#日本ユング心理学会 ( #JAJP )は電気ショックPTSDの夢を見るか?

 

9月3日の研修会の

参加者が少ないとのことで

締め切り延長の

お知らせメールが来ました。

 

ユング派の資格は昔からあって

精神分析医の資格以上に

(フロイト派)

自負心が強いものだったのですが

 

 

2つめの資格もできていたみたいです。

教授と准教授みたいな関係でしょうか。

 

そして

今後は

臨床心理士の資格以外に

公認心理師の資格も取得するのでしょうか。

 

資格は更新制なので

こういうところに

しょっちゅう出入りして

ポイントを集めねばならず

大変でしょう。

 

研修会での話題はいろいろですが

「病態水準」を再考しようという

分科会もあります。

 

 

臨床心理学は

アンチ精神医学だったので

 

「診断」しないのを旨としていたのですが

(診断しなくても

きちんと傾聴すれば

自己治癒力で治るし

間違うとレッテル張りになって

病理を固定させてしまう)

 

「境界例」が増えてきたころから

(神経症と精神病のあいだ)

「あれ」では

何を指しているかわからないので

「人格障害」等と呼ぶようになりました。

 

その後

ハーマンが

それは

虐待を原因とするPTSDだと主張し

DVシェルターでも

『心的外傷と回復』が読まれていたわけですが

 

ユング派が

そういうのは

重ね着症候群で

実は「発達障害」だったとか

 

象徴が使えてないとか

主体性がないとかと片棒を担ぎながら

発達障害の偽の流行を

支持してきたわけです。

 

そもそも

ユングという人こそが

統合失調症のような経過を辿ったあとに

その壮絶な体験を

『変容の象徴』等に

昇華させたわけですが

 

自伝を読めば

容易にトラウマエピソードが浮かびあがってきます。

 

まずは

ユングだけは

ぬいぐるみをかぶった発達障害ではなく

PTSDでもなく

正真正銘の統合失調症だったと

証明する必要がありそうですね。

 

 

タイトルは

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』人気SF作品

『発達障害は張り子の羊の夢を見るか?』ユング心理学者の遊び

からでした(^.^)/~~~

「アンドロイドは」の画像検索結果

 

 

#日本ユング心理学会 ( #JAJP )は電気ショックPTSDの夢を見るか?」への2件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    ユングは、自らの障害を固定しなかったということで、こちらに書きます。

    とっつぁん頑張れ( http://bit.ly/2w5nwE0 )ということで…
    「男性であることは体に悪い」(© 内田樹)のは、
    男性制圧(あるいは男性性の制圧、父性の制圧)こそがフェミニズムの真髄だという勘違い(=PTSDによる認知の歪み)に囚われた人々が(いわゆるLGBTも含め)性別、年齢、人種、民族、国籍によらず、大勢いるからでしょうね。それに加えて
    「患部特定・病巣摘出」型の問題解決」(©内田樹)で、
    http://www.tatsuru.com/diary/2003/03.09.html
    「すっきり」したい日本人が多数派になったため、
    「人間狩り」(←ピーター)
    http://www.uta-net.com/movie/86414/
    を日本人の子どもたち全員に行うことにしたようです。
    https://duckduckgo.com/?q=%E5%B0%B1%E5%AD%A6%E6%99%82+%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E6%A4%9C%E6%9F%BB&t=ffsb&atb=v60-5__&ia=web
    各地の震災や福島原発事故などで一時的に観察される障害を
    「特別支援」( http://bit.ly/tokubetsu4en )によって
    「障害の固定」( http://bit.ly/2x7WCbh )に持っていく狙いがあるものと推察されます。
     このことは、日本人庶民全員への「経済制裁」とセットで推進します。
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12301674238.html
    安倍ちゃんのお友だち以外は、人権が認められない時代ですから。
     このような状況は、内務省が日本国民を制圧していた時代にもあったと聞いていますので、トラウマの再演なのでしょう。

    上述の拙ブログ記事にコメント No. 11
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12301674238.html#c12949728524
    をメリーさんが書いてくださいました。わかりやすいと好評ですので、
    皆さまに一読をお奨めします。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      ピーターさん、こんな歌を\(◎o◎)/
      「本当の自分を見るのが怖いから」って歌ってますね。
      『風と木の詩』のジルベールも、「正気」になるのを回避するのに必死でした。

      「嵌め殺しの窓」って、なぜこんな怖いネーミングなのか不思議でしたが、「人間狩り」「症状の固定」と、集合的無意識において、関連していたのでは?と思いました。

      あとで振り返ればわかることって、多いですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です