夏休み明けの子どもたちの自殺を防止するPTSD対策

内閣府の調査では

多くの学校で

新学期の初日にあたる

「9月1日」に

自殺した子どもの人数が

最も多かったことが分かっていますが

今年も

25日

群馬県沼田市で

中学校に通う男子生徒

東京・青梅市で

中1男子生徒

26日には

新潟市で

高校1年の女子生徒が

自殺しました。

いずれも

始業式前後です。

自殺されてから

学校でいじめがあったかどうか

調査しているようでは

どうにもならないですね。

20131105G239-211x3003

子どもたちを

発達障害などと見立てず

日ごろから

傾聴に務めるのが

スクールカウンセラーの役割でしょう。

山本太郎先生ご指摘のように

専門家は

きちんとPTSDを学ぶことが必要です。

(発達障害論はほどほどでいいと思います)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です