「チベットの死者の書」がん患者の自殺とPTSDの負の連鎖予防のためのヴィジョン研究

あるホスピス医は

「ホスピス」の画像検索結果

 

がん患者は

他の病気の患者よりも自殺することが多く

 

「PTSD予防」の画像検索結果

死の恐怖のため

ホスピスで

がん患者を診察し続けていれば

いつかは

自殺する患者を目の前で診察する日が来ると

心のどこかで思ってはいたものの

 

現実になってみると

その衝撃は

即座に心の深くまで到達したと言い

 

患者の自殺は、残された人たちの心を壊す

負の連鎖についても報告しています。

 

ある末期の肝臓がんの男性は

入所2週間後に

自分の肝臓めがけてナイフをつきさし

まるで手術のメスのようにきれいな線で

腹部の表面から内臓のぎりぎり外側(腹膜)だけを切り

大出血することもなく

(結果的にですが)

医者にがんを確認させたというのは

意識と無意識が不思議な状況である

【解離】心理によるものだろう。

 

「自分で病気を治すために、自分で腹を切った」

「もういいんや、生きていても仕方がない。

どうせ死ぬのなら、早いほうがみんなにもいいんや」と

矛盾する感情を吐き出し

「陰陽」の画像検索結果

 

興奮しているためか

腹部の痛みは感じていないようだったそうです。

リスカして

こころの痛みが置き換わり

すっとするとは聞きますが

 

自殺場面に遭遇した

パートナーの女性に対しては

心のケアをしようと心に決めました」とのことですが

PTSD予防のこと

短期間だったようで

半年経っても

以前のような穏やかな明るさは回復せず

「あの病院にはもう近づきたくない」と

 

「PTSD回避」の画像検索結果

この病院に近づく必要はないですが

病院や医療を「回避」するようになると

困りますね。

 

話していることを人づてに聞いたそうです。

 

ベテラン看護師の女性は

その時いつものような冷静さを失い

一度に沸き起こるいろんな感情を

受け止めきれないようで

無言で下を向いて泣いていましたが

 

気づいてあげられなかったという罪悪感から

部屋に近づくだけで動悸がするようになり

部屋の中に入ることができなくなり

仕事もできないほどで

「心的外傷後ストレス障害(PTSD)によるフラッシュバック」という

「深刻な状態」で

いったん仕事を休み

精神科の診察を受けることになりましたが

助けにならず

催眠療法を得意とするある霊能者のもとで

不思議な体験をして

 

「亡くなった後

部屋には多くの天使がやってきて

包帯で体中をぐるぐる巻きにした。

そして天使たちからきちんと治療とケアを受けて

今は自由な状態にある」

 

落ち着きを取り戻していったそうです。

 

「ナウシカひかり...」の画像検索結果「ユング ビジョ...」の画像検索結果

 

よくはわかりませんが

とことんまで悩み抜いたときに

ふつふつと浮かび上がるイメージから

何か哲学的な答えをつかむことで

回復してゆくというのは

 

心理療法の源流であるシャーマニズムや

ユング

ジブリのお得意とする分野です。

 

 

できれば

ガン告知の段階で

こころのケア(PTSD予防)が徹底されるといいですね。

「チベットの死者...」の画像検索結果

 

その事例研究が集まると

チベットの死者の書みたいになるんじゃないかと

チベットのPTSD予防教育

私は思います。

 

「チベットの死者の書」がん患者の自殺とPTSDの負の連鎖予防のためのヴィジョン研究」への16件のフィードバック

  1. スコーン

    日本に居る身内が癌告知を受けた時の事
    ドラゴンは直ぐに医師に「癌患者やその家族のグループセラピーは無いの?」って聞きました
    そしたら、その先生は「イギリス在住のドラゴンさんらしい質問ですね」って…..そして、「以前は あったみたいだけど、日本には根付かなかったみたいですね。文化的な背景が違うのか、自分の内面を人とシェアするのは苦手な人が多いからね」と言われた事を思い出します

    そして、そのミーティングが終わってから、身内の一人が「他の患者や家族と情報交換してもガンが治る訳じゃ無いからね」と言われた事

    今 思えば、ドラゴンの養育環境がまさにCPTSD環境であった事を再確認出来るやり取りでした

    なんかイミフな内容かも….

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「以前は あったみたいだけど、日本には根付かなかったみたいですね」という感じみたいです。
      その「以前」も一瞬でしたが?

      日本人は、公的なセラピーには期待しなくなったようです。
      やっと叶ったのがスクールカウンセラー制度ですから。

      死後にしても、仏教には「法事」があり、お葬式から始まって7日毎に集まり、間隔は変化するものの、何十年後も続けながら、真っ黒な喪服の色がだんだん変化してゆくような文化があったようですが、今は忘れられています。

      返信
      1. あ*=franoma

        同じお医者さんの記事から
        「自宅での看取りを、美談にしてはいけない」
        https://www.buzzfeed.com/jp/takuyashinjo/zaitakushihabidanka?utm_term=.jerV8K86DV#.noE4KWKdP4
        「6割の人達ができるだけ自宅で療養したいと望んでいます。しかし、最後まで自宅で療養したいと考えている人は1割しかいません」
        なぜなら多くの人達は、介護してくれる家族に負担がかかることを一番に案じるからです。その負担とは、介護する家族の身体や時間の負担だけではなく、亡くなった後の心の負担もあるのです。

        自宅での看取りを、美談にしてはいけない。

        私はこの母娘を通じて、目の前の亡くなりゆく患者の治療だけではなく、残される人たちの未来の心情と生活を想像し、診療するようになったのです。

        ——抜き書き終わり——

        ここを読んで思ったことは、ヒトが出てくる現象学は必然的にPTSD現象学になるので、「心・技・体・生・死」を視野に入れなければ始まらないということです。ホスピスを奨めてくる人は「心」が欠けていて「技・体」だけのことが多く、技術のある専門家の元で身体医がいる安心なホスピスで、余命が短い人どうしのピアカウンセリングに持って行こうというのが多いので困ります。

        「平穏死を子々孫々、繋いで行こう」というのがPTSD予防&克服への唯一の道だということが抜け落ちているのです。誰しもが早晩、死んでいくわけですが、病気になったら病の善用を祈りつつ、緩急自在を目指して修行し、自分に可能な社会参加を続けることがポイントです。このことは、看取られる人と看取る人の両方に言えることであり、双方ともが “individual”(=個人)としては「私に今、できることは何だろう」と考えつつ日々を生きるのみです。教育・医療・福祉を業務として行なう立場になくても、人生を組み立てるには「心・技・体・生・死」を視野に入れて、生と死も考えるから子々孫々平穏死を繋いで行こうとするわけで…今の「専門家」多数派に騙されてアメフラシ状態になったらダメに決まっていますね。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          ありがとうございます。
          4月に書かれた同じ人の文章は参考になります。

          自宅で完璧に満足できるお見送りは容易ではないという事実は、重く受け止めなければなりませんが、プロ集団のホスピスでも、それは同じであるということも併せて考えねばなりませんね。
          キリスト教系の一部のホスピスなどは、ちょっと違うかもしれませんが、宗教哲学の深さが問題になってくるのだと思います。
          タイトルの「美談」というのは、【投影】的欺瞞ではないかと感じました。

          返信
          1. あ*=franoma

            「タイトルの『美談』というのは、【投影】的欺瞞ではないかと感じました」か、そうですよね…
            美談にする自己欺瞞は我々には元々ないのですから、そんなことを言われてもね…と思いました。

          2. 翠雨 投稿作成者

            こころが複雑骨折起こしそうな暴力行為です。
            ホスピス医なのに(;_;)/~~~

    2. あ*=franoma

      傍から失礼します。

      「自分の内面を人とシェアするのは苦手」というのは偏見ではないかと思いますよ。「自分の内面を人とシェア」して西洋白人から騙し討ちにされた「アヘン戦争」のトラウマが蔓延しているだけでしょう。
       実際、我が家でも、なんちゃって心理職の兄の前妻がホスピスを奨めてきたわけですが、は〜何言ってんの、家族で看取りの態勢になっているのに…という感じでした。我々は町医者家族として生と死を見つめてきたので、私は小学生のときにチベットの死者の書を買ってもらい、熟読しました。
       困ったことに、「アヘン戦争」パロディからスタンフォード監獄実験へ( https://bit.ly/2JcBsn3 )…という人類史レベルの心理戦争が展開されて今があるわけですから、この観察事実を人類社会で共有し、PTSD否認による不幸=PTSD負の連鎖を止めることが大事です。人類の福祉のために。

      返信
      1. スコーン

        そっか、内面をシェアした事で傷ついた経験のトラウマですねーそのトラウマを否認してるから根付かなかった….と修正するべきですねー今からその先生にメールしておきます

        やっと願いが叶って実現したスクールカウンセラー制度なのに、前記の記事内容の様に スクールカウンセラーの問題解決手段が「隠蔽」になってしまう状態では これもトラウマ化してしまって根付かなくなってしまうのでは?って感じます

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          いつか「臨床心理士」が国家資格となり報われる日が来るかもしれないと盲信し、時代に翻弄された「巨大悪徳商法」の被害者たちの成れの果てです。
          ものはついでとばかりに「公認心理士」に乗り換えるあざとさは醜いですね。

          返信
        2. あ*=franoma

          まあ、問題の隠蔽に余念がない上に、ウソつきですから、観察主体を手放していない正常な日系男児からは見放されていますね。

          残るのは、日本人をアメフラシ状態にしようと頑張っている創価さんだけでしょうか?

          一刻も早くスクールカウンセラー制度を廃止して、困ったお子さまが自発的に来談できる場(←学校と無関係な児童館など)に未成年向けカウンセラーを配置すると吉でしょう。

          返信
  2. スコーン

    「チェルシー=自由奔放」なんですね
    ずっと「チェルシー=お金持ち」のイメージを持ってました 笑笑

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そういうイメージも\(◎o◎)/!
      大卒後のキャサリン妃も生活していた高級住宅街ですかφ(..)メモメモ

      返信
      1. あ*=franoma

        お金に余裕があるか?は、問題の核心ではなく(お金?を含めて)フェティシズムに陥っていない「自由な状態」にあるということでしょう。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です