ジャネット・ジャクソンも劣等感や差別でPTSDではなくうつ病になるアメリカ

米歌手の

ジャネット・ジャクソン

(Janet Jackson)(52)は

 

兄の故マイケル・ジャクソン

(Michael Jackson)が

うつと不安症を抱えていたこと

重度の睡眠薬依存症で死亡

 

自らも

うつとの「激しい」闘いに苦しみ

克服した経験を語りました。

 

「うつは

執拗で恐ろしい症状だ。

確かに

強そうに見えた

「灰谷健次郎」の画像検索結果「灰谷健次郎」の画像検索結果

灰谷健次郎も

兄に自殺されたPTSDで

苦しみ放浪したが

それを神経症と呼んでいた。

 

幸い

私は抜け出す道を見つけることができた」

「闘いは激しかった。

とにかく延々と

うつの原因は何だろうと分析していた」とのことですが

 

 

子どもの頃に抱えた劣等感や

社会における人種差別・性差別が

関連しているとわかったそうです。

 

これらは

こころの傷に関することなので

うつというのは

 

「PTSD予防」の画像検索結果

PTSDのうつ症状ですね。

気持ちが落ち込む≠うつ病

 

 

 

自殺したケイト・スペードさんも

5年間にわたり

うつ病と不安神経症に苛まれていたと報じられています。

いつの間にか

うつは

うつ病治療の入り口に

 

「ケイトスペード」の画像検索結果「ケイトスペード」の画像検索結果

 

PTSDが

 

日本では大人の発達障害

「大人の発達障害...」の画像検索結果

 

アメリカではうつ病と

誤診される傾向のようです。

 

 

ジャネット・ジャクソンも劣等感や差別でPTSDではなくうつ病になるアメリカ」への28件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    アメブロのほう
    https://ameblo.jp/raingreen/entry-12385629958.html
    にコメントしてコメレスも戴き、ありがとうございます。

    ごちゃごちゃ推敲なく書き殴りで、申し訳ありませんでした。
    推敲しますと…
     順天堂越谷病院で私は「軽症うつ」診断ですが、ナンセンスではないか?…と思います。くだんの西洋白人&腰巾着さま達から愚息が「隠れ虐待」&集団ストーカー行為による心理操作&教育操作をやられて、「バカだなあ。彼奴ら全員、グルなんだよ」と言うようになってしまう経緯で、意気消沈をしたら「軽症うつ」ですか? …冗談も休み休みにして下さいと思います。その人は、筑波大学出身なので、「やっぱりね…」ということです。
     医学書院から出ている『そのまま使える病院英語表現5000』第2版(2013年)みたいな問診ですから困ります。流石、メリーさんのご家族がいらしてダメだっただけのことはあります。
     改善が必要でしょう。
    2018/06/22 21:40:46

    ということです。

    拙ブログ記事
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12385595940.html
    に記録しました。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      いつもいろいろと貴重な情報と解説をありがとうございます。

      意気消沈された事実は全く不問ですからね。こんな目に遭えば誰だって意気消沈しますよ。
      おかしな診断名をつけた専門性だけではなく、人間性が疑われます。
      メリーさんもそれを確認されてよかったです。
      病院は、外から批判される前に、改善するといいですね。

      返信
  2. ドラゴン?

    「PTSDが日本では大人の発達障害」

    ちょうど今週の宿題にヒットする箇所です
    なぜ、トラウマ経験が発達障害と誤診されるか…

    やっぱり国によってCPTSD患者の特性の傾向が違うのを痛感しますードイツは何だろー?
    イギリスはBPDかな?

    返信
    1. ドラゴン?

      因みにドラゴンの日本語に関わるトラウマ体験は5歳の時でしたので ドラゴンの日本語能力の成長は5歳で止まったままなのですーですからネット相談で発達障害と誤診断をされたのです

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        5歳で止まっているかどうかは別として、誤診した人は、相手の日本語能力にすら関心がなかったのではないかと推測します。
        悪名高い心理検査でも、言語以外の能力をみますし、生活背景を考慮し、それなりに総合的に判断します。
        日本では診察室に入る前に診断名が決まっているように、ドラゴンさんの質問を読む前に、発達障害と言おうとしていたのではないかと思いますよ。

        返信
        1. ドラゴン?

          マスメディアにドクターが洗脳されてしまってる状態なのですね

          昔、日本でHIVのコンセプトがやたらマスメディアで取り上げられていた頃、日本に一時帰国をしていました
          その時、体調を崩し内科を受診ししたら、そのドクターに「外国に行っていたのなら AIDS 検査を直ぐに受けるべきだ」と言われた事があります
          それと同じ事ですね

          返信
          1. 翠雨 投稿作成者

            そんな感じだと思います。
            杓子定規で失礼ですよね。
            とてもわかりやすいです。

    2. 翠雨 投稿作成者

      日本国内でも、流行があります。
      ずっと昔にBPDが問題になり、新薬売出しの頃に新型うつ病、バイポーラとか統合失調症の小さな流行もありましたが、今は発達障害が多いのではないでしょうか。
      しかし、これは患者さんの特性ではなく、恣意的につくられた流行です。

      ヒステリー(被暗示性が高く迎合してしまう)傾向と、あきらめさせられている部分が大きいように思います。

      返信
      1. ドラゴン?

        流行のコンセプトにDrが恣意的に当てはめようとするのは悪い癖ですねーそれもCPTSDの特性でしょうか?

        どして ドラゴンが「 特性」と言ったのかを書きますね
        ドラゴンが今習ってるCPTSDのコンセプトの捉え方がコンプレックストラウマ(maladaptive system)を持った人の特性から理解しようというものですーすげ〜たくさんの特性がありすぎて特性とは言えないんじゃないか?って思っちゃう時がありますけど…ーでも、それらの特性は名前のつけられている精神障害の症状と一致しますーまたまた上手く説明できないのが辛いのですが、CPTSD患者の特性が脳病以外の全ての精神疾患に匹敵すると主張するおじさんの教えを学習しているドラゴンなのですーハマってしまってるかも….

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          悪い癖ですね。
          CPTSDの特性かどうかはわかりません。
          受験勉強に過剰適応する中で、成功報酬に条件づけられた行動特性ではあると思います。

          精神障害の症状とトラウマを持った人の行動特性は確かに一致し、見分けがつきにくいのですが、専門家なら鑑別診断すべきところです。
          そこを病院がサボっているのが大問題ですね。

          まずは、そのおじさんの主張にどっぷりハマり理解されることが正しい答えを見つけ出すきっかけになると思われ、期待されます(^_-)-☆

          返信
          1. ドラゴン?

            訂正します
            Maladaptive system ポイントだではなく、
            Adaptive syste,
            Hyper vigilance ,
            Distress intolerance,
            FFF まで、全ての苦痛のレンジでの思考&行動特性からCPTSDの理解….が正しいですー間違った事を伝えたら怒られてしまうところでしたー失礼いたしました

          2. 翠雨 投稿作成者

            ありがとうございます。
            苦痛を感じる段階にも、このようにいろいろあるわけですね。
            こういう視座自体も読者の役に立つと思います。

          3. あ*=franoma

            傍から失礼します。

            「受験勉強に過剰適応する中で、成功報酬に条件づけられた行動特性ではある」…
            主体性のある学びができていない人に出てくる行動特性ということですね。主体性のある学びを手放さない我々日本人理系人を「異質な他者」として攻撃目標にしてくるのは、そういう連中のコンプレックスなのでしょう。
             Fランク大学の女子学生が学部4年生にもなって普通に英語論文が読めないくらい低レベルの癖に、学科のペーパー試験だけは点数が取れる人だった所為で天狗になったのでしょうか、私に対してだけでなく、指導教員のKさんにさえ理不尽に突っかかったり、観測現場にても足手まといにしかならなかったり…という具合で、研究室では困った人でした。就職できて幸せになっていると良いと思いますが、さて、どうでしょうか。

          4. 翠雨 投稿作成者

            観測現場で足手まといというのが気になりますね。

        2. あ*=franoma

          傍から失礼します。

          “mal-adaptive system” というのは、主体性のある学びを手放してしまい、表面上、適応がいい人たちですよ。そういう連中が臨床心理士や精神科医、公認心理師になり、主体性のある学びを手放さない日系男児を攻撃している…というのが世界全体の構図です。

          つまり、人類史レベルで長年、展開されてきた心理戦争の一部でしかないわけです。

          返信
          1. あ*=franoma

            補足です。

            専門の論文が読みこなせない様子は、明らかに勉強不足または数学リテラシーや科学リテラシーの低さを示しているのに、ペーパーテストだけ出来る学生さん…は、
            「歪んだ適応力を発達させた」ケースという意味で、
            「歪んだ適応力を発達させる制度」
            ドラゴン?さんがお出しの表現:
            “mal-adaptive system” の犠牲者かな?…と推察しました。

          2. ドラゴン?

            Franomaさんへ
            「“mal-adaptive system” というのは、主体性のある学びを手放してしまい、表面上、適応がいい人たちですよ。」

            ですから、CPTSD環境なのですよね

  3. あ*=franoma

    https://bit.ly/2KgfXRW
    へのお返事です。
    観測現場だけではなくゼミなどの研究現場でもダメで、ペーパーテストだけ出来る学生さんでした。専門の論文が読みこなせない様子は、明らかに勉強不足または数学リテラシーや科学リテラシーの低さを示していると思いました。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      客観的には失敗していることが多いのに、根拠のない自信が不思議ですね。
      どのように維持しているか、今現在どうなっているのか、とても興味深いです。

      返信
      1. あ*=franoma

        実は、彼女のようなケースは、まだ私が大学院時代に既に日本でも米国でも存在していました。特に、米国は、“affirmative action” があって、女性や性的マイノリティーに対する不当な扱いについては被害を受けた学生が話を聞いてもらう受け皿として相談窓口も設けられていました。しかし、“affirmative action” そのものがアリバイ的な運用をされていて、ボスに「都合のいい」女性を入れることがあると言われていました。大学院時代に手をつけて(=女にしてやって)学位を取らせて講師に採用するなど…
        そんな「歪んだ adaptive system」の犠牲者がキレてしまった結果が
        https://bit.ly/HuntsvilleShooting
        なのかも知れませんね。先日、ツイッターで性差別のアンケートを流していたので、性別は不問にして “affirmative action” が何故うまく機能しないのか?…話し合ったほうが良いのではないかという趣旨のコメントをしました。上述のような米国の惨状を聞いてから四半世紀以上、経っています。果たして改善の見込みはあるのでしょうか?
         観測現場だけではなくゼミなどの研究現場でもダメで、ペーパーテストだけ出来る学生さん、専門の論文が読みこなせない様子は、明らかに勉強不足または数学リテラシーや科学リテラシーの低さを示しているのに「自信がある」のは、ペーパーテストだけ出来るから、女性教員とトラブルを起こしても、男性の学科長などが「女どうしだから上手く行かない」などと女性教員に言いがかりを付けて、庇ってくれるからではないでしょうか? 観測現場でダメだと観察した女性指導教員も、専門の論文が読みこなせていないと観察した私も、彼女の目からすると「敵」なのでしょう。
         学科長モラハラ&パワハラ親父がペーパーテスト以外はダメな女子学生をスポイルしたと言えます。しかし、そのモラハラ&パワハラ親父も、女にしてやって学位を取らせる…ところまでは腐っていませんでした。あ〜あ…という感じです。日本でも、女にしてやって学位を取らせようとしたケースを
        翠雨先生のブログで拝見して、他所さまのブログ記事
        https://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/cmt/d529d97bfa3fcc8b7298698ac5b2c9f3
        にコメントしたことがあります。

        学問なんか、どうでもいい職場においては、ボスの寵愛を受けて、案外、出世しているかも知れませんね。幸運を?祈ります。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          相談というものは、失敗に終わることが多いわけですね。
          その事実を大前提に考え直さねばと思います。

          確かに上手く立ち回れば、自信もつきますね(;_;)/~~~

          返信
  4. ドラゴン?

    翠雨先生&Franomaさん
    おはようございます

    ワールドカップ&次男の帰宅のせいでなかなか自分の頭の中を切り替える事が出来なかったドラゴンです

    翠雨先生の「相談」に関してドラゴンが感じてる事を書きます

    言語を使っての心理相談はマジに難しいです
    あらゆるカウンセリング理論が展開していますけど、ああいうのは頭が良い人だけが出来る技であり、ドラゴンのようなおバカさんにはそのクライアントさんとしての機能は果たせないと思ってます

    心に問題を抱えてお金を払って相談に行く人たちは答えを貰える事を期待して行く人が大多数ですー或いはアドバイスを受けようと言う目的ーでも、実際にはカウンセラーにそんな芸が出来るわけがないから 自論を展開して制圧的な態度に出てしまう事になると思ってます

    自分をカウンセラーの前で究極のmodest/innocent モードに置いたとしても、正直言って、ドラゴンの心の奥底には「おめーらに私の何がわかるの?」という思いがあるのですーですから、答えを期待して相談に行くのは間違った相談の仕方だと思ってます

    って、またまたイミフな事書いてるドラゴンですー明日は お久しぶりなカウンセリングに行くドラゴンですー言う事整理しておかなくちゃ…..

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      まあ、そういうことですね。

      古来から、基本は瞑想や座禅で、落ち着いて自分で考えるわけです。
      それが難しいからと、他人が介入すると、その人のせいにして問題をはぐらかそうとすることも可能です。
      なので、治療場面を整えるような理論に人気があるのだと思います。
      明日お会いになるセラピストさんは、そういう意味でも達人なのでしょう。

      返信
      1. ドラゴン?

        どうでしょう?
        メルが達人かどうかはわかりません….
        でも、ドラゴンにとって彼女の存在はドラゴンの心の動きを言語化する為のスポークスマンだと思ってますー言葉に変換して貰って自分の感性を再認識するみたいな…..(なんか、どこぞのカウンセリング理論の教科書に書いてあるよーな…)

        瞑想?‍♀️座禅で自分の心の問題を言葉に出来る人は頭いい人限定だと思ってますードラゴンは自分の感性を言語化出来ませんから….感じる事が出来るだけですーその度合いが普通の人よりも過敏なのかもしれないですけどね

        そだ、Franomaさんが maladaptive systemに色々と触れて考えて下さっていますが、それに関してはもうちょっとドラゴンの中で整理させて下さいー思考回路がワールドカップにハイジャックされてますので….

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          そういうことができている人も、そんなに多くないみたいで有り難い(あるのがむずかしい)ことだと思います。
          瞑想や座禅も言葉ではなく直観なので、そんなに遠いものでもないとも思いますよ。

          返信
  5. ドラゴン?

    「客観的には失敗していることが多いのに、根拠のない自信が不思議ですね。」

    Franomaさんが仰る様に その彼女は maladaptive system の完璧適合者だからその自信をキープ出来るのだと思います

    今やってる宿題なのですが、今のCPTSD環境に完璧に順応出来る人はCPTSDを発症しないーmaladaptive systemに適応してる人々は 自分の欲求を偽って日々を送っている人々であるー別の言い方をすれば、自分の欲求を満たすコカコーラの代わりにペプシコーラを飲んで自分の欲求を満たした気分になるみたいな日々を送れる人々はCPTSDを発症しないと……チキショーセネガルゴール….ー ですから、偽りの欲求を満たしている限り彼女は自信を持ち続ける事は可能でしょうーもし、何か問題が生じて 依存症にでもなっていれば、その時に初めて自分の欲求がニセモノの欲求=欲求を満たすツールが間違っていた事に気がつくはずーでも CPTSD否認の現状ではそれをする事が難しいーいえーい!日本ゴール!now 2-2 !ー依存症が脳の病気である限り自分に向き合うチャンスはやって来ないからですーって、宿題の内容をここでリフレーズしてしまったドラゴンでした

    返信
    1. ドラゴン?

      Maladaptive systemの完璧適合者=CPTSD環境適合者= 健常者環境への不適合=CPTSD患者という事を言いたかったのです

      返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      なるほど…φ(..)メモメモ

      「偽りの自己」ですか。
      自分の中で引き裂かれてますね。そして、依存症から抜けられない人は多そうです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です