『ユキの日記』も『思い出のマーニー』杏奈型PTSDで統合失調症は誤診

8歳の時から

(なんと敗戦直前の7月

大空襲の話から)

21歳まで日記を綴り

28歳で死亡した女性の日記です。

(自殺等ではない心不全)

 

「生まれながらに歓迎されない子」で

(PTSD発症リスク)

喘息発作が持病となり

自宅で過ごすようになりますが

家族関係の調整がなされず

20歳で

「分裂病」の診断名を受けた時には

かなりのショックを受けて

(当然でしょう)

混乱してゆき

21歳で

日記も中断してしまいます。

 

杏奈の喘息も

心因性でしたが

スキャン_20151219 (9)

blog_import_55b17a03984031

 

人間関係に恵まれていたので

マーニーに出会うことができました。

「目が綺麗と言われたってしょうがない」

「先生の目には表情がない」等

t02200101_0800036613110290308

45609f75797bab24d9b77fad297a5abe1-300x1621-300x1621-300x1621-300x1621-300x1621-300x162

杏奈と重なる表現モチーフも

随所に見られます。

 

閉じこもり生活であっても

(和製『アンネの日記』のような)

カソリックの家庭で

外国人の神父が家に出入りしていたので

語学が堪能で

哲学思想の難しい本も読んでいたのは

(出版当時は

知性の高さや文才のみが

評価されていたようです)

 

ダンテの『神曲』を原著で読んでいた

(読んでいただけですが)

翔君と重なります。

この家の庭もかなり荒れていましたが

(荒れた心を表現とジブリ)

人間関係に恵まれていたので

アリエッティに出会うことができて

元気を取り戻しました。

 

ユキも杏奈も翔君も

母親からの負の連鎖で発生した心身症ですが

人間関係がどうであるかに

予後は左右されがちです。

義務教育のうちに

PTSD予防教育をして

救済するしかないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です