『狼に育てられた子』犬の乳飲むネグレクト児(2)はPTSDになるのか発達障害になるのか

南米チリの貧しい地域で

ほとんど服を着ず

犬の乳を飲んでいた

2歳の男の子が保護されました。

男の子は栄養失調と診断されていて

病院で治療を受けています。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

これは嘘で

自閉症か重度の精神病だったという話も出ていますが

(発達障害にしたかったのでは?)

母親がいなければ

母親の幻想を追い

クリックすると新しいウィンドウで開きます

(カモやアヒルは

最初に見たものを親と思いこみ

修正できない)

家庭に父性がなければ

クリックすると新しいウィンドウで開きます

父親代わりを追い求めるというのは

普遍的な真理です。

『源氏物語』の昔から

それは破綻のはじまりなのですが

今は

心配して

話を聴き

「あなたは悪くない」

「そのままでいいんだよ」と励まし

経済的な問題も解決してくれると思ったら

発達障害者に仕立て上げられ

薬漬けになってしまうという構図が

一番多いようです。

子どもの心身の健全な発育には

コンサータよりは犬の乳がいいですね。

牛乳を飲むという

不自然な大人も多いわけだし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です