PTSDの不思議「無我なのにトラウマとはこれ如何に❓」

「PTSD予防」の画像検索結果

 

こんな風な

PTSDのメカニズムで

ご理解いただき

まことにありがたいことですが

 

トラウマって何❓と訊かれるようになりました。

 

いやいや「こころの傷」でしょと

正しくは「こころの傷」のようなもの

たとえ話であって

具体的に見えたら重度かも💦

 

「マーニーpts...」の画像検索結果「マーニーpts...」の画像検索結果「ビジョンユング」の画像検索結果

ジブリやユング参照

「マーニーpts...」の画像検索結果

反射的に答えましたが

 

このこころの傷という比喩が

クセモノなのだと

やっと理解できました。

 

たとえ話だらけの

宗教や心理学の問題なのですが

たとえも言葉を使って行いますから

はじめに言葉ありき

 

適切な言葉を使わねばなりません。

 

精神分析で広まったわけですが

もともとはトラウマ=外傷

「フロイト年代」の画像検索結果

いつの話❓

当時はそれでよくても

賞味期限が過ぎて

腹痛を起こす人が続出…

 

トラウマでいいかどうかという

大前提に立ち返らねばなりません。

 

「PTSD陰陽五行説」の画像検索結果

 

そもそも

仏教では

「無我」でした(;_;)/~~~

無我は仏教の根本原理

イロハのイ💡

我はないのですから

こころはない

本来は

ここがミソです💡

傷つきようがありません。

 

「一休さんとら」の画像検索結果

 

一休さんもそう言ってますし

 

「般若心経」の画像検索結果

 

般若心経にも

「五蘊皆空」と書いてありますから

 

傷じゃ納得できないという場合もあるのでしょう。

直観タイプには無問題

思考タイプには大問題

「ユングタイプ論」の画像検索結果

河合隼雄は

ユング心理学を日本流に翻訳する必要があると言ったけど

私くらいしか取り組んでない💦

フロイトまで遡る必要があるかもしれませんね。

 

傷ではない言葉がみつかれば

治療論もわかりやすくなるし

PTSDへの無理解も

減るかなぁと思うようになりました。

 

 

PTSDの不思議「無我なのにトラウマとはこれ如何に❓」」への42件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    確かに、ドラゴン=スコーンさんは、
    「傷」という表現に引っかかり、
    “injury” と “wound” の弁別に意味がないという話をせねばなりませんでした。その件は、
    拙ブログ記事
    『“injury” と “wound” の弁別に拘泥することはナンセンス』 | あ~どうしたものか
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12377544373.html
    を書きました。このことは、孔徳秋水さんが
    「復讐感情の迷走もPTSD症状だ」ということが理解できず、そういうのは「悟りを開いた者に迷いなどあり得ないでしょう」と言うのに似てるんで…という御返事だった( https://bit.ly/2MO4TsC )ことと同根なのでしょう。

    idthatidさまは、英語も日本語もできない困った人のようです。
    英語ができないのは、その言動から見え見えなので論を待たず、
    多分、日本語もできないので、
    (1)非情のアベ政治=日本人オーバーキル路線の受容
    (2)悲心の天皇皇后両陛下
    と書いたとき、意味が理解できなさそうです。
    30年ほど前になりますが、ミュンヘン日本語補習校において
    有情、無情、非情
    有心、無心、悲心
    の違いを説明するに際して、
    『ああ無情』であって、
    『ああ非情』ではない。
    なぜだか判りますか?
    子どもたちは、無心に掃除をしたのであって、
    子どもたちは、悲心に掃除をしたのでもなく、
    子どもたちは、有心に掃除をしたのでもない。
    ここが、こうした漢語による日本語表現のキモです。
    …と
    http://ptsd.red/2016/11/06/『セラピスト』ショッピングの最相葉月が選んだ/#comment-14898
    にコメントしました。
    有情、無情、非情
    有心、無心、悲心
    有我、無我、非我
    このうち
    「有我」とは – 日英固有名詞辞典 Weblio辞書
    https://www.google.co.jp/amp/s/ejje.weblio.jp/content/amp/有我
    「非我」は、フィヒテのいう “Nicht-Ich”。
    私事でアレですが、愚息が “King Arthur” のアリアを「無心」に歌ったり、バイオリンを「無心」に弾いたり、「無心」にDTMをやったりする際に、上述9つの表現
    有情、無情、非情
    有心、無心、悲心
    有我、無我、非我
    で「無我」以外に当てはまるものはないのです。すると、必然的に昇華への道を行くので、周りの大人は私を含めて、如何にして子どもの足を引っ張らないようにするか?…考えるしかないのでした。甘やかしてスポイルしていると勘違いをされますし、子どもにはレールを敷いて走らせろ…という
    https://ameblo.jp/acolovesyou1119/
    のような御仁もおわします。彼女とは、会話が成立しませんでした。

    返信
    1. ドラゴン🐲

      こんにちは😃
      ホントはスコーンが大っ嫌いなドラゴンです

      そうなんです
      ずっと自分で「心の傷」が何を意味するのかが理解出来なかったーどうしてDr Sが心の傷と表現しているのをFranomaさんやメリーさんは簡単に理解出来るのか?というのがドラゴンの大きな疑問だったのですーずっと自分の中ではドラゴンの日本語能力の問題だと思い込んでいましたーなので、トラウマの定義&意味を理解するために北米のトラウマ研究家を追いかける様になり、次第にComplex Trauma にハマって行ったら、言語の問題ではなく日本語のトラウマの説明が不十分である事に気がつきましたーComplex Traumaの大部分はsubtle type のトラウマである事を知ったら自分の中核トラウマが何となく見えてきて気分が楽になっていく感覚がありました

      弁別する必要のないwound的トラウマが ドラゴンの言いたかったsubtle type のトラウマですー確かに治療においてwound or injury と別ける必要は無いのですーでも、ドラゴンのsubtle typeのトラウマを見つける事はかんたんでは無かったし、「心の傷」という定義だけでは見つける事が出来ませんでした(「心の傷」では 自分のトラウマにビンゴ感覚が無かったのです)

      なんか またまた イミフなコメント内容になってしまったのですが、これがドラゴンのインスタントな感想です

      返信
    2. ドラゴン🐲

      晩発性ー遅発性ー複雑性PTSDの違いの解説ありがとうございます

      しっかりドラゴンのスタディブックに保存しました

      返信
  2. あ*=franoma

    http://ptsd.red/2018/07/04/ptsdの不思議「無我なのにトラウマとはこれ如何に/#comment-16146
    ドラゴン🐉さんが
    「ずっと自分で『心の傷』が何を意味するのかが理解出来なかった」のは、
    日本語でいう「情動」
    =“émotion”(フランス🇫🇷語)
    ← émouvoir 🇫🇷 (琴線に触れる、突き動かされる)という状況に際して「(あって当然の= logical)emotion が観察されない」=「心が疼かない」場合、「何に如何なる問題があるのか?」というと「疼かない心に瑕疵がある」=「心の傷」という文学的な表現になると理解できます。kyupin医師は、“logical emotions” が欠けています。敗戦後、同胞女性が戦勝国兵士に強姦されたなどの「外傷に対する正当な怒りと憎しみ」がなく「従順な属領」になった日本には、極めて多いタイプです。末田耕一医師の表現では「状況を変える機会(複数)があるにもかかわらず、他者に搾取・虐待・利用される関係に自発的に留まる」精神症状ということです。この表現は、いか論文に出てきます。
    https://researchmap.jp/mulf9x5mu-1864488/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=44871&metadata_id=80973
    短縮形
    https://bit.ly/USAbused

    「状況を変える機会(複数)があるにもかかわらず、他者に搾取・虐待・利用される関係に自発的に留まる」精神症状を「病的」と認識しない=「PTSD否認」状態です。当然、日本人の公民権運動を進めることは出来ず、正常な子どものほうを異常だと言い募り、攻撃対象にしてくる西洋白人&腰巾着たちが暗躍するわけです。これは、我々の被害妄想ではありません。くだんの西洋白人女性は、実際に「隠れ虐待」を実践した「アングロサクソンの妄想性障害」=精神障害者であり、妄想性障害の周囲に信じさせる力を発揮して、陰陽混乱状態にあった夫を巻き込んで一緒に「隠れ虐待」を実践する加害者型PTSDにフィックスしたのです。
    グーグル検索
    https://www.google.co.jp/search?q=“妄想性障害の周囲に信じさせる力”+kmomoji1010
    をなさってみてください。

    返信
    1. ドラゴン🐲

      Franonaさん、翠雨先生
      おはようございます😃

      「心の傷」の解説ありがとうございます♡

      文学的解釈で「心の傷」を理解する事は 現実生活では難しい事だと思うのです

      学校の国語のクラスでシェイクスピアを読んで直ぐにその行間に含まれる意味が理解出来ないのと同じ様に リアルな世界で傷つく現場に居合わせてもそれが心の傷になっているかどうかは後から解る事ですーしかも、それが心の傷に相当するか否かは 人と比較したり、何かの一定のクライテリアを持ち出してその出来事が心の傷に相当するかを決めなくてはならない…..しかも、その違和感を実際に感じるのは相当な時間が経過してからの方が多い

      「心の傷」の解釈が余りにも第三者的ジャッジメントで説明されてて、自分では判断出来ない事の様なイメージがあるのです

      もちょっと 主観的感性に直結する様な言葉を使って「心の傷」の説明が必要だと思うのです

      ドラゴンが 一番初めに見た日本の精神科医のブログ記事です
      https://ameblo.jp/kyupin/entry-10534213964.html

      自分の問題に向き合う一番初めにこれを見たので今は凄く遠回りした感じです

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        「心の傷になっているかどうか」というその「心の傷」の様相が不明だと、その後に起こった原因不明の(トラウマと思えば原因があるわけで、ややこしい💦)不調があるかどうかしかなさそうですね。
        kyupinさんも2010年頃は意気軒昂だったのですね。コメント欄でS先生も名指しで批判されてますが、立場は逆転してますね。
        専門家なのに、遠回りさせるのは罪なことです。

        返信
        1. ドラゴン🐲

          日本語ワールドで、ずっと「心の傷」というコンセプトが不可解なのは 馬鹿だからだと思ってたんです

          以前、ネット相談の精神科医に自分のショックだった経験を伝えた時に「それは心の傷には相当しません」とキッパリ宣言された事があったし….

          また、Kyupin先生はトラウマを持ち出す様な精神科医はプロではない….みたいな事を書いてたし….

          そして、他の日本の精神科医も「自分の心の傷がわからないなんて馬鹿じゃない?」みたいなことを匂わせる記事を書いてたのもその理由の一つです

          「心の傷」が意味する事を確実に把握出来なかった事=日本に自分の治療の場を見つける事を諦めた理由の一つなのかもしれません

          一番の理由はドクターイエローの拒否だったのですけどねx

          ずっと、 「心の傷」に関して???不可解???のまま、自分の問題解決を目指そうとしてたのだ

          返信
          1. 翠雨 投稿作成者

            ドラゴン🐲さまが馬鹿なハズはないのに、本当に失礼いたしました。
            本邦発の不届き者たちに成り代わりましてお詫び申し上げますm(_ _)m

            これらトラウマに関する専門家たちの発言は、貴重なアーカイブスですね(^_-)-☆

  3. ドラゴン🐲

    翠雨先生が謝らないで下さい
    先生はドラゴンの?不可解な事?をキチンと読み取って下さったじゃないですか…

    多分、この事がドラゴンが言葉に出来なかった事の一つだと思うんですー先生がキチンと受け止めて下さって、記事にまでして下さいましたー♡感謝♡ーこれって 目標達成の一環ですよね(20%くらい目標のフィルアップは出来たかもしれないって思ってます)

    ドラゴンは そういう不可解な事を日本国外でも解決策を探す選択肢があったけど、日本だけの選択肢しかない人達は薬/発達障害/脳病セオリーで説明して解決策を見出すしか無かった訳ですよねー結果的に国家的abandonment ですねーさっき、お勉強してたトラウマ特性の一つに相当しますー「CPTSDの人はAbandonmentを異常に怖がる」ーこの特性からリカバーするには10年はかかるらしいー人の思考活動は全てトラウマなのですよねートラウマを無視した精神科治療なんて有り得ない….と考えられる様になったドラゴンは少し成長したかもしれない(14歳から18歳くらいになってるw)

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ありがとうございます。
      実際は月に代わってお仕置きしてます…💦

      日本では選択肢が少ないですね。
      しかし、ないことはないので、諦めずにここぞと思われる場所を探して真摯に交渉するといいと思いますよ。
      既存ではない新しい方法が創造され続けているのは確かです。

      返信
      1. あ*=franoma

        http://ptsd.red/2018/07/04/ptsdの不思議「無我なのにトラウマとはこれ如何に/#comment-16149

        「『心の傷』の解釈が余りにも第三者的ジャッジメントで説明されてて、自分では判断出来ない事の様なイメージがあるのです」か…

        “The Soul Cages” ©︎ Sting

        Sting -The soul cages (1991)
        https://youtu.be/LIGtjCcdtr0

        籠の鳥&アメフラシ状態にならず
        https://www.google.co.jp/search?q=アメフラシ+site:.ptsd.red
        短縮形
        https://bit.ly/2HrfAyA

        かと言って依怙地
        https://www.google.co.jp/search?&q=依怙地+語源
        短縮形
        https://bit.ly/2zgAnWI
        にもならず
        Sting – Fortress Around Your Heart (Option Two)
        https://youtu.be/OiPiRKbNCWY

        緩急自在である…もしくは緩急自在を目指すことができる状態が「心の傷フリー=free」ですよね。
        Sting – If You Love Somebody Set Them Free
        https://youtu.be/LSGl3d4KOMk

        結んで、開いて…
        【♪うた】むすんで ひらいて – Musunde Hiraite日本の童謡・唱歌 / Japanese children’s Song
        https://youtu.be/i0MuFgQCk0g

        「もちょっと 主観的感性に直結する様な言葉を使って『心の傷』の説明が必要だと思うのです」か?…

        緩急自在である…もしくは緩急自在を目指すことができる状態が「心の傷フリー=free」です

        …という説明は、主観的感性に直結しませんか?

        「ドラゴンが 一番初めに見た日本の精神科医のブログ記事です
        https://ameblo.jp/kyupin/entry-10534213964.html

        自分の問題に向き合う一番初めにこれを見たので今は凄く遠回りした感じです」か、あの人は、妄想性障害者ですからね…ロンドン崇拝の…

        妄想性障害の周囲に信じさせる力

        https://www.google.co.jp/search?q=妄想性障害の周囲に信じさせる力+kmomoji1010

        短縮形

        https://bit.ly/2KzkK1U

        を発揮しています。これは、シモンどんの言う “Autojustification” ですよね。

        https://www.google.co.jp/search?q=Autojustification+kmomoji1010+シモンドン

        短縮形

        https://bit.ly/2tZAMYp

        https://ameblo.jp/kyupin/entry-10358681168.html
        「過去ログで、患者さんは主治医以上に良くならないという話が出てくる。これは患者さんにとっては笑えない話であり、

        それじゃ、治らないとおんなじだ・・」
        ドラゴン🐉さんが遠回りさせられた所以ですよね。

        申し訳ありませんが、私は、あまり文学的ではないので、オンライン文学者モモちゃんのブログをお奨めする次第です。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          「患者さんは主治医以上に良くならないという話が出てくる。これは患者さんにとっては笑えない話であり、それじゃ、治らないとおんなじだ・・」
          「一番初めにこれを見たので今は凄く遠回りした感じです」か、あの人は、妄想性障害者ですからね」( ´,_ゝ`)プッ御意!

          返信
  4. ドラゴン🐲

    翠雨先生&Franomaさん

    おはようございます😃

    「心の傷」の説明をあらゆる角度から説明して下さってありがとうございます

    “「もちょっと 主観的感性に直結する様な言葉を使って『心の傷』の説明が必要だと思うのです」か?…
    緩急自在である…もしくは緩急自在を目指すことができる状態が「心の傷フリー=free」です
    …という説明は、主観的感性に直結しませんか?”

    という質問に対してドラゴンの感じる事を書きます

    緩急自在になれる状態= トラウマフリー=w/o 心の傷 というのは 大人的Observer’s viewing だと感じるドラゴンです

    すみません Franomaさんのアイディアを否定するつもりではないのですー大人な人格のドラゴンさんにその定義を振ってみたら首を縦にブンブン振って納得は出来ると思いますーでも、子供人格のドラゴンちゃんにはその定義では説得出来ないと感じるのです

    CPTSD患者の多くのトラウマ経験はsubconscious level で幼少期に起こる事であって自覚が無く、でもその記憶は深い心の奥底に埋もれているーその状況は幼少期の感覚のままで保存されている訳だから、その感覚とマッチしたトラウマの定義がないとビンゴにはならないと思うのです

    ですから幼少期の感覚にビンゴ感覚を感じるようなトラウマ定義の説明が必要ではないか?と思うのですー他の言い方にすれば、子供にも解る様な「心の傷」の解釈ー子供の感覚にも反応する言葉での説明

    原因と結果を解析するにはその原因を引き起こしたトラウマが何であるかを知る必要があると思ったのですーFranomaさんが教えて下さったYoutubeのピア二ストは “everything has to be integratedーyou are not able to detect the different elements”と言ってますねーそして、翠雨先生も「トラウマをざっくりと大雑把に捕らえて治る事に興味がある」と以前仰っていらっしゃいましたー確かに「今現在のIntegration が次のIllusion を創りだす」というのは理解できますーですから トラウマをあえて弁別する必要性も無いのは理解出来ますーでも 今現在のIntegration に問題があるドラゴンの問題解決のために原因が何であるかを描写する際、原因のトラウマそのものが書けないという困難にぶち当たりましたー自分のトラウマが何なのかが解らなかったからですーで、トラウマの定義を探ってみたら「心の傷」…何それ….って感じ…で、Dr Sのブログでは「心の傷=トラウマ」としか説明されてないし、あたかも「心の傷=トラウマ」は万人が知ってて当然の様な扱い方がされてる(知らない奴は愚民か馬鹿レベルの人種になってて相手にはして貰えない印象)ーなので Winnipeg へ飛んだのです

    ドラゴンが味わった超長期の苦痛の根源は何が原因だったのかを知るためには もう少しビンゴ感覚の「心の傷」の定義があればなーって思ってる金曜日の朝でした

    返信
    1. ドラゴン🐲

      追加

      ネット相談の専門家も多分、「心の傷」が何なのかをキチンと解釈していないと思いますー知ってるふりしてDSMのdescription をコピペしてた記憶がありますートラウマ/PTSD否認社会なのは 単純に「心の傷」が何を意味しているのかが専門家にも一般市民にも理解されていないだけの事の様に感じるドラゴンです

      PTSD否認なのは 心の傷の定義の曖昧さが原因であると 思い込んで、今日はこれからお仕事しますw

      返信
        1. ドラゴン🐲

          ですよね
          カメレオン化もマスクを被るのもトラウマ患者の特性の一つですよね

          要は あのネット相談は CPTSDドクターとCPTSD患者の対話だったのですよねーキツネ🦊と狸の騙し合いー解ったフリした治療者と説得されたフリする患者との対話だったと….

          でも、フリしないで正直な患者さんは 頑固なわがままと評価されがちで……

          返信
          1. 翠雨 投稿作成者

            同調圧力のなかにフリの強要もありますね(;_;)/~~~

  5. ドラゴン🐲

    こんにちは😃

    日本の鉄道は原子爆弾が落とされても運行継続していたのに、イギリスの鉄道はたった気温28度で全ての運行が見合わせられてしまうのは何故でしょう?と、思いながらイングランドがベスト4に進んでる事が面白くないドラゴン一家です

    PTSD/トラウマ/心の傷の事でこちらの記事に戻ってきました

    PTSD否認という事がずっと気になっていますが、本日Dr Sがお書きのブログ記事について、もし回答可能であるのであれば教えていただきたいです

    例えばこの記事
    https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12389400529.html

    「次々に事件を起こす「加害者型PTSD(解離性同一性障害)」はPTSD否認日本愚民国民の同じコインの裏表なのです。」

    この「PTSD否認日本愚民国民」のPTSDは “Post Traumatic Stress Disorder” という疾患名を指しているのか、それとも“Traumatic factors”を指しているのかどちらなのでしょう?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      鉄道を比べてみるのもおもしろいですね。
      電線を地下に潜らせているのはいいなと思いますが、トンネルの形大きさに合わせて天井が丸く天井が低い地下鉄とか、遅延の掲示板が「秒」までとはなかなかきっちりしているなと思えば、遅延電車が先に到着した電車の後ろに着くとか、さすがハリーポッターの国だなぁと感じます。同じ日本も原爆の頃とは事後処理事情が相当変わったというのがわかります。
      未来型ドイツ製の新幹線は、台風とか弾道ミサイルくらい跳ね飛ばしながら走ったりして?

      どの程度ならPTSDかという問題で(これまた明確な線引は不可能)でしょうが、重症PTSDとプチPTSDあるいはPTSD予備軍くらいの意味で言われているのではないかと推測します。

      返信
      1. あ*=franoma

        PTSD否認日本愚民国民 – Google 検索
        https://bit.ly/2zjRgjj
        …とネット検索をしてみますと、人類史は既に「PTSDの世紀」に突入しているということに気づいていない状態を「PTSD否認」と呼んでいるようです。すなわち、「既にPTSDの世紀に突入しているということに気づいていない」=古い概念をそのまま使ってしまうので、結果的に他者の観察主体を無視(=人格無視)をやらかしつつ口先では「寄り添う」(=“I am with you”)とか言っている「なんちゃってラポール」の「専門家」です。

        「PTSDの世紀」とは、精神機能の障害が観察された場合、(それが些細か否かに無関係に)全部がPTSD症状のバリエーションであると断言できる時代に人類史が突入したということです。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          ありがとうございます。
          明確な意思表示をされているのですねφ(..)メモメモ

          返信
          1. ドラゴン🐲

            「PTSDの世紀」のPTSDはCPTSDの事を指すのでしょうか?

      2. ドラゴン🐲

        未来型ドイツ製新幹線は 弾道ミサイルを跳ね飛ばしながら走るくらい硬くて重くて頑丈なのかもしれないけど、頑丈過ぎて飛び込み自殺にも気がつかないで走り続けるかもしれない….

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          運転士の罪悪感PTSDは激減しますが、『モモ』(時間泥棒のお話)を超えてSFチックです(;_;)/~~~
          スクールカウンセラーなんかの目指している方向は、そういう路線のような気がします。

          返信
          1. あ*=franoma

            スクールカウンセラー‼︎

            『PTSD現象学を進めましょう。』
            | あ~どうしたものか
            https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12389549447.html
            観察主体を手放させようとする他者から身を守ることが大事です。

            ヒトの観察主体は胎児期に立ち上がっているものですが、
            その観察主体を手放させようとする他者は、
            ⒈ 妊娠中の胎盤&臍の緒で繋がっている母親かも知れない。
            ⒉ 出産時に上手く介入できなかった産科医や助産師かも知れない。
            ⒊ 授乳する母親かも知れない。
            ⒋ 保育士や幼稚園教諭、保健師かも知れない。
            ⒌ 発達障害論で障害の固定を進める専門家かも知れない。
            ⒍ スクールカウンセラーかも知れない。
            …書ききれないので終わります。

            自尊感情とか卑屈さとか無関係に、
            ともかく観察主体さえ手放さないようにすれば、当人なりに発達して、当人なりの人生を組み立てることができるようになります。

            患者を射殺する特権を精神科医に付与する必要を感じる事態も発生しないでしょう。
            …と書いたところです。

          2. 翠雨 投稿作成者

            1-5について考慮せず、加担するのがスクールカウンセラーということですね。

        2. あ*=franoma

          傍から失礼します。

          「頑丈過ぎて飛び込み自殺にも気がつかないで走り続ける」ようなら、飛び込み自殺は発生しなくなってゆくのではないか?…と思います。空港でタクシー中のジャンボジェットやエアバスに飛び込む人がいないのと同じことですから。

          電車がそこまで頑丈になったら、車内で騒ぐタイプの自殺や他害に移行して、列車を止めようとするのではないでしょうか。

          返信
  6. あ*=franoma

    http://ptsd.red/2018/07/04/ptsdの不思議「無我なのにトラウマとはこれ如何に/#comment-16179
    コメント
    https://bit.ly/2N0zdAG
    へのコメレスです。

    ⒈ 「解離はトラウマの影」であり、
    ⒉ 「解離言動-acting out」を作為体験としてやらかしてしまう状態=精神機能の障害=精神疾患と言える。
    ⒊ 「解離言動-acting out」を作為体験としてやらかした状態を自己究明によって自覚、反省して自ら止めることができるのであれば、当人にとって唯一無二の歴史的身体を粗末にすることはなくなる=PTSD克服の道を進み、やがて昇華する日が来る。
    …ということですから、
    例えば映画監督の多重人格性は、芸術運動を進める当人の人生において自然治癒プロセスのなかで経過する一状態ですね。
     末田耕一医師の観察では…
    (イ)SSRIによって人工的に交代人格が出現して、主人格が担い切れない過酷な外傷記憶を担うことがある。(←「主人格が担い切れない過酷な外傷記憶」は当人の無意識に埋め込まれているから「トラウマ化」=病原化している心的外傷で、放置すると⒈&⒉で、当人または当人が接する他者のかけがえのない歴史的身体や心に取り返しのつかないダメージを与えてしまう危険性がある。実際、攻撃的な交代人格が発生して無差別大量殺人をやってしまったのが植松聖さんの津久井やまゆり園事件)
    (ロ)病原化した心的外傷を、精神療法の過程で発生した交代人格が一時的に担い、その交代人格が行動化することのないように末田医師が傾聴して、役割を終えた交代人格は消えていく(=成仏する)…
    という2ステップになっているのです。
     要するに、植松聖さんの主治医は(北里大学のどちらかさまだそうですけど)末田医師のサル真似をしてSSRIか何かを処方して人工的に交代人格を発生させて、その交代人格が「辛いからと主人格が否認している(=無意識に押し込んできた)心的外傷」を担い、納得診療どまりでラポールはなかったから行動化して終わり…という経過を辿ったと考えられます。
     吉田友子医師や内山登紀夫医師らが臨床精神医療を進めていらした「よこはま発達クリニック」で、夫婦そろって「アスペルガー症候群」という「誤診」をやられ、ご主人Yさんは内山登紀夫医師からパキシル少量を処方されて動けるようになったあと「大人のアスペルガー症候群」広告塔として活動するなかで(初めは真っ当な主張をしていたのに)徐々に変に攻撃的になって、ニキリンコ偽物説を出して花風社の社長を脅すようになり、訴えられて敗訴しました。この「徐々に変に攻撃的になって…」という経緯が内容証明付きで手紙を送り付けて「ニキリンコを広告塔にして花風社がデタラメを流布した所為で多くの真の “アスペルガー症候群” 患者が不幸になってしまうから訴えてやる!」という趣旨の動きで、idthatid さまがなさってきたことは、あのYさんの言動と酷似しています。両者の違いは、前者 idthatid さまは大学仕込みのストーカーゆえ「スーパーバイザー」に守られている一方(←「大学は、人民制圧のツール」)、後者は、しがない図面引き&失業中であった上に、内山登紀夫医師は、Yさんにパキシル少量を長期間、処方して “acting out” させてしまったことを否認した状態(=「PTSD否認」状態)で、Yさんから抗議された際に警察に通報して済ませたらしいことです。
    https://bit.ly/2ueGN2Q

    「Yさんから抗議されて警察に通報して済ませた」という噂が本当なら、「妄想性障害の周囲に信じさせる力」を発揮して「夫婦そろってアスペということで納得診療」を達成したものの、やはり、誤診だからラポールが形成されなかった…ということでしょう。

    ラポールが形成されていなかっただけの話で、先日、アベ友の一人である山崎学医師が「患者を射殺する特権を精神科医に付与して欲しい」という趣旨のことをお書きになったのと同じですね。
    “患者を射殺する特権” – Google 検索
    https://bit.ly/2lZWmaW

    ニキリンコさんは、偽物というか?初めから誤訳とデタラメ当事者本で「ギョーカイ」の広告塔になるように「アスペ」なる「アイデンティティでっち上げ」に乗せられて生きてきた(?)というか踊らされてきた人物=解離人格ですよね。酷い話です。
     ニキリンコさん誤訳の件は、
    拙ブログ記事
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12373284573.html
    に記録してあります。また、ニキリンコさんの「俺ルール」はPTSD症状であり、彼女の「当事者本」で研究できるのはPTSDです。

    型落ちiPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ご説明ありがとうございますφ(..)メモメモ
      心理学を無視した安易な投薬を行い、おそらくは今でも無反省なのでしょうね。
      狂った「ギョーカイ」です。

      返信
  7. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    トラウマをマニアックなコンセプトとして把握している専門家もいるのですねーそっちの方が多いのでしょうねー栄養素を重視してる専門家でさえトラウマをマニアックと捉えてるのですからトラウマ=オバケなのでしょうね

    ドラゴンは自分の経験から栄養素も自分の体調には重要な要素として考えてるのですが、それだけでは問題の解決には繋がらないと感じていますー栄養素だけではトラウマ反応はコントロール出来ないですからー体調を整えるには役にはたちますけど

    10代の頃から貧血が酷く、倒れる事しばしば….Fe補給をすれば 異常な疲労感を感じなくなって多少頑張れる感覚は出て来るのは認識してます

    今のドラゴンには セラピストの影響もあるのか、トラウマは人の思考行動には当たり前のコンセプトとして存在してるので栄養素だけにフォーカスしてリカバリを目指すのは?????です

    返信
    1. ドラゴン🐲

      すみません 自分の脳内がオーソモレキュラーのセラピストのブログ内容に浸ってましたので、なんかピントの外れたコメントになっちゃいました…

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        生活習慣病等を薬ではなく食べ物で治すのは正しい流れへの回帰だと思います。
        PTSDを食べ物で治すなら、引き算の断食でしょう。

        返信
        1. ドラゴン🐲

          ファスティングは全てをリセットするのに一番の手段に使っていますーでも 貧血だけはサプリを使う以外手段がない….トラック数台分のほうれん草は食べられないし…..

          返信
          1. 翠雨 投稿作成者

            生野菜が秘訣のようですよ。
            (ほうれん草のシュウ酸には要注意ですが)
            牛もベジタリアンだとたくましくなりますが、肉骨粉等で狂います。

  8. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    で、翠雨先生の心の傷/トラウマの定義は?

    返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          そうなんです。
          座禅すれば、魔として浮き上がってくるそうです。
          心理療法でも同じで、それはジブリ版『思い出のマーニー』に明らかです。
          そして、治癒した時、いわゆる「中核トラウマ」が何だったのか、本人を含めて誰の目にも明らかになります。
          それまでは、言葉であれこれ言っても虚しいところがあります。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            ドラゴンの様なSubtle タイプの中核トラウマは治療開始時から観えてくるものではないのですねー「確実に中核トラウマはこれだ!」と言えるのはある程度のトラウマディールをしてから判る事なのですねー少し安心♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です