新潟の会社員(38)がPTSD解離自殺に選んだ豪華列車「四季島」🚉

午前3時40分ごろ

JR東日本の

豪華寝台列車

「トランスイート四季島」が

新潟県五泉市馬場町の

JR磐越西線を走行中

 

新潟市西区上新栄町の

会社員男性(38)と衝突

現場付近に約2時間半停車しました。

 

運転士は

「人が横たわっているのが見えて

ブレーキをかけたが間に合わなかった」と

話しています。

 

「車輪の下」の画像検索結果「歯車芥川龍之介」の画像検索結果

 

無意識的に

見えない大きな歯車に吸い込まれて

亡くなる人が絶えません。

 

大きな歯車とは何でしょうか。

 

「トランスイート...」の画像検索結果「トランスイート...」の画像検索結果

この車両は

木材や和紙など

日本の伝統的な素材の内装で

桧風呂があったりします。

 

製造費は

上野駅の専用ホーム「13.5番線」や

専用ラウンジなどの整備費を加えると

100億円以上だそうです。

 

お金が動く

日本的なるものに病巣があるという

(伝統文化はよいものですが)

メッセージでしょう。

なんとなく

昨日の事件と

連動しているような気がします。

 

「厚労省局長刺殺」の画像検索結果「厚労省局長刺殺」の画像検索結果

(厚労省の長(元医師)ですからね)

 

 

殺人があれば

自殺もありますから。

 

「氷河鼠の毛皮」の画像検索結果「宮沢賢治」の画像検索結果「表が鼠の毛皮」の画像検索結果

 

経済も大事だけれど

「無法はやめろ」ということですね。

 

 

「安倍政権崩壊カ...」の画像検索結果「公認心理師」の画像検索結果

 

 

安倍政権の置き土産「無法」ですが

受取拒否は

誰にでもできますよ。

 

新潟の会社員(38)がPTSD解離自殺に選んだ豪華列車「四季島」🚉」への8件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    翠雨先生のブログ記事から
    「安倍政権の置き土産『無法』ですが
     受取拒否は
     誰にでもできますよ」(©翠雨先生)という部分を引用し、
    というのがPTSD予防&克服への道に踏み出すポイントです。
    拙ブログ記事
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12301189637.html
    を書きました。そこには、
    「現在、臨床心理士も公認心理師も精神科医も「治らないように」頑張っている人たちが多数派なので、関わり合いになるとPTSDがこじれますので注意が必要です。来談者は、自ら「治る」選択をする責任があるのです。」
    と書いておきました。

    返信
  2. あ*=franoma

    ご提示のパブコメ
    http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170114&Mode=0
    ですが、締め切りも過ぎていますし、そもそも、こうしたことの判断基準たる
    「エビデンス」を基にした医療の提供という際の
    エビデンスが「なんちゃってエビデンス」でありながら、学会の “dignity”
    http://www.google.co.jp/search?&q=“dignity”+site:.ptsd.red
    によって守られ、
    大学はハコモノで、人民制圧のツールでしかないので、どうしようもありません。
    公認心理師法は、何とか廃棄したいと私も思いますが、どういう政治的なプロセスを経れば廃棄できるのかは、政治学の専門家、法律の専門家(←検察、裁判官、弁護士…)と相談して、道をつけるしかないでしょう。

    返信
    1. あ*=franoma

      補足です。
      翠雨先生のブログ記事で “dignity” を検索した結果を参考に入れましたが、これでは、ワンクリックで行けないので、短縮形を作りました。
      http://bit.ly/DignityAsIdiot
      要するに、「頭お留守」で権威になるのは、ただのバカということです。

      身も蓋もない話で、どうも、すみません。

      返信
    2. wpmaster 投稿作成者

      締切は明日ですが、方法論的に難しいというのはわかります。

      返信
      1. あ*=franoma

        締め切りは明日でしたね、
        http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170114&Mode=0

        エビデンスを基にした医療の提供という際の
        エビデンスが「なんちゃってエビデンス」でありながら、学会の “dignity”
        http://bit.ly/DignityAsIdiot
        「頭お留守」で権威になる=大学人…なので困ります。
        「頭お留守」で権威になった人々が患者の人権蹂躙を積極的に進めてきました。

        翠雨先生がお書きのように、
        「PTSDを癒そうと働く自己治癒力が、その人に幻覚や妄想をもたらしたりはしますが、まともな支援者は、それを否定も肯定もしません。」
        これは、仰るとおりで、先日、我が家の愚息にも転換性歯痛が出て、素人目にもフィジカルな歯痛ではないので、当人の希望により、一応、かかりつけの歯科医で受診したのち、経過観察をしているだけです。どうして、その歯が痛んだかなあ…なんて話をして親子は似る…とか言って、とりあえずは終わりで、岩宮恵子教授や大阪大学の現象学者、kyupin医師などが行う「障害の固定」は、やりません。障害は固定せず、動いていく状態像を自他ともに観察・記述して、トラウマ受容に向かう=自然治癒の道からズレたときだけ、そのズレを修正するように介入するのが支援というものです。

        障害は固定せず、動いていく状態像を自他ともに観察・記述して、トラウマ受容に向かう=自然治癒の道からズレたときだけ、そのズレを修正するように介入するのが支援というものです。…ということは、別に私の発案ではなく、普通の人は皆、そう考えるものです。
        http://bit.ly/KonjikiYasha
        患者さんの人権蹂躙は、医療の名に価しませんので、やってはなりません。
         ところが、精神科医や心理職が積極的に患者さんの人権蹂躙を進めてきて今があります。私の父は、がんで落命しましたが、その際、兄の当時の配偶者が心理職で、患者である父の人権蹂躙を「ホスピス」の美名のもとで奨めました。(長年、暮らしてきた)自宅での看取り態勢を形成していたのに、それを壊そうという「善意」の介入です。自宅での看取りは大変でしょ、ホスピスに入れれば=患者さんの人権蹂躙をやってもバレませんよ?…ということです。そうした「親切ごかし」を受け入れて、ホスピス商売や牧畜精神医療、安楽死=屠殺ビジネス、尊厳死=自殺幇助ビジネスにお金が落ちるようにする仕組みを公認心理師制度として結実させることになったように見えます。部外者が見ると、そう見えるということです。
         一般国民からすると、そう見えるというだけで、政策立案プロセスの透明性がありませんので、なぜ、そんな変なことをすることにしたのか、普通の人には理解できません。
         このような状況で、公認心理師制度を運用するために「公認心理師法施行規則(案)」を出されて、パブコメを募集されても、
        「政策立案プロセスの透明性を確保する」
        ことには全然、繋がりません。「政策立案プロセスの透明性を確保する」ことなしに大学を含めた教育制度をいじると、前川前事務次官が指摘されたような諸々の問題が噴出する結果を招き、「何もしないほうがマシだった」ことになるでしょう。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          もっと平易な言葉で大々的に宣伝すれば、被害にあった子どもたちも、経験に基づく貴重な意見を投稿できるのにと思います。
          『投稿しないでね~』と聴こえてきそうです。

          フタを開ければ、臨床心理士たちの感涙で、大洪水だったりして(^.^)/~~~

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です