『夏目漱石の妻』神経衰弱(PTSD)なら看病しなきゃ!

夏目漱石は

親に捨てられたという激しい恨みから

PTSDを発症したようですが

 

診察した

呉 秀三は

日本精神病学の創立者

東大教授

神経過敏による神経症で

追跡妄想を伴う。

イギリスで発症したが

留学のストレス等は

単なるきっかけであり

素質的に「因子」があったと説明します。

遺伝だから不治

 

それを聞いた妻・鏡子は

知覚過敏くらいで

お手伝いさんらにまで

あんなに悪態をつくかと反発しつつも

子どもたちも怯えて近づかないほどのDV夫ぶり

 

自分が原因なら離縁するしかないと苦しんでいたが

「病気なら看病しなきゃ」と大喜びして

退室します。

 

『精神病者私宅監置ノ實況及ビ其統計的觀察』の

「わが邦十何万の精神病者は

実にこの病を受けたるの不幸の他に

この邦に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」で

有名な医師を相手に

 

 

「呉秀三」の画像検索結果

 

 

「夏目漱石の妻」の画像検索結果

 

 

なかなかですね。

 

病を看ると書いて

看病と言います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です