『大恋愛〜僕を忘れる君と』PTSD解離遁走(記憶喪失を伴う家出)のその後

ヒロインも

妬みからヒロインの家庭を壊そうとするストーカーも

全くの認知症状態に進行したあと

ストーカーは子どものように退行

車椅子で食事も介護されている。

主治医は

研究していた新薬が

厚労省から認められ

認知症が不治の病でなくなるので

ノーベル賞ものと絶賛される。

時の人となります。

現実的には

研究は

被検者が集まらず

不正まで発覚して頓挫

認知症にクスリは効かないし

攻撃的になる場合もあると言われている。

しかし

婚活でパロディのように「遺伝子」にこだわっていた主治医は

元カノであるヒロインの母親と結婚

ショックに打ちひしがれている人と

疑似恋愛関係になる癖がある。

「精神科医逮捕」の画像検索結果「精神科医逮捕」の画像検索結果

警察がなかなか動かないので

片方は詐欺での立件がようやくできた。

ヒロインの遺伝子を受け継いだ義理の孫は

認知症になる遺伝子は受け継ぎようがないが

PTSDの負の連鎖に巻き込まれる。

泣くことも許されず

泣くとパパが消えると教えられている。

(確かに一時的に消えるが💦)

「PTSD予防」の画像検索結果

スサノヲはしっかり泣いたから

負の連鎖から離脱できた。

正義の味方のように母親を守る役割を与えられます。

「任務だ。できるか」「ハイ!」

スイッチが入る。

母親に置き去りにされるようになり

家出されてしまっても

小説家の父親のファンタジーにチャンネルをあわせるようにして

悪い宇宙人に誘拐されているという設定

魔法にかかっていて家族が認識できないから

「お母さん」と呼ばないようにと言い聞かされる。

健気に振る舞います。

最後に流れた

思春期を迎えた頃の様子を伝える映像が

その1つの結果でしょう。

ヒロインの家出についても

認知症患者が道に迷うのとは違い

意思をもって家出したことがわかります。

ショックを受けて蒸発する人に近い。

認知症の宣告に対するPTSD予防がない。

「PTSD予防」の画像検索結果

受け留めきれないから

ねこ🐾のように消えたかった。

記憶喪失になっても

一緒に食べた「アップルパイ」や

よく話題にした「煙突」には

象徴的に反応して

一瞬こちらの世界に戻りそうになりますが

 

最後は肺炎であっけなく亡くなりました。

 

 

こころの二枚目が問われると覚悟した作家の夫ですが

二枚目であったか

これは大恋愛なのか

そこは疑問です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です