月別アーカイブ: 2018年8月

吹田の通り魔事件で中2男子生徒逮捕「イライラして」PTSD解離殺人未遂

大阪府吹田市で

7月

新聞配達中の女性(40)が刺された事件で

府内の中学2年の男子生徒(14)が

逮捕されました。

 

容疑を認め

ナイフは自宅にあったもので

女性はたまたま通りかかっただけ

「イライラしており、誰でもよかった」と

話しているそうです。

 

「金太郎飴」の画像検索結果

 

判で押したようなセリフは

解離人格特有のものですね。

無意識に支配されているので

流行に敏感

「伝染るんです」の画像検索結果

 

発達障害と誤診され

「発達障害心理療...」の画像検索結果

投薬されていると

タガが外れやすくなることも

さらに解離しやすくなる。

「アクチベーショ...」の画像検索結果

知られています。

 

 

「心理臨床学会大...」の画像検索結果

偽の発達障害と薬漬けの流行を支持してきた。

付近でもうすぐ学会があるし

 

「公認心理師」の画像検索結果

臨床心理士からバトンタッチして

誤診と薬漬けに拍車がかかる。

こんな資格も動きだす時期だから

 

続報がないのかな。

 

 

心理学の諸学会も

昔はこういう視座だったのですがね。

「パタリロ音頭」の画像検索結果「パタリロ音頭」の画像検索結果

「パタリロ音頭」の画像検索結果

JR佐世保線の踏切で中2男子がPTSD解離自殺

 

19日

午後8時半ごろ

佐賀県武雄市の

JR佐世保線永尾-三間坂間の遮断機のある踏切で

市立中学2年生の男子生徒(14)が

特急にはねられ

死亡しました。

 

運転士は

「踏切内に進入してきた人とぶつかった」と話していて

 

生徒の母親によると

踏切近くの自宅の窓に

石が当たるような音がしたので踏切に行くと

生徒が倒れていたそうです。

 

自死遺族の会の研究によれば

他にはどこもやろうとしない貴重なデータ

「自死遺族の会」の画像検索結果

 

自宅マンションからの飛び降りによる

自殺者72名が

「全員」精神科の診療を受けていたそうです。

 

高層マンションがないところでは

このようなかたちをとるのではないでしょうか。

 

虐待PTSDの標準治療は

トラウマを薬で消すという

非科学的な

薄利多売

悪質エコノミーコース

「なかいきあかち...」の画像検索結果

こんな感じらしいので

 

臨床心理士から公認心理師になれば

「公認心理師」の画像検索結果

 

こんな現状に拍車がかかることは

火を見るより明らかなので

子どもたちは絶望しているのです。

 

 

『 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』漏れ鍋の亭主 交通事故でPTSD発症リスク

コメディアンで

ミュージシャンの

ジム・タバレ(54)氏は

 

「漏れ鍋」の画像検索結果「漏れ鍋の亭主」の画像検索結果

魔法界につながるパブ

確かに

飲みすぎると魔界が開きます💡

「ハリー・ポッタ...」の画像検索結果

 

正面衝突事故に遭い

日本では

逆走事故が増加で問題に

「逆走」の画像検索結果

 

高齢者は

人生を振り返るうちに

「漏れ鍋」の画像検索結果

漏れ鍋に迷い込むのかも

肋骨15本や

胸骨、首の骨を折り

肺がつぶれるなどの大けがを負ったそうです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

これは

PTSD発症リスクになりますね。

 

女性非常勤講師にPTSDを発症させた佛教大教授はパワハラで懲戒処分

佛教大学

(京都市北区)は

非常勤講師の女性に対するパワーハラスメントがあったとして

文学部の

50代の男性教授を戒告の懲戒処分にしました。

 

男性教授は

仕事でのトラブルを理由に

女性の性格や知性などを否定する内容のメールを

何度も送信し

「自身の言動に誤解される点があったかもしれない。

反省している」と話していますが

女性講師は

精神の不調を訴え

「PTSD予防」の画像検索結果

パワハラが原因ですから

うつ病ではなくPTSDです。

病院への通院歴もあるそうです。

「日大会見」の画像検索結果

組織を窮地に追い込むような

組織的隠蔽に走らず

講師を守ったのは賢明でした。

 

クラブ活動に忙しい文科省からは指導がないと思いますが

「銀座クラブ」の画像検索結果「文科省クラブ活...」の画像検索結果

 

佛教大の文学部ですから

 

「かぐやひめPTSD」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

 

PTSD予防(こころのケア)教育もしやすいでしょう。

「かぐや姫PTSD」の画像検索結果

 

相馬市の高齢夫妻が逆走し正面衝突で5人死傷のPTSD解離性自殺行為

昨日

午後11時25分ごろ

山形県上山市の国道13号下り車線を

逆走してきた軽乗用車が

前から来た会社員(30)の軽乗用車に正面衝突

 

この事故で

逆走してきた軽乗用車が大破し

福島県南相馬市の男性(84)と妻(82)が死亡

衝突された会社員は首を捻挫

助手席の妻(29)はあばら骨や背骨を折り重傷

後部座席にいた長男(4)も打撲しました。

 

「高速道路逆走」の画像検索結果

逆走事故が増加中だという情報も

 

「高速道路逆走」の画像検索結果「高速逆走増加」の画像検索結果

こういうのも目に入らないのに

実際は入っているのでしょう。

 

似た行動をするという

解離行動の不思議です。

 

「解離行動」の画像検索結果「伝染る」の画像検索結果

 

人身事故に遭遇するのも恐怖ですが

「人身事故」の画像検索結果

 

逆走に巻き込まれる可能性があるとは恐ろしいですね。

 

福島駅近くに

防護服を着た子どもの像が立ち

問題になっているそうですが

 

せっかく注目されているのだから

善悪に終始せず

 

PTSD予防教育の素材にすればよいのにと思います。

PTSDの精神科エコノミークラス治療の実際「不適切な身体拘束」でまた男性死亡

石川県内の

精神科病院に入院し

統合失調症と診断されていた

長男(当時40)が

肺血栓塞栓症

(エコノミークラス症候群)で

死亡したのは

不適切な身体拘束が原因として

こうした訴訟が相次いでいる。

両親が

病院を経営する法人に

約8600万円の損害賠償を求める

裁判を

金沢地裁に起こす予定だそうです。

 

エコノミー症候群とのことですが

 

「エコノミークラ...」の画像検索結果「エコノミークラ...」の画像検索結果

散歩したりできますよね。

手足と胴体を拘束され

トイレに行くときや

食事のときだけ

腕の拘束のみ

拘束を解かれるとは

 

「養鶏所」の画像検索結果

養鶏所よりヒドイです。

抗生物質だらけ

医学は進化しているはずなのに

「精神病院鎖から...」の画像検索結果

時代は逆行してますね。

 

公認心理師が跋扈するようになれば

医師の指示に従わねば

公認心理師法違反

「公認心理師」の画像検索結果

 

こういうのが標準治療として徹底されるのでしょう。

提訴されなきゃわからない。

死亡退院が多すぎとの指摘はなされている。

「標準治療」の画像検索結果

 

PTSDを薬でコントロールしようとするような

非科学的な

薄利多売の時代

「ユニクロ」の画像検索結果

エコノミークラス治療は危険なのです。

 

「鳥あたま」の画像検索結果

3歩歩いたら記憶が消える💦

いのちとひきかえなのに

エコノミーですか?

 

『この世界の片隅に』PTSD予防とシャーマニズム

ヒロインは

ぼうっとした風貌なので

婚家に慣れてきて

ようやく

本当はしっかりしていることが認められるようになりますが

内向的な人の特徴

「この世界の片隅...」の画像検索結果

 

家族全員が風邪で寝込んでも

ひとりだけ元気でしたので

免疫力が強いのか

超内向的だからか

(外向は流行に敏感)

 

みなの看病をします。

すると

いつも偉そうにしている人たちも

「鈴さま~❤」「鈴さま~」と神さまのように呼び

「みなさんは

いつも風邪をひいておられると

いいかもしれませんね」と鈴

「ざぼんが食べたい」と無理を言います。

 

「ざぼん」の画像検索結果

季節でもないのに

闇市へ買いに行く。

ざぼん=くすりのようだった。

空っぽだと馬鹿にされますが

無我なので

いろんなものが入ってきやすく

神さまイメージも投影されやすいのでしょう。

どうもこの家の神さまは

甘えても許される「母親」イメージ

 

 

「から瓶」の画像検索結果

 

そう言えば

お兄さんのお葬式をしたあと

座布団を積み上げた上にお骨を置いて

「お骨」の画像検索結果

 

お兄さんは本当に戦死したのだろうかということについて

議論していると

お骨が落下して

小さな石が1つ飛び出しましたが

 

「こっくりさん」の画像検索結果「こっくりさん」の画像検索結果

家族的無意識を確かめるこっくりさんみたいな感じで

ヒロインが巫女

率先して飛び出したのが

ぼうっとしていると思われているヒロインでした。

 

おばあさんが

こんな冴えない石では

とうてい認められないから

もっといいのを探そうと言っている様子は

箱庭で石を置くときの感覚と同じだと思いました。

納得できるものを

納得できるトキに

納得できる場所に置く。

水兵さんにもらった

外国のお土産の羽で

 

「この世界の片隅...」の画像検索結果

水兵さんが南方で見た鳥について

絵を描きながら

「こんなだった」等と感覚を共有する才能も

すべて言葉では伝わらない感覚的な話

なかなかです。

 

いろいろと大変な試練を超えていくなかで

ヒーラーみたいな能力が開発されているのかもしれません。

 

「シャーマニズム」の画像検索結果「シャーマニズム」の画像検索結果

ところかわればシャーマン(呪医)もいろいろ

京王井の頭線でPTSD解離自殺

16:54頃

富士見ケ丘~久我山駅間で

発生した

人身事故の影響で

富士見ケ丘~吉祥寺駅間の運転を見合わせています。

 

 

DVやいじめ・パワハラに遭遇した時

こころに橋をかけ

ラポールの形成

こころのケア(PTSD予防)をする人が増えると

人身事故は減るんですよ。

 

PTSD否認を浮かび上がらせるフクシマで防護服の子ども像の象徴性

今月

JR福島駅近くに設置された

防護服姿の子どもの立像について

現代美術家ヤノベケンジさん作

サン・チャイルド

原発事故からの復興と再生への思いを込めた作品

 

「防護服がなければ生活できないとのイメージを与える」

風評被害を招きかねない」といった声が

Twitterなどで広まり

制作者が謝罪文を発表する事態に発展

 

市は

像の近くでアンケート調査を行い

対応を検討する方針だそうです。

 

市長の

「空を見上げ立ち上がる姿に

力強さと希望を感じる。

風評への影響は限定的だ」とのコメントもなんだかですが

 

見る人の感情をそのまま映し出すのは

そこに象徴性があるからでしょう。

解決すべき大問題があるということ

しかし

未だに「風評被害」なんて言っている時点で

世界基準からズレてますね。