ASKAさんら有名人薬物治療とこじらせ女子のPTSDマウンティング心理

ASKAさんが

有罪判決から

2年を経て

再び覚醒剤使用の容疑で

逮捕されたことについては

日本ダルク本部の近藤恒夫代表は

「逮捕は

治療を受けられる機会と捉えられるべきなのに

有名人の場合は

社会からバッシングを受けて

孤立を深め

再び薬物に走ってしまうのではないか」

 

国立精神・神経医療研究センターの

松本俊彦・薬物依存研究部長は

「薬物依存は

犯罪というより

慢性疾患と考えられるべきなのに

一般の人たちから

なかなか理解されない」と

 

概ね理解を示されています。

 

しかし

 

治療の基本となるのが

集団療法で

依存者がお互いに

経験などを話し合うので

特に有名人については

「周囲の目もあって参加が難しく

どうしても本来受けるべき治療が

制限されてしまう面がある」との指摘はどうでしょう?

 

昭和の断酒会の考え方のまま

発達障害を起こしてますよ。

 

yjimagezkmwl5wy

 

みなさんも発達障害ですか?

(違いますね)

 

集団療法で完治するのは

ほんの一握りで

たいてい脱落してゆきますし

アルコールは飲まなくなっても

PTSDの他の症状に苦しんでいるだけの人もいます。

 

PTSDの核心である

トラウマケアを不問にするからですね。

 

対人関係が下手で

コミュニケーションのとり方がわからないから

ちょっとしたことで妄想スイッチが入って

ごろつきコメントしてみたり

 

o0480048413790888035

すぐに逆上したり

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-43nvfc

いきなり怪文書とか

 

auto%e6%80%aa%e6%96%87%e6%9b%b8

 

普通の人には信じがたいことをするわけです。

 

サイバーストーカーidthatidが複数いるような

そんな怖ろしい集団で

なんとかしようという

発想自体が間違っているんじゃないかと思いますよ。

 

x 20161117-00010003-bfj-000-view

 

芸能人でなくても

こじらせ女子とかマウンティング女子とかだらけなので

集団療法は難しいのです。

 

 

ASKAさんら有名人薬物治療とこじらせ女子のPTSDマウンティング心理」への12件のフィードバック

  1. franoma

    「こじらせ女子」関連なので、こちらに書きます。

    ネット上のなんちゃって恋愛論です。
    http://ur0.biz/A9fx
    「尊敬できる」とは、能力の問題だと勘違いした記事ですね。こんなことで「恋愛」を論じるとは程度が低いと言えます。

    「無知の知」を知らないと、
    「バカ」「無能」だと思われたくないというコンプレックスの裏返しとして、上掲の記事のような表面的な「能力」で人を尊敬するようになり、
    家庭を持ってからも、「能力」によって主導権争いをするようになります。
    そういう女性が “dignity”( http://ur0.biz/A9g6 )によって、お子さまを制圧することが家庭教育と勘違いするので、母子関係が悪くなり、子どもから殴られるような母親になります。くだんの西洋白人女性も心理操作「能力」によって主導権争いを勝ち抜き、制圧したご子息から殴られるようになったと推測されます。

    上掲記事では相手の「内側もしっかりと見つめて」
    と書いていますが、見つめなければならないのは、相手の内側ではなく、自分の内側です。

    このような低レベルな内容で恋愛を論じるかぎり、話が合わないのは当然ですね。もう少し哲学か文学を読んだほうが良いかと思います。
    “dignity” によって、お子さまを制圧することが家庭教育と勘違いしている女性たちは、こじらせ女子=愛することよりも愛されることを求めているので関わり合いにならないほうが良い相手ですね。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      制圧とか野蛮なのは嫌ですね。
      やはり、おむすびころりんがいいです。

      返信
      1. franoma

        その野蛮さを誤魔化すために、杜撰な恋愛論、いい加減な家族論を展開している「専門家」がいるようですね。

        http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12225897446.html
        PTSD予防 and/or 克服には、
        セルフネグレクト強要を受容しないことがポイントなので、
        シャンパンタワーの喩えは妥当ではありませんね。

        シャンパンタワーの喩えでは、母親が我意を満たして、おこぼれを子どもにやる…という状況を含んでしまいます。母親が自分の都合でお子さまに対してネグレクトと心理操作をやりまくって済ませるなども母親が自分のシャンパングラスを満たすことを優先する「哲学」ですか、ただの「隠れ虐待」ですね。

        そうではなく、家族の構成員が皆「おむすびころりん」の哲学で共生するのが瑞穂のくにの基層文化です。

        セルフネグレクト強要を受容させる=心理操作や「隠れ虐待」を行なって抵抗できないように追い込み、ノンアサーティブな状態に陥れる…これを狙ってきたのがPTSD否認の(もしくは口先だけPTSDと言ってきた)「専門家」です。大学や研究機関を西洋白人ヒエラルキー固定のツールにしているわけで、くだんの西洋白人女性心理職ご夫妻のようにパワハラ&モラハラやりたい放題になることは必然です。大学の民主化なくして話が進みませんね。

        民主的ではない大学があってこそ、アベ政治をやるのに都合がいい「識者」が大勢、揃えられるわけです。そして、日本人には何をしてもいい、日本人は何をされてもPTSDにならない=PTSD否認=「日本人オーバーキル」( http://urx2.nu/A9pH )路線です。

        くだんの西洋白人女性心理職も、「日本人には何をしてもいい」というのをバッチリ実践なさってきたわけです。日本人の助っ人になる「高度人材」ではありません。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          もともとは「感謝」を基本にされている家庭に、専門家がこんなアドバイスをしてはダメですね。
          無下に拒絶できないのをいいことに、こんな記事まで書かせて、罪なことです。

          世間でも、専門家に気をつかわされ制圧されてるんですよね。

          最大利権の「象徴」として「シャンパンタワー」が出現し、このブログについてささやかれている背景を肯定してしまったような気がします。

          返信
          1. franoma

            「専門家」に気をつかわされておいでなのが見えるので、お気の毒です。
            大野裕医師も有害な「専門家」で、雅子さまに気をつかわされておいでなのが見えるので、日本人らしい日本人は全員がお気の毒です。日本人女性の代表(=集合的無意識を映す鏡)として雅子さまが最大級の被害をお受けになったのです。それがわからない香山リカちゃん、なんちゃって心理職&精神科医…orz( http://urx2.nu/A9SU )。

            そんなに「成功」して「地位」(=日本語版DSM監修者)と「カネ」(=看護師に認知行動療法をやらせて保険から引き出すカネ http://urx2.nu/A9RQ )をゲットしたい(←自由意思がある)のか?…ということで、
            「成功」( http://urx2.nu/A9Rg )とは何か?…考え直さないとダメですね。

            “to get” することに血道を上げず、自分本来のありかたを “to be” するのが「生きる」( http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin12.htm 解説よりも本編の回想→ https://youtu.be/qID_4BWk3eU )ということです。そうすれば、“To be, or not to be” ( http://urx2.nu/A9RC )がハムレットにとって “Nazo”( http://urx2.nu/A9Sp )になることはなかったでしょう。

            http://ameblo.jp/raingreen/entry-11259633311.html#c11881456330
            1. 面識はありませんが、著作で存じ上げています。
            『「気だてのいいひと」宣言!』は悪書です。「気立ての良さ」は宣言して “to get”して “to have”(獲得して保持)する機能ではなく、 “to be” つまり状態だから、宣言して頑張るのは根本的に間違っています。怒るべき場面や悲嘆に暮れるべき場面でもニコニコしようと「身体の声を無視」( http://amba.to/LbWp7S )してPTSDを発症します。それで脱法ハーブで気分を調整しようとしたり『「だましだまし生きる」のも悪くない』(©香山リカ)と言われて精神科に行き、→ http://youtu.be/tq2pzyhqXxw という方向に誘導されてしまいます。また、「被災者同士が妬み合い」( http://nkbp.jp/nVi2BB )などと被災者が悪いみたいに書いています。そういう状況に落とし込んだのは誰なのかは不問にして、目を逸らせています。
            あ* 2012-05-24 23:11:35

            こういうコメントをしたのも懐かしく思い出されます。あの頃はまだ愚息も中学生だったのでした。その愚息の宿題( http://urx2.nu/A9TP )も終わったかと思います。先ほども、私が死ぬ前に、あと何をして欲しいか、愚息に訊ねたところです。

          2. wpmaster 投稿作成者

            「五蘊盛苦」についての解釈に「あれれ?」と思ったら、コメント1とあり、読んでみると、お名前が!!!
            こういう活動は、これからますます必要になってくると思いますよ。

  2. franoma

    「五蘊盛苦」ということで、こちらに書きます。
    「あれれ?」と思われますよね、しかし、アリスパパ氏のお宅では、お弔いも神式だそうですし、大学でも私のように坊さんの弟子になったりなさらなかったようなので、「あれれ?」な解釈も仕方ないと思いました。

    五蘊盛苦については、
    「五蘊盛苦(ごうんじょうく)
    – 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと」
    と日本語ウィキの「四苦八苦」の項
    http://urx3.nu/AbM1
    に書いてあります。

    翠雨先生が仰る私のコメントは、
    http://ameblo.jp/sting-n/entry-12225897805.html#c12897873376
    No. 1 ですね。

    コメントタイトル:
    解離言動はトラウマの影

    コメント内容:
    「暴れるのは、五蘊盛苦で示されるように、自分の若さ(エネルギー)を持て余している」というのは、少し違って、
    トラウマが暴れての解離言動でしょう。

    あ*

    2016-12-06 03:49:51
    ===コメント内容おわり===

    昨日は、アリスパパ氏関連では、
    https://twitter.com/franoma/status/806045882986610688
    アリスパパ「アカシジアの見逃しが悲劇を生む」 ⇒
    http://ameblo.jp/sting-n/entry-12226208697.html
    …「カクテル処方により、その副作用リスクが指数関数的に増幅されている」
    5:01 PM – 6 Dec 2016
    とツイートして、ご紹介しました。

    ゼプリオン昇天注射事件が起きたとき、kyupin医師( http://urx3.nu/AbIU )はブログ記事が変でしたが、
    アリスパパ氏(= http://ameblo.jp/sting-n/ )は、ほぼ真っ当なことを書いておいででした( http://urx3.nu/AbJs )。

    ただし、アカシジアの記述(デイヴィッド・ヒーリーからの引用)は、
    「抗精神病薬の最も深刻な副作用として
    アカシジアの症状が現れることがある。
    外側からはよくわからない場合もあるが、
    緊張、イライラ、不眠、不安といった症状…

    …健康なボランティアにハロペリドールを服用してもらって
    その反応をみるという研究がキングらによって実施された。
    それによると、4mgという低用量で被験者の最高50%に、
    不安で落ち着かない、不安定な感じ、
    じっとしていられないなどの感情の変化が認められたという。
    被験者の中には、部屋にじっとしていることなどとてもできそうもないと感じた人も居る。と同時に、なぜそのようにじっとしていられないのか訳が分からなかったとも報告している。抗精神病薬を自分で試してみた精神科医の多くがこれと同じ体験をしており、これまでの一生で最悪に近い体験として記事にまとめた人も居る」
    とあり、こうした「アカシジア」状態は、
    カミュ『異邦人』( http://urx3.nu/AbKu )に出てくるように
    「殺人の動機を『太陽が眩しかったから』と述べた」ムルソー状態と同じことであり、刺激によって解離してしまうストレス脆弱性は、誰にでもあります。刺激は薬物による刺激とは限らないのです。そのストレス脆弱性が酷くなった状態を「不定愁訴」症候群と名付けていることもあるでしょうが、PTSDの視座からすれば、皆、同じことです。
     無意識に埋め込まれた中核トラウマが自覚できて悲しみとともに(意識できる)外傷的な体験として受容されれば、化学物質による刺激でトラウマが疼く=アカシジア状態のままで放置されることはないので、S先生( http://bit.ly/Ssensei )のところでは、こじれずに治癒へ向かうでしょう。
     その治癒のプロセスがいわゆる「神経症」とPTSDと地続きになるであろうことは、S先生の指摘で知り、S先生の真似をして私も岡野憲一郎先生の本に目を通しました。そもそも、神経症状態でさえない「健康なボランティア」にハロペリドールによる化学的な刺激を与えると人工的に不穏な状態を作り出せるので、その場合は、ほじくらなくてもいいトラウマが見つかるかも知れませんね。見つけて、どうするんだという話ですが。トラウマが一切ない人なんて、いませんからね。誰しもが多かれ少なかれ父祖から受け継いだトラウマがあるでしょう。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      早くから、薬についてどこにもない情報を提供してくださいました。
      とても有り難いことです。
      掲示板なんかもあって、たくさんの人が救われたと思います。

      不用意に光を見せられると、てんかん波が生じやすいそうですね。
      「啓示」でも受けたように勘違いすることもあるかもしれません。

      サインバルタの治験でも大学生の自殺者が出たんでしたね。

      返信
      1. franoma

        不用意に光を見て…という話は、実は、kyupin医師のブログにも出てきます。
        『精霊』
        http://ameblo.jp/kyupin/entry-10034904268.html
        「…あえて言えば、すべてのものが明るくなっていた。
        「光にまぎれて」という言葉があるが、あれだ。
        僕は、その部屋の調度品などが、みんな輝いていたと思う。

        教会から帰る際に、友人に精霊が降りていたような気がしたなどと言った時、本気にされないというか、変人扱いされたのは言うまでもない。

        その日、僕は自分は危険人物と思った。その日以来、僕は宗教には近づかないと決めたのである。そういうこともあり、僕は無宗教者なのである」

        こういう話です。
         しかし、そもそも無神論者のプロパガンダ要員であるドーキンスさんが『神は、妄想である—宗教との決別』と主張しても「あ〜あなたは、そう思うのね」(終わり)で片付けて良いことは、以前、
        翠雨先生のブログにコメント
        http://urx3.nu/Ac0B
        を書きました。
         要するに、kyupinさんは、哲学が弱いし、科学リテラシーも低いので、宗教に近づかなくても、初めから精神科医としては「危険人物」だったのです。

        実際、他者に投影( http://urx3.nu/Ac1L )しまくって、見苦しいばかりでなく、PTSDの世紀になった今では社会に害毒を流し続ける精神科医です。困りますね。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          興味深い記事です。
          そういう思考回路なんですね。
          コメント26に「精神科医は魂まで扱わない」とも書いています。

          返信
  3. franoma

    こじらせる寸前ということで、こちらに書きます。

    http://www.ca-girlstalk.jp/talk/detail/817370?adxarea=samebame-atp-ap-newtpcs&frm_id=v.jpameblo&device_id=3ee2f0edce644adf939c7fb56d0099a0

    「人間、生るるも死ぬるも一人」ということは、如何なることであるか考えて、無駄に悩まないように哲学を進めましょう。それぞ、PTSD予防につながります。…と書こうと一瞬、思いましたが、やめました。そんなことを言って、伝わる可能性があるのは、素直なお子さまだけなので。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      悩むべきことを突き詰めて悩むというのを好まない人が多いようですね。
      無駄な思考に逸れるのも1つの「依存症」なのでしょう。
      残念なことですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です