自傷と言えば「PTSD」なのに、 #知的障害 の1割に「抗精神病薬」

主に

統合失調症の治療に使われる

抗精神病薬が

知的障害児の

約1割に処方されているそうです。

 

医療経済研究機構などのチームが

健康保険組合加入者162万人を対象に行った

調査で

明らかになりました。

 

人口に対する

統合失調症患者の割合より

はるかに高く

ほぼ半数で

年300日分以上も薬が出ています。

 

「大半は精神疾患がないケースとみられ

知的障害児の

自傷行為や物を破壊するなどの行動を

抑制するためだけに

処方されている可能性が高い」とのことです。

 

 

 

 

私も

セレネースの断薬に

協力しました。

 

フラフラでひきこもりがでしたが

薬をやめたら

学校に行けるばかりか

クラブ活動で

大活躍でした。

 

子どもを薬漬けにするような

酷いことをするのが

 

blog_import_55b167524e473

 

yjimagezkmwl5wy

 

専門家たちという現実は

悪夢ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です