JTに行動療法を迫られるニコチン依存症

いつの頃からか

身体によくないと明記されるようになりました💯点

このたばこは

9月までは400円でしたが

10月からの増税で430円になり

11月上旬には410円になりますが

本数が 20本から19本に減らされるそうです。

 

「手にとってもらいやすく」するために

苦心しているようですが

喫煙者にとっては

「タバコ身体依存...」の画像検索結果

身体依存性が高くてやめられない。

「系統的脱感作」の画像検索結果「認知行動療法タ...」の画像検索結果

系統的脱感作法にもってゆけるかもしれない

高いから損だという意識との相乗効果で

少しずつ減らしてゆければ…🙏

チャンスですね。

 

向精神薬も

毒物だと明記して

自傷他害リスクが高まりますよとか書いて

「向精神薬」の画像検索結果

じわじわと減薬するように工夫すればいいのに。

 

JTに行動療法を迫られるニコチン依存症」への12件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    依存症に行動療法は効かないということで、こちらに書きます。

    Tom Arnold さんがTwitterでお書きでした: “Alcoholism stunts your emotional growth so if you start drinking alcoholically as a teenager you stay a teenager emotionally until you deal with it. Explains a lot about Brett Kavanaugh. From his combative behavior yesterday to his unusual bond with teenage girls basketball teams.”
    付いたコメントの1つ:
    So is this your excuse?
    それへのお返事:
    Tom Arnold: I’m an alcoholic what’s YOUR excuse?

    「言い訳すれば心が咎める」
    “Qui s’excuse, s’accuse”
    ということだと思いました。

    「ハッピードラッグ路線」をアルコールでやろうと、オキシトシンや大麻でやろうと、ADHD処方薬でやろうと…同じことです。PTSD現象に巻き込まれて、PTSD予防やPTSD克服をすべき状況にあるヒトが「ハッピードラッグ路線」を受け入れさせられた場合、
    ①当人の観察主体が無視され、特にお子さまの場合には、その成長が阻害されてADHD詐欺を仕掛けた「専門家」&腰巾着さまたちがラベリングしたとおりの「障害」固定を実現できます。「彼ら」の高笑いが聞こえますね。
    https://bit.ly/2EBZelA
    ②セルフネグレクト強要を受容させられた人は、PTSD発症リスクを負わされた被害者です。これは「被害妄想」ではありません。
    https://bit.ly/menuForJap
    ③晋精会=アベ友さんの巣窟を解散し、公認心理師法システムの構築&運用に集結しつつある人々を「専門家」と思ってはならない…ということです。何しろ、大学仕込みでありながら「普通に話し合い」ができないくらい “the principle of charity” を外しており、結果として公認心理師法システムの構築&運用に参加するメンバーに自我肥大を起こしてしまうから、仏教をアップデートしたり、突撃SS隊員スクールカウンセラー兼サイバーストーカーになったりして、思想弾圧に勤しむ加害者型PTSDを輩出してしまいますので怖ろしいことです。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「ハッピードラッグ路線」の応用であり、同じことですね。
      どれが基本かもまたどうでもいいことですが、悪徳専門家たちを高笑いさせることに貢献するのは残念なことです。
      孔雀のように毒虫を駆逐しなければなりません。

      返信
  2. ドラゴン🐲

    こんばんは
    イギリスもこの戦略で数年前にタバコの価格をつり上げましたー異常ですー確か20本入りのマルボロゴールドが£10.60(1,450円)だったと思います
    そして、最近は砂糖税も導入開始されてコカコーラが値上がりし、マクドナルドのセットメニューでコカコーラを注文するとエクストラチャージ請求されますーファンタオレンジはそのままなのは何故?ーペットボトルのコカコーラは容量が少なくなった上に値上がりしてます

    イギリスのタバコの箱には「喫煙はあなたを殺す」と書いてありますーJTは遠慮してますね

    それでもAddictさん達は あらゆる言い訳/否認をしながらcontortion/performing artを続けていくみたいですね

    サイバーストーカーさん達も見事なパフォーマンス アートを繰り広げているご様子です

    日本で誰にもトラウマディールして貰えないのかな?
    でも、翠雨先生を悩ませていたストーカーさんは心理職なのだからご自分のトラウマディールは得意分野なのではないのでしょーか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      砂糖の害が言われるようになったと思えば、早いですね。
      「喫煙はあなたを殺す」とは\(◎o◎)/!
      あのストーカーは心理職ということになってますが、駅弁祭りさんにあのようなことをするような人ですから、心理療法をする知識も倫理観もないんです。
      ありえないことですが、何でもありの今の日本では、そういうことがあるんです(;_;)/~~~

      返信
      1. ドラゴン🐲

        そうなんです
        NHSは予防がプライオリティなのでデブにならない戦略ー街のGPの待合室には缶コーラ🥫に入ってる同等量の角砂糖が掲示板に貼り付けてられて患者達を脅していますーでも、効果はあんまりない様子….ヨーロッパデブは半端ないし、その数が多い
        数ポンドの砂糖税がかけられたとしても、デブの認知構造に変化は生まれないですよねー姑息な喫煙者と同様にカブト虫っぽく甘いモノに吸い付いていることでしょう

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          依存性が高いということですね。

          数年前には、糖分を摂取しないと脳が働かないと盛んに喧伝されていたように思いますが、今は探すのが難しいくらい否定されています。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            UK の デブは糖を摂取し過ぎて脳が働かない人が多いかも……

          2. あ*=franoma

            「患者達を脅していますーでも、効果はあんまりない様子」ですか、
            摂食障害に対する不適切な対応 http://bit.ly/3ApproachesInVain
            と同じことかと思います。
             「過去を忘れて前向きに」、
            痛みを与えても←(1)のアプローチ、
            報酬を与えても←(2)のアプローチ、
            薬物を与えても←(3)のアプローチ(=依存対象を置き換えるアプローチ)、
            いずれもダメだということですね。

            外傷体験に対処する心理療法だけが根本的な治癒を目指す道ということです。

            http://ptsd.red/2017/02/05/ptsd%e5%9e%8b%e8%82%a5%e6%ba%80%e3%81%af-%e8%b2%ac%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%aa%e5%8d%b1%e9%99%ba%e2%9a%a0/#comment-12776
            にコメントしたことです。

  3. ドラゴン🐲

    「外傷体験に対処する心理療法だけが根本的な治癒を目指す道ということです。」

    おっしゃる通りでございます

    でも、実際は外傷体験とは何かという事もキチンと理解把握されていない現実があるので、心理療法を開始するまでに到らない患者さん達が苦しんでいるのですよね

    先日、とある人を通じて知り合った日本人女性の精神科医さんもトラウマ否認の方でした(英国では仕事はしていないご様子)ーしかも、まだ小さいご子息に発達障害の薬を飲ませているのですーなんか日本の問題をソックリ英国に持って来てしまった状況の様で…お気の毒って感じてしまったドラゴン🐲でしたートラウマに気がつくか否かは何に由来するのでしょうねぇ?

    返信
    1. あ*=franoma

      《「既視感がある」のは、
      「トラウマの再演だ」と
      無意識が気づいたサイン》というのは《現象学》上の知見です。
      ということを
      https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12409456935.html
      に書きました。文系人がいう《現象学》はヒトが出てくる現象学であり、ヒトが出てこない現象学は《宇宙現象学》です。
       さて、その「ヒト」が上述したような《現象学》上の知見を得るわけですが、そうした知見を得るには、
      ①観察主体を手放さない。
      ②人類の福祉のために学問を進める。
      =如何なる問題が起きようと人道的に対処しようと努めつつ「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」
      ③人類史、人類社会レベルでPTSD現象学を進める。
      この3つがポイントではないか?…と思います。

      アベ政治の「置き土産」である「無法」を受け取ってしまうのは、
      https://bit.ly/mumAbused-PTSD
      に出てくる「(権力の)悪を自分の内部に取り込む」行為です。
      https://ameblo.jp/aya-quae/image-12404811751-14266931951.html
      未治療PTSDの特徴ですね。

      未治療PTSDゆえに「バカの壁」(©︎養老孟司)にぶち当たっているのです、@emiemi14 さまも…orz
      『病的な自我肥大が観察される公認心理師』
      | あ~どうしたものか
      https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12406314038.html

      『東洋人の身体知を人類のために活かそう。』
      | あ~どうしたものか
      https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12409245149.html
      「バカの壁」(©︎養老孟司)問題に関連して、ツイッター上ではありますけど、
      @itokenstein さんと @kenmogi さんに “somatic intelligence” について本を企画するようにお願いしておきました。
      …と書いておきました。東洋人の身体知を人類の福祉に活かせば、イワン・レンドルさんが隠し鍼で再度、活躍できたりするばかりではなく、豊田亨さんも麻原彰晃さんに騙されず、トホホなヒトも “gutsy” ≒「アファーマティブ」≒「不退転の覚悟」で
      “struggle for existence” ≒「人生の調整局面において上手に《もがく》」ことができるのです。

      このような説明で伝わるかどうか心許ないところですけど、取り敢えず書いてみました。ただのお目汚しでなければ幸いです。

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        ありがとうございます。

        危険な人たちのワナに絡め取られないために重要な視点です。
        本当に常識はずれで、油断もすきもないのですから。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です