2カ月の長男への暴行で逮捕されたカメラマンの存在が映し出す福島原発PTSD

昨年11月13日夜

自宅で

生後2ヶ月の長男の頭部に

何らかの暴行を加え

急性硬膜下血腫などのけがをさせた

脳や四肢に障害が残る見込み

傷害容疑で

カメラマン(54)が

逮捕されました。

 

病院には

「のどに物を詰まらせ

背中をたたいた」などと説明しましたが

状況が不自然であり

「揺さぶられ症候群」について

インターネットで調べた履歴が見つかりました。

 

逮捕後

「事実は全く違う」とだけ話し黙秘しているようですが

 

この金太郎飴のように型にはまった

「金太郎飴」の画像検索結果「金太郎飴」の画像検索結果

逮捕直後の容疑者の

【否認】という言動を理解する鍵は

人格の解離や多重人格性にありそうです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

「何らかのショック」を受け

解離して犯罪を犯すわけですが

犯罪を犯したことにも

気が動転し

自分でも状況が把握できなくなります。

 

そして

犯罪の原因となる「何らかのショック」ですが

 

モンゴルでの遊牧生活や

アラスカ先住民の村での暮らしから撮影をするうちに

日本の原風景などをテーマに活動するようになったカメラマンで

山や森の残された原初の信仰

縄文文化や祭祀を撮影・取材

「カミとは何か」の画像検索結果

日本人の「カミ」なるもの

近著は

『The Myth – 神話の風景から – 』

「The Myth - 神...」の画像検索結果

「写真を撮るという行為は

ぼくにとって神話を物語ることと同じことなのかもしれない」

とはあらゆる瞬間にを内包しているものである」

「陰陽」の画像検索結果「かぐや姫赤ちゃ...」の画像検索結果

この子がかぐや姫になるとは…

福島県の被災地の記録撮影もしていたという

活動にありそうです。

 

本日東電公判での被告人質問で

元副社長(68)が謝罪したように

あまりに酷い被災地の惨状に

豊かな感性をもった芸術家のこころが壊滅的に傷つき

求めた神話と我が子が重なったときに

解離してしまったのではないかと

推測されるのです。

 

被災地のPTSD予防(こころのケア)において

重要な哲学は「神話」

そして

日本の神話は古事記ですが

それはカメラマンが映し出そうとした大自然そのものの具現化ですから。

 

「PTSD予防 古事...」の画像検索結果

拘置所に差し入れたい。

2カ月の長男への暴行で逮捕されたカメラマンの存在が映し出す福島原発PTSD」への4件のフィードバック

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    子供の頃や具合が悪い時って
    自分が神話の中の登場人物になってる事に気がついてない
    でも、ある程度大人になって、ある程度トラウマヒーリングが進むと神話そのもののストーリー見えてくる
    トラウマケア無しではストーリーが見えて来る前に numb(dissociative) 状態になってしまう人が居る事をなかいきあかちゃんのカウンセラーは知ってるはずですー心理職なのだから
    どうして、あのカウンセラーは罪に問われないのか不思議に感じてるドラゴン🐲です

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      無能とかそういうレベルじゃなくて、犯罪級の悪徳カウンセラーですよね。
      どういう神話を生きているのか?結末は?とても興味があります((o(´∀`)o))

      返信
      1. ドラゴン🐲

        そっか、あのカウンセラーさんが解離状態だった可能性もあるわけですね

        そして、きあかちゃんの残したメッセージと線路🛤に行って帰って来なくなった事が 新たなトラウマになって更に自らドラマティックなストーリー展開をされているのかもしれませんね← 心理職だからそれはないと思うけど….でも、もしそうだとしたらDr レクター級のワルですね

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          イマドキの心理士だから充分あり得ると思いますよ。
          ワル集団ですから。

          きあかちゃんを線路に丸投げした専門家についてご存知の方は、コメント&メッセージ下さい_(_^_)_

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です