「聖なる象徴」ガマ荒らしの 少年ら遺族に謝罪でPTSD予防教育

少年らによるガマ荒らしの事件で

72年前の沖縄戦で

「集団自決(強制集団死)」が起きた

沖縄県読谷村波平のチビチリガマ

 

 

保護観察処分を受けた

少年4人が

チビチリガマを訪れ

「やってはいけないことをしてしまった」と

反省の言葉を述べ

今後チビチリガマの歴史を継続して学ぶ姿勢を示しました。

 

学校では教えているでしょうが

不登校も少なくないので

何らかの方法で

伝えてゆかねばなりませんね。

 

大切な場所は荒らされやすいということもあるでしょう。

英雄気取りの勘違いも容易に起こります。

PTSD問題には

象徴性があるから

傷つきを変容しようとすることに関わる問題

よいものも悪いものも引き寄せてしまうのです。

 

少年たちも

癒したい傷があるから

ガマに近づいたのでしょう。

 

「禁じられた遊び」の画像検索結果

 

牧師に激怒された子たちもいました。

戦争孤児のPTSDを癒やす儀式でしたが

やり方がまずかったのでした。

 

「聖なる象徴」ガマ荒らしの 少年ら遺族に謝罪でPTSD予防教育」への4件のフィードバック

  1. franoma=あ*

    アメブロのほう
    https://ameblo.jp/raingreen/entry-12334450211.html#cbox
    にコメレスいただいた件の続きです。

    「直接、顔を合わせないからか、その場での発言は大変無責任な発言となる。
    それは、最近問題になっている車に乗ると急に横柄になることと似ている」
    とお書きになっています。その件は、「裏窓」さんは、大学仕込みの “stalker” と書いたメッセージにも引用した社会現象です。大学仕込みの “stalker” さんが私どもの生活現場にまで乗り込んでおいでになりました。

    車に乗ると急に横柄になる現象は、
    https://ameblo.jp/tricolorlanguage/entry-12321701756.html
    記事にて取り上げられていて、私もコメントしました。蒸発しましたが。
    コメントタイトル:
    なるほど、“road rage”

    コメント内容:
    Road rage fury
    https://thewest.com.au/news/wa/road-rage-fury-bc-5464033457001
    ===コメント内容おわり===

    このfuryは、ラテン語 furia から来ているので、
    山下太郎先生に教えていただきましょう。
    http://www.kitashirakawa.jp/taro/?s=furia
    「復讐感情の迷走」状態であり、PTSD症状ですね。
    「八つ当たり」として相手を間違えて「復讐」をするケースも含まれます。すなわち、 
    http://bit.ly/HuntsvilleShooting
    はじめ無差別殺人です。

    http://www.kitashirakawa.jp/taro/?p=8389
    「ミノタウルス」=牛
    「ユノの神殿にはアエネアス自身の体験(=トロイア戦争)が描かれるのに対し,ダエダルスの扉絵には神話的エピソードが語られる」
    「アエネアス一行にとり,目の前の神殿は現実に存在するものであるが,ダエダルスがこれを建てたかどうかについては何ら確証をもたない.fama(6.14)の語はこのことを示唆する(9). だが詩人は扉絵の描写を進めるうちに,感情移入を始める(間投詞 miserum (21)に注意).とくに,この描写の最後の部分おいて,絵に描かれていないイカルスの悲劇に触れ,「汝もまたイカルスよ,父の悲しみが許したならば,これほどの作品の中に大きな部分を占めたことだろう.ダエダルスは二度息子の悲劇を黄金に彫り込もうと試みたが,この父の手は二度とも地に落ちた.」(6.30-3)と締め括る.イカルスへの呼び掛け(10)は臨場感を高め,この言葉がアエネアスの心中を代弁しているかのような印象を与える.噂として聞いていたエピソードはもはや噂ではなく,絵を刻もうとして刻めなかった者の悲しみが(アエネアスおよび読者の)心の中でまざまざと蘇る.だがこのときアカテスがシビュッラとともに現れ,叙述は現実の世界に引き戻される.」
    「冥界の神々に祈りを捧げることにより,自ら「暗黒に覆われた出来事を明らかにすること(pandere)が許される」と考える.pandereには真実を明らかにするという含意が認められる(13).」
    「ダエダルスもミノス王の支配を逃れ (fugiens)クマエの地に着くと,アポロへの感謝を表してその神殿を建立した(32).」←解離性遁走の後、「神さま」の居場所を「確保」したわけですね。
    「ウェヌスが舞台を去った後,アエネアスはユノの神殿に近付いていく.だがこの神殿を「細部に渡り打ち眺め」(1.453 lustrat…singula),そこに見出された絵の中に「順々に」(1.456 ex ordine) 描かれた出来事を見るにつけ,アエネアスははからずも涙にむせぶ (1.459 lacrimans).なぜなら,そこで見たものは,ほかならぬ「自己の体験」=「トロイア戦争」の絵であったからだ.アポロの神殿の扉絵は,そこに描かれる出来事の体験者その人-ダエダルス-が刻んだものであるが,ユノの神殿にはすでに全世界で語り継がれる「噂」(1.457 fama)となったトロイア戦争の出来事が描かれる.また,その真実性は「その場に居合わせた者」アエネアスの流す涙が証明するであろう.」←流言飛語ではなく同時代人として共有した人類史レベルのPTSD現象を隠蔽せず(=被害をなかったことにせず)、被害者を差別せず、被差別者を棄民させないように生き抜く。被害の真実性は「その場に居あわせた者」…の「流す涙が証明するであろう」そうして、「偽記憶」攻撃でジュディス・ハーマンがやられ、それを悪用して、くだんの西洋白人女性心理職らが我々に総攻撃をかけた十年を超える大惨事を経た今も、我々は、
    「泣いている場合ではない」から「冥界の神々に祈りを捧げることにより,自ら「暗黒に覆われた出来事を明らかにすること(pandere)が許される」と考えます。
    それは「羊が虎になる」話ではなくて、口先だけPTSDとか言いながら、年端の行かない子どもに「隠れ虐待」と心理操作をやりまくるのは、人道上の罪であることを人類レベルで確認し、
    「誰の子どもも殺させない」
    ことを目指しましょう…というだけのことです。私どもは、誰も銃乱射をやるようなことはありません。殺し合いには参加しませんから。

    駅弁祭りさんは未成年ではなく「子ども」という年齢ではありませんが、心理職さまが大学へ戻るように指導なさったそうなので、我が家の息子が西洋白人さまからやられたことと似ています。我が家の息子も、まだ日本では未成年でも、欧州では成人年齢ですが、
    「誰の子どもも殺させない」
    ことを目指しましょう…というときは「子ども」です。子孫という意味で。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      アメブロの方へもありがとうございました。
      知っていることをそのまま書けずもどかしいのですが、書かれていることはよくわかります。「棄民させないこと」それが容易ではないようです。
      神話の扱われ方が具体的に書かれていて感動しました。刻もうとして刻めなかった苦しみをどうするか、そこからが重要で、困難であるけれども、踏みとどまればどのように光が差すのか、こういう心霊上の事実を深く共有できればよいのだと思います。
      おかげさまで居ながらにして「最近問題になっている車に乗ると急に横柄になる」という時事ネタにもついてゆくことができました。
      自ら「裏窓」と名乗り、ネット上で複数に恫喝し、個人情報がわかれば生活現場にまで乗り込んで行ったという事実だけで、もうどこから見ても典型的なストーカーです。
      駅弁祭りさんにしたことも奇想天外、酷い話ですよね。心理職のすることではありません。

      返信
      1. franoma=あ*

        仰るとおりです。

        ダエダルスもミノス王の支配を逃れ(fugiens ←解離性遁走)クマエの地に着くと、
        アポロへの感謝を表してその神殿を建立」=解離性遁走の後、「神さま」の居場所を確保したわけです。ちなみに、愚息の父方の祖母は、孫が生まれる前、“Apollo”という命名を提案しました。

        https://ameblo.jp/blueingreen1/entry-12328640473.html
        『記事の削除、自分に理解のできない他人の意図を個性と捉えるか過ちと捉えるか』
        にコメント No. 10 で書きました。
        「世界は深い、昼が考えたよりも深い」(©︎ニーチェ)というお返事をいただきました。
        https://youtu.be/3UOsg2_hc7g
        “Sunrise, Sunset” /『屋根の上のバイオリン弾き』

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          教えていただいた箇所をさらに読み込もうと思っています。

          真摯なやり取りのなかにApolloが浮上、ネトスト祓いになっていて、とても宗教的です(^_-)-☆

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です