる。

理研のお偉い方々にも
PTSD負の連鎖し
瀕死の状態ですから

書き慣れた字を間違うこともあれば
読み間違うこともあるのです。
STAP細胞は
あるのかないのか
核心がコンプレックスですから
有無をゆうむと
読んでしまったのでしょう。

日本の信用にもかかわる問題で
若い女性の記者が
「イエスかノーかで
お答えいただきたいのですが」と
詰め寄ってましたが
東条英機の
「イエスかノーか!」を彷彿とさせる
戦後処理みたいな
ストレスフルな場の雰囲気が
そうさせたのでしょう。
未曾有のを
「みぞうゆうの」と
言い間違えた元首相もいましたね。
混乱すると
意味が崩壊するのです。

こういうのも
たいていそうですから
本当は治るんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です