『銭天堂』ネット店主(39)ハルシオンPTSD解離販売で逮捕

インターネット上の掲示板に

ハルシオンなどの向精神薬を譲ると書き込んだ

館林市東美園町の

塗装業の女性(39)が

逮捕され

「販売して生活費に充てようと思った」と

話しています。

 

所持していた

数百錠は

心療内科を騙して

手に入れたものでしょうか。

 

 

ドクターラムネキットには

「銭天堂 あらす...」の画像検索結果

 

薬の瓶と

白衣

黒縁メガネが入っているそうですが

 

それで

 

「香山リカ」の画像検索結果

 

リカちゃん人形の真似の真似をすると

危険だという注意書きを読ませないのが

【解離】というものです。

 

PTSDは真似る病(ヒステリー)なので

逮捕者が出ても

この手口が繰り返されます。

 

 

 

4 thoughts on “『銭天堂』ネット店主(39)ハルシオンPTSD解離販売で逮捕

  1. franoma

    39歳で塗装業というと、神経毒にさらされて歴史的身体にダメージを受け、こじらせ女子型PTSD( http://bit.ly/kojiraseGirls )になった結果、心療内科に行くようになり、ハルシオンなんか神経毒にさらされた身体には効かなかったので余ってしまい、「必要な人に売ってあげよう」と思って(←気分は「フリーマーケット」で)お気楽に(=「頭お留守」で)ネット販売を実行したのかも知れませんね。

    リカちゃん人形=解離人格は、
    http://bit.ly/petitKairi
    人格の解離を診断できませんが、それでも
    “I am OK.” と主張し、職業倫理を守ろうという良心を解離したまま、
    来談者に「新型うつ」ラベリングをして、
    “You are OK.” ← ウソ。人生を組み立てるのには次のステージに移行する転換期=調整局面では「もがく」
    (=生存し続けるため「もがく」 “struggle for existence” ←「セルフ」への適応に向かって「もがく」のであり、「競争」ではない)ことは不可避です。
     ウソつきリカちゃんから
    「だましだまし生きるのも悪くない」
    http://urx.blue/CdRq
    と言われて騙されては困りますね。

    明治維新があり、海賊はやめて海軍になって、
    武力による対立になった際にも戦時国際法を守る国際関係を構築することにしたこと自体は間違っていたとは言えません。しかし、第二次大戦と、その後の展開によって「黄色いサル」( http://bit.ly/AsiatischeAffe )に対しては「戦時国際法は守られない」ことが明らかになりました。すなわち2001年911のようなショックドクトリンとセットの心理戦を展開して「騙し討ちにして良い」ことになっています。「殺しなさい、あなたも殺される…」というアングロサクソンたちですね。そのロンドンの動きに忖度して、何をされても日本人だけは「自己生産的なPTSD」=「発達障害」ということにしたのが神田橋ら精神科医です。一方、大野裕らはLahmさんを含め「黄色いサル」の “controller” 役を引き受けるためDSM日本語版監修者に取り立ててもらいました。雅子さまも動けなくして、次は愛子さまを潰す予定なのではなかろうかと推察します。神田橋らも大野裕らも、その腰巾着の公認心理師はじめ心理職たちも国際的に安泰ですね。そんなことを続けるのは明らかに人道上の罪ですけどね。
     日本語ウィキペディアの「戦時国際法」
    http://urx.blue/CdSx
    「背信行為」には、
    「赤十字旗などを揚げながらの軍事行動」ということが挙げられています。
    あの人たちは、医療の振りをして、以下2点の騙し討ち「背信行為」をやり続けます。
    (1)ロンドンの動きに忖度して、何をされても日本人だけは「自己生産的なPTSD」=「発達障害」論者たち、
    (2)Lahmさんを含め「黄色いサル」の “controller” 役を引き受けるためDSM日本語版監修者に取り立ててもらいました。雅子さまも動けなくして、次は愛子さまを潰す予定かもしれない「認知行動療法」推進者たち
    いずれも “psychological warfare”=心理戦争の担い手たちです。そのほかは、ほとんどが「T4作戦」を無自覚に展開している精神科医ですね。どちらさまも
    「赤十字旗などを揚げながらの心理戦争を遂行する軍事行動」
    をしているわけです。我が家に対しては、くだんの西洋白人女性心理職がその尖兵として攻撃を仕掛けたのでした。年端のいかない息子に「隠れ虐待」を率先して実行し、父子に対して心理操作をやりまくりました。大成功でしたね。国際的な勝ち組女性と言えましょう。頭のいい人は違います。

    ところで、記事にお書きの場所、館林市には、曹洞宗の茂林寺があり、分福茶釜で知られています。
     タヌキが化け競争をして茶釜になったところ、うまく元に戻れなくなってしまい、仕方ないので、綱渡りの見世物をして古道具屋さんに稼いでもらって恩返し…でも、半分、茶釜のまま暮らした無理が祟って、病死してしまいます。哀れに思った古道具屋さんは、茂林寺に運んで供養してもらった…ということになっています。
     その茂林寺には、第二次大戦の終わりにフィリピンにて全滅した工兵部隊の慰霊碑があります。フィリピン現地にも慰霊碑があります。
    http://www.manila-shimbun.com/award/%C0%EF%B8%E560%C7%AF%A1%A1%B0%D6%CE%EE%C8%EA%BD%E4%CE%E9%C2%E8%A3%B3%C9%F4%A5%EB%A5%BD%A5%F3%CA%D4/award155079.html

    フィリピンは海洋国家で、そこに住む人々には日本人と気が合う人が性別によらず大勢います。私も、欧州でも米国でも日本でもフィリピンの人たちから随分、親切にされもすれば、開発独裁にカネを出されると迷惑だとも言われて「それは、そうですよね、申し訳ありません」などとお返事しつつ、じゃあ、どうすれば良いか?…ああでもない、こうでもないと話をして「あなたに文句を言っても仕方ないけどね」と言われたり。今、フィリピンも麻薬マフィアに如何に対処して、社会の腐敗=PTSDの温床を減らしていくのかが問われています。日本も同じですね。

    「旗幟を鮮明にせよ」(“Show the flag”)と言われたら、
    五色の吹流しを掲げて、上述のように
    「赤十字旗などを揚げながらの心理戦争を遂行する軍事行動」を続ける人々に抵抗しましょう。館林は、こいのぼりも沢山、作っています。
    http://www.rurubu.com/review/list.aspx?SpotID=12648
    今月末から「こいのぼりの里まつり」だそうです。
    http://afun7.com/archives/7902.html
    こちらに詳しい案内があります。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      ネットにおかしなことを書き込むのは、フリーマーケット感覚なのでしょうね。
      普通の人はいくら匿名でもそんなことをしないものだと思います。
      違法スレスレのぶんぶく茶釜の綱渡りです。

      ぶんぶく茶釜のお話はおもしろいですね。
      『正法眼蔵』に出典らしき巻があります。
      idthatidなんかも化け競争に参戦していたのでしょう。
      Lahm21さんも駅弁祭りさんも夢見るはにわも利用され騙されて被害に遭い、ブログをお引っ越しされました。
      それらの魂を供養すべく、まとめて発表してゆくのが私の勤めだと思っています。

      鯉のぼりのご案内もありがとうございます。
      もうその準備に入っているわけですね。
      お寺にも五色の布はよく幡めいています。

      返信
      1. franoma

        「自分でないものに化ける」=「アイデンティティのでっち上げ」を努力と思い込み、
        化け競争=生存競争ということにしている教育者や心理職が世界中に大勢いますので困ります。
        化け競争の果てに、うまく元に戻れなくなって病死したら、それもPTSD死の一種ですよね。

        idthatidさまがご自分について
        「心理支援をする善良な専門家」という「アイデンティティのでっち上げ」を行い、
        Lahm21さん、駅弁祭りさん、夢見るはにわさん…を巻き込んでしまったのは罪なことです。
        被害者の皆々さまの供養が必要ですね。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          学会に対し手当たり次第に怪文書を送っては、供養の妨害をしているらしいです(;_;)/~~~。
          所属先はご存知なんでしょうかね。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です