月別アーカイブ: 2018年1月

鹿児島の男子中学生がPTSD解離性無差別殺人未遂で逮捕される。

今月7日

鹿児島市で

女子高校生をナイフで刺し

殺害しようとした

男子中学生は

「誰でもよかった」と供述しているそうです。

若い女性を狙うのは

抵抗されにくいから

「殺人願望」の画像検索結果

 

殺人願望を実行に移してしまう若者が出てきています。

解離性障害

 

「殺人願望」の画像検索結果

 

犯行前に

twitter等に書き込んでいたりするものだから

PTSD予防教育を徹底すれば

悲劇は回避できるのに

なぜしないのでしょう?

 

「公認心理師」の画像検索結果

 

この準備で忙しいからですね。

資格にしか関心がない人たち

 

慶大生に続き高2の少年が父親殺害PTSD解離性負の連鎖の悲劇

父親(44)を包丁で殺害した

横浜市金沢区に住む

高校2年の少年(18)が逮捕されました。

 

「(父と母の)けんかを止めようとして

刺したのは間違いないが

殺意はありませんでした」とのことで

 

「慶大父親殺人」の画像検索結果

 

慶大生の事件と酷似していますね。

 

「伝染るんです」の画像検索結果「インフルエンサ...」の画像検索結果

 

 

新幹線は岡山駅でPTSD解離立ち入りのため遅延中

16:43頃

岡山駅構内で発生した

線路内立入の影響で

相生~新倉敷駅間の運転を見合わせています。

 

 

自殺者数は

遺書がないと変死扱い

変死も調べれば向精神薬が出て来る。

今も増加中で

推定10万人とか…。

 

 

PTSD予防いたしましょう。

 

慶大生(20)今度は古典的にPTSD解離性「父親殺し」で逮捕

慶応大学経済学部2年の学生が

18日夜

大田区の自宅マンションで

父親(58)の腹をナイフで刺し

殺人未遂の現行犯で逮捕され

父親はまもなく死亡しました。

 

「4人一緒のところも見かけるし

仲がいいご家族だと思っている」と

近所の人は証言していますが

 

母親の連れ子である弟の服を

酔って帰宅した父親が勝手に使い

喧嘩しているのを見て

「感情的になった」そうです。

 

単なる服も

人間の所有するものですし

象徴的な意味において

「解離」したのでしょう。

 

「慶応PTSD」の画像検索結果

事件の多い慶応で

また塾長さんは

大学のサイトで謝罪させられるのでしょうか。

 

「慶応PTSD」の画像検索結果

 

「慶応PTSD」の画像検索結果

 

現金な間違いを犯す傾向があるようですが

隠蔽しようにも

 

「父親殺し」の画像検索結果「小此木啓吾」の画像検索結果

 

小此木啓吾のいた大学では

無意識も

さすがに古典的な表現となります。

 

次は

どんな事件の発覚で

我々をあっと驚かせてくれるのでしょう。

 

その前に

精神分析を取り戻し

PTSD予防教育をした方がよいと思いますよ。

 

小室哲哉もPTSD性難聴で引退へ

音楽プロデューサーの

小室哲哉(59)さんは

都内で

記者会見を開き

 

不倫騒動の責任をとる形で

「僕なりのけじめとして

引退を決意しました」と

発表しました。

 

globeのボーカルだった

KEIKO(45)さんが

2011年に

くも膜下出血で倒れて以来

 

献身的にリハビリを支えきたものの

「大人の女性としての会話のコミュニケーションが

日に日にできなくなって」

「3年ほど前から

疲れ始めてきたことはあったと思います」と吐露

 

「2017年の夏前

突発性難聴に近い状態になりまして

今も左の耳がほぼ聞こえないです。

原因不明ですが

ストレスによるものだろうと診断されました」と

説明されました。

 

 

「メスメル」の画像検索結果

 

失聴は

精神分析が生まれる前に

流行った

ストレス性心身症の1つで

ヒステリーと呼ばれた時代もありました。

 

「TMS」の画像検索結果「メスメル」の画像検索結果

 

相変わらず

もとい最先端の?!

怪しげな治療が

注目されたりするところは

今も変わりませんが

 

当研究所では

ストレス性心身症は

箱庭で対応しています。